■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    花の金曜日、悪魔の金曜日
    金曜日、世間では「はなきん」と持て囃され、少しでも早く職場から出て、一杯呑みに行こうとするわけです。

    しかし、ワタクシにとって、金曜日は「魔の金曜日」。

    一週間の疲れがどっとやってきて、カラダが悲鳴をあげている日です・・・。

    とてもじゃないけど、酒呑みになんて行けないです。
    アルコールがどうこうというより、人と騒いだりする気分になれないというのが大きいかも。。。

    金曜日はいつもそうなのですが、とにかく時間をやりすごし、大過なく一日を終えるだけで精一杯という感じです。

    特に今日の仕事中の体調は正直、酷かったです。
    仕事しながら何度も早退しようと思った。

    ちょっと立ってるだけでもシンドくなるので席を立って歩くのがイヤになるし、
    カラダに力が入らなくなるので事務処理していても、すぐ集中できなくなる。

    そんな状態なので、自分自身を支えるだけで精一杯になってしまい、人に対してまともに向き合うだけの余裕がなくなり、結果として対人コミュニケーション力もかなり落ちる。

    うーん、やっぱ今の生活水準をなるべくキープ、って思ってたんですが、もしかしたらムリかもしれないですね。

    マンドリンか仕事か、どこかを切り詰める必要があるかもしれません。
    メシを食うためには、仕事を切り詰めるわけにはいかんので、自然とマンドリン、これはいたし方ないかもしれない。

    先日も書きましたが、今、来年のマンドリン活動に向けて、いくつかオファー・意向調査が来ています。

    正直、今の状態では全部断らざるを得ません。

    どれもこれも迷って、結局1つも返信してないのですが・・・。
    いま、決断を迫られています。

    もうこの半年くらいというもの、自分は「頑張る」という単語を完全に封印することに決めたのですが、結局、それなりに頑張っちゃってたのかもしれない・・・。
    今はかなり弱気です。

    明日、土曜日は午後はリベルテの合奏コンクール向け練習。

    夜は、実に3つも聴きに行きたい演奏会がかぶってしまったのですが、今回はマンドセロ独奏の演奏会に絞らせていただきました。
    けんた君スフィーダさん、次回必ず行きますのでお許しをm(_ _)m・・・)

    しかし、体調次第ではもしかして、明日の全ての予定をドタキャンさせていただくかもしれません。
    その際は何卒、ご容赦くださいませ>関係各位

    といいつつ、今日は昼休みにプログラム原稿を1つ書いておいたので(笑)、そのストックをアップします。

    カンタータ第140番「目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声」BWV140
    (コラール前奏曲「目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声」BWV645)


    この曲は、現在様々な編曲の形で広く親しまれているので、「そもそも元の形が何であったのか、わからない!」という声があるかもしれません。

    この曲は、元々はマタイ伝25から採られた教会カンタータです。真夜中に物見たちの声に導かれて到着したキリストと、それを待ち焦がれる魂との婚礼が描かれており、ヴァイオリンとヴィオラの有名な旋律(les Cinqでは1st・2ndマンドリンのユニゾン)の後、テノールの独唱(les Cinqではギター)がコラールの第二節「シオンは物見らの歌を聞き」を朗々と歌いあげ、通奏低音とオルガン(les Cinqではマンドラとマンドセロ)がそれを支える構成となっています。

    その後バッハは、自らの教会カンタータの中から特に人気の高かった6曲をオルガンに編曲したダイジェスト版を刊行し、その第1曲目として、この「目覚めよ~」を選びました。


    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:08:29| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。