■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    雑誌2冊で癒される
    ヒトコトに31歳って言ってもいろいろです。

    昨日のブログで書いたシューベルトは亡くなった年齢が31

    ヤンキース松井秀喜は年10数億円の収入を得るメジャーリーガーの31歳

    そして、広島で女児殺人を犯したペルー人も31歳

    ま、自分と同い年でもずいぶんいろんな人生だな、と思ってしまう。

    自分はこれらの人々と比べちゃえば、良くも悪くも(殺人犯よりはどう考えてもマシだが)平々凡々な人生。

    しかし、20歳の頃、頭に描いた31歳は、もっとステキな大人だった気がする(爆)。

    まあ20歳っていうか、15歳いや13歳の時点でも、自分がメジャーリーガーにならないこと、殺人犯にならないこと、音楽史に名を残す作曲家にはならないこと、それくらいはわかってましたけど。
    でも、もちっとね、立派になってると思ってた。
    うーん、まだまだ人生、精進が必要ですなー。

    --------------------------------------------------------------

    さて、ここ一週間くらい、実は心身ともにかなりグロッキーです。

    そもそも自分の心の状態というのは、多分に体の状態にリンクします。

    なんだか仕事もプライベートも何もかもここ数日はボロボロでして、こういう運勢の風向きの悪い時期は、とっとと過ぎてしまえばいいのに・・・などと思っておりますです。

    でも同時に17日のles Cinqの演奏会のことも常に頭から離れない状況。
    今月のワタクシのプライベートは何と言ってもレサンクです。
    (リベルテや“未完成』の皆さん、ゴメンナサイm(_ _)m)

    そらまあ自分が立ち上げた楽団の結成演奏会ですから、それを目前にしたら、誰でもそうなります、きっと。

    この17日の演奏会、自分がこれまでの人生で体験してきたどんな演奏会よりもドキドキしますし、極端に言えば「人生最大イベント」ですよ、これは。

    ところで、完全な意味でのプライベート不在の今月の生活で、今日店頭で買った雑誌1冊と自宅に届いた雑誌1冊、計2冊の雑誌が自分の心を暖めてくれています!

    まず1つめは、
    COURRIER JAPON(クーリエ・ジャポン)創刊第2号

    サブタイトルが「世界は女が決める」です。

    そしてもう1つは
    CUKR(ツックル)第3号

    「日本語でよめるはじめてのチェコ総合情報誌」

    です。

    私が以前からチェックしているHP「チェコ人になりたい女の子のおはなし」の製作者さんが編集長らしいです。

    いずれの雑誌もですね、まだ斜め読みした程度ですが、前号を遥かにしのぐ完成度なのは明らか。随所で目を見張りました。

    「クーリエ」は創刊第1号はやはり手探りという感じもありましたが、今号ではいよいよ複眼的な要素が満載という感じ。
    この雑誌は「グローバルスタンダード」などという空虚なものではなく、「各国基準」なんですね。そこがいい所だと自分は思います。

    それから、「ツックル」
    こちらは自主出版的な感じの雑誌なのに、前号第2号から大きく前進して、まさに「チェコの総合情報誌」を謳うだけのことはあるなー!っていう雑誌になりつつあります(創刊号は品切れで買えず。今、購入方法を模索中)。
    チェコ料理などの記事のほか、最新号ではチェコ語やチェコの作家の特集まであり、なかなかディープです。
    欠点は「こんなもん読んだらチェコ行きたくなっちゃうじゃないかー!」っていうことだけ(笑)

    この2つの雑誌は身も心も疲れた今の自分にとって、大きな癒しグッズですね。

    【メイキング・レサンク】

    今日はあまりの心身の状態の悪さに何もできず。
    仕方ない。明日がんばります。
    (でも、これから少し楽器弾くか運営的なことやるか、どっちかしてから寝るつもり~)
    スポンサーサイト


    ブログ | 00:16:22| Trackback(1)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    狙われる下校途中
    大きな社会問題です。立て続けにおきた事件、人通りの少ない場所、死角があった、一人だった、通学路から外れていた・・・防犯が問われますが。mainichi.comに問題提起がありました。少し長文ですがこの中に問題も答えもあると思います。気がついた箇所を強調しました。.... 2005-12-03 Sat 09:44:59 | ブログ らぷぽ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。