■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    les Cinq5日前(公演プログラムほぼ公開!)
    今晩はずいぶん夜更かししてしまった・・・。
    本当は良くないのです。

    あれだけ警戒していた風邪になりかけており、予断を許さない状態。
    なので、「余談」も許さないのです、ってオヤジギャグかましてる場合じゃない。

    で、今晩は何をしていたかと言いますと、プログラムの原稿をせっせと書いておりました。
    で、ほぼ完成~!
    あとはこれからメンバーにメールして校閲してもらい、彼らに書いてもらう部分への記入をお願いするのみ!!

    さて、今日はもうプログラムのこと以外、何も思い浮かばないので、その原稿の一部を公開しておくことで、ブログを終了しましょう。

    なにせ、最近、les Cinq公式HPから直リンク貼られてるもので、少しは対応しとかないと、ってのも正直あります(^^;)

    というわけで、先日来公開してきた部分についても、少し修正しておりますので、一部重複しますが、今回は公開できる部分は全部出してしまいます!

    ただしネット上なので個人情報はイニシャル化。それから、機種依存文字のアラビア数字などを算用数字に修正したり、段組を紙媒体用からWEB用に修正かけました。でもまだ不十分なので、後で直しますね。

    --------------------------------ここからプログラム原稿(抜粋)----------------

    【les Cinq結成演奏会を開催するに当たって】

    les Cinqは、2004年8月に東京で結成されたHMDTSO(Mn)・FRYSNK(Mn)・ANDMST(Md)・タテラッツィ(Mc)・KMDHRYK(Gt)から成るマンドリン五重奏団です。
    メンバーはそれぞれ日頃は社会人マンドリンオーケストラ(リベルテ、東京ツプフアンサンブル、“未完成』等)に所属し、活動しています(コンサートマスター及びパートトップを担当)。
    私たちは、マンドリンオケという大きな編成で音楽を奏でているうちに、中には小編成のアンサンブルでも表現できる、いやむしろそうした編成の方が向いている音楽がたくさんあるということに気付きました。また、指揮者なしの小アンサンブルをたまたま経験したような時に、お互いに呼吸を合わせてじっくりと音楽を作っていく作業は、非常に多くの困難を伴いつつも、とてもやり甲斐のある作業であることを、知りました。そんな経験を日常的に体験する場を求め、我々はles Cinqを結成しました。
     結成から最初の演奏会まで実に1年4か月の年月を要することになりました。実は当初の予定では、今年の9月3日にこの結成演奏会を開催する予定だったのです。それが3か月以上延期することになったその直接の要因としては、メンバーの中に急遽闘病生活を余儀なくされた者がいたことや、資格試験受験で多忙な日々を送っている者がいたことなど、メンバー個々の事情が挙げられます。しかし、それだけではなく、les Cinq内の事情として、立ち上げたばかりのアンサンブルということで演奏・運営両面において不慣れな点が多々あり、試行錯誤を重ねているうちにこれだけの時間が経過していた、ということもあったのかな?と今にして思います。それでもようやく漕ぎ付けた最初の演奏会、我々は今、希望に燃えています!

    【les Cinqのコンセプト】
    les Cinqとはフランス語で「5つの・5人の」という意味です。
    近代音楽史を紐解くと、20世紀初頭のフランスに「6人組」という作曲家グループが存在したことがわかります。我々の名は僭越ながら、彼ら「6人組」に由来しております。
    ミヨー・プーランク・オネゲル・オーリック・タイユフェール・デュレから成るこのグループの存在は、ご存知ない方の方が多いかもしれません。というのも、彼らが活躍した20世紀初頭と言えば、ワーグナー風の濃厚で劇的な作品や、複雑難解で革新的な現代音楽が幅を利かせていた時代です。そんな時代にあっても彼らは「無駄な装飾を捨てた簡素で率直な表現、明晰な構造、民衆的な笑いと知恵、日常性に根ざした芸術」を目指しました。しかし、そんな彼らの姿勢は時代に受け入れられず、「偉大でも革新的でもない、取るに足らないもの」として、音楽史の上では切り捨てられることになったのです。しかし、時代が変わり、技法の革新にばかり目が行っていた現代音楽の歩みが行き詰ってしまった今、6人組の気取りのない自然体の音楽は、次々と見直されるようになってきています。
    我々がles Cinqで表現したい音楽、それは「孤高の天才の芸術」ではありません。フランス6人組が目指した「等身大の若者のメッセージ」を発信できればと思っております。そして、お客様が演奏者と一緒に至福の午後の時間を感じることができる、そんな手作り感覚の演奏会を目指しています。

    【les Cinqで演奏していきたい音楽とは?】
    「マンドリンって、イタリアの楽器でしょ?マンドリンオリジナルって、イタリアのロマン主義全開の作品がほとんどなんです。マンドリンオリジナルやその他よくやる作品って、だいたいこの系統なんです。クラシック音楽ってほんと幅広い。いろいろあるのにね。いろいろのうちの、特定のものしかやってないんですよ。知ってた?他に何があるか、知りたくなるよね。→そしたら、レサンクでしょ!!」(ANDMST)
    というわけで、我々はマンドリン合奏であまりやられないけれど、本当はとても向いている、
    1)バロック、古典音楽及び、2)バロック、古典音楽への回帰を志向した近現代音楽
    を積極的に取り上げ、演奏していきたいと考えています。
                         les Cinq 設立発起人 タテラッツィ

    【曲目紹介】
    ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」Op.3-6(ヴィヴァルディ)
    Violin Concerto Op.3-6〈L’esto armonico〉(A.Vivaldi 1678-1741)

    ヴィヴァルディは大変な多作の人で、協奏曲だけでも現在約450曲が残されている。その中で一番の有名曲と言えば、やはり「四季」であろう。しかし、この「調和の霊感」もヴィヴァルディの中では「四季」に続いて演奏頻度の高い曲であり、とりわけこの第6番については、ヴァイオリン・ソロのための協奏曲、「ヴィヴァルディのアーモール」の異名を持ち、ヴァイオリンを学ぶ人が必ず一度は手がける作品とされている。
     またこの曲は、1個の独奏楽器と総奏部を対比させた古典的コンチェルトの中のもっとも初期の、そしてもっとも正格的な型を代表するものとされている。

    第1楽章 Allegro アレグロ 4/4拍子 
     独奏部分と総奏部分との交替が目まぐるしく行われる曲である。les Cinqでは、合奏協奏曲的な要素を色濃く持つこの曲の独奏部分と総奏部分の移ろいを5人で表現するため、伴奏パートの総奏部分をピチカートで弾くことで、独奏部分でマンドリンソロが特に際立って聴こえるよう配慮を行った。

    第2楽章 Largo ラルゴ 4/4拍子 
     間奏曲。非常に短く簡潔に書かれた楽章であるが、この楽章のもの悲しげなメロディは曲全体の性格を決定付けることに大きく貢献している。

    第3楽章 Presto プレスト 2/4拍子
     一種のカプリッチョ(Capriccio・17世紀の自由なフーガ風の鍵盤音楽)。強弱が反響のように交替してコントラストが付けられ、フォルテ基調で勢いあるこの楽章にある種の妙味を与えることに成功している。

    カンタータ第140番・コラール前奏曲第645番「目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声」(J.S.バッハ)
    “Wachet auf,ruft uns die Stimme” Cantatas(BMV 140) ・Choralvorspiel(BWV 645) (J.S,Bach 1685-1750)

    この曲は、現在様々な編曲の形で広く親しまれているので、「そもそも元の形が何であったのか、わからない!」という声があるかもしれない。
     元々はマタイ伝25から採られた教会カンタータである。真夜中に物見たちの声に導かれて到着したキリストと、それを待ち焦がれる魂との婚礼が描かれており、ヴァイオリンとヴィオラの有名な旋律(les Cinqでは1st・2ndマンドリンのユニゾン)の後、テノールの独唱(les Cinqではギター)がコラールの第二節「シオンは物見らの歌を聞き」を朗々と歌いあげ、通奏低音とオルガン(les Cinqではマンドラとマンドセロ)がそれを支える構成となっている。
     その後バッハは、自らの教会カンタータの中から特に人気の高かった6曲をオルガンに編曲したダイジェスト版を刊行し、その第1曲目として、この「目覚めよ~」を選んだ。

    セントポール組曲(ホルスト・安藤雅人編) ST PAUL’S SUITE For String Orchestra(G.Holst 1874-1934)
    2003年に平原綾香が「惑星」から「ジュピター」をカバー(?)して以来、ホルストの存在はメジャーになったかのように見える。しかし、まだまだ「惑星」以外の曲については、多くを知られていないのが現実であろう。その中ではこの「セントポール組曲」は、その親しみやすい旋律と平明な楽曲構造により、弦楽オーケストラの世界ではとても人気のある曲である。ホルストが教師として勤めていたセントポール女学校の弦楽オーケストラで演奏するために作曲された。les Cinqでは、1913年という「現代の入口」とも言うべき時代に作曲されたこの曲が持つ、「古典様式の再生(新古典主義)」と「民族音楽(舞踏)の継承」という2つの側面に興味を持ち、今回演奏曲目として取り上げた次第である。
    1 Jig ジーグ 6/8拍子 ヴィヴァーチェ
    タランテラ風な舞曲。ジーグは16世紀のイギリスで流行した陽気で活発な性格を持つ舞曲の名称である。

    2 Ostinato オスティナート 3/4拍子(中間部 2/4拍子) プレスト
    3部形式。完全4度(ファミレドや♭シラソファ)を4小節で下降する音形が、オスティナート(ミレドレというギターによる繰り返し)の上で繰り返される。楽章の構造は4小節を最小単位として形成されている。

    3 Intermezzo 間奏曲 3/4拍子 アンダンテ・コン・モート
    ミュート奏法(原曲ではピチカート)による静かな刻みの上で東洋的な旋律(Andante)を1stマンドリンソロが奏でるA部分と、対照的な速い舞曲主題であるB部分とが交替するA-B-A-B-Aの構造を持った曲である。そして最後はアダージョとなり、柔和な旋律を各パートが消えるように演奏して曲を終結させる。

    4 Finale(The Dargason) 終曲(ダーガソン) 6/8拍子 アレグロ
    Dargason は、ルネサンス期にイギリスで流行した陽気な舞曲。変奏を繰り返しているうちに、有名な「グリーンスリーブス」の旋律が対旋律としてからんできて、曲を否が応でも盛り上げる。この終曲は、ミリタリー・バンドのための「第2組曲」の終楽章「ダーガソンによる幻想曲」を、ほぼそのままのかたちで弦楽オーケストラに編曲したものでもある。

    チェチリアーナ“マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲”(マンドニコ)
    Ceciliana- 10Variazioni Su Un Tema Di Max Roach(C.Mandonico 1957~)

    クラウディオ・マンドニコ(1957~)は、現在イタリアで活躍する指揮者・作曲家で、プレシア市のマンドリンオーケストラをイタリア随一の楽団に育て上げた手腕は高く評価されている。本曲は作者が22歳のときの作品であり、3度音程を核とする単純明快な主題と10の変奏から成立しており、特に後半部の即興的な展開が大きな特徴となっている。
     なお、題名の「Cecilliana」はイタリア語で「チェチリアーナのもの」の意味である。チェチリアーナは3世紀のローマ・カトリックのおとめ殉教者。結婚後も上のために貞操を誓い、その姿勢に感動し改宗した夫と共に殉教者を手厚く埋葬していたが、捕らえられ斬首された。結婚の日、無数の楽器の調べに送られて婚約者のもとへ行ったと伝えられることから、音楽の守護聖女として人々から親しまれている。
    (※ ここまでの文章は「楽団獅子」さんの2004年公演プログラムより許可を得て拝借いたしました)
    なお、マックス・ローチ(1924~)は、時代の変化とともにそのドラミングを進化させてきたジャズ・ドラムの大御所。「チェチリアーナ」は、マックス・ローチが作曲した同名曲の旋律を元に、マンドニコが、7つのクラシックスタイル及び3つのジャズスタイルの変奏から成る10種類の変奏曲として仕立て上げたものである。

    組曲「ドリー」作品56(フォーレ・安藤雅人編) DOLLY Op.56(G.Faure 1845-1924)
    フランス音楽史において、サン=サーンスやフランクのロマン派音楽とラヴェル・ドビュッシーの近代音楽をつなぐ所に位置付けられるフォーレは、フランス音楽の伝統の継承という側面、ショパン等のピアノ音楽の系譜の主流としての側面など様々な顔を持つが、彼の作品全体に共通するのは、古典的な様式美の追求である。そんな中でこのピアノ連弾曲「ドリー」は、彼のピアノ作品群の中で唯一、音楽形式ではないタイトルの曲である。また、この組曲中の各曲にもそれぞれタイトルが付されているが、それは曲の性格または感情のあり様を簡潔に提示したものである。このように音楽の標題性を素直に可愛らしく表現した曲だけに、この「ドリー」は非常に愛されているピアノ連弾曲の1つとなっている。
    この曲にはピアノ独奏版もあり(コルトー編)、またラボー編の管弦楽版も、オーケストラの演奏会に頻繁に通っている方であれば、時にはお目にかかる機会があるものだろう。 あるいはクラシックギターで演奏されることもあり、最近では村治佳織の最新アルバムの中に、第1曲と第5曲が収録されている。
     なお、この「ドリー」という名前であるが、のちにドビュッシーの2人目の妻ともなったエンマ・バルダックの小さな娘、エレーヌのニックネームであったという。こうした「子供のための音楽」という系譜としては、「ドリー」の他に、シューマンの「子供の情景」、ドビュッシーの「子供の領分」など一連の作品群がある。
     全体は6曲から成り、2曲目と6曲目にアップテンポの曲を配していることが、この組曲の構成をしっかりと引き締めることに成功した一つの要因ともなっている。

    1 Berceuse 子守歌 2/4拍子 アレグレット・モデラート
     冒頭の伴奏はゆりかごの揺れる様子の描写であり、その上に子守歌の旋律が乗って、作曲者の子供への愛おしい感情が伝わってくる。奏者はこの音楽を、寝かしつけた子供が起きないよう、そーーっと弾かなければならない・・・。

    2 Mi-a-ou ミーアーウ 3/4拍子 アレグロ・モデラート
     日本語では「にゃーお」であり、曲想から考えても一見、猫を描写した音楽と思ってしまうが、フォーレの弟子のピアニスト、マルグリット・ロンによれば、これは幼いドリーが兄ラウルに付けた「舌っ足らずな」ニックネームなのだそう。ラウルは後にフォーレとドビュッシーの弟子となった人物である。2拍目にアクセントがあり、それが舞踏的な効果を生んでいる。中間部はハ長調に転調され(効果的な転調は、フォーレの持ち味の1つ)、コーダの直前には急に音楽が止まり、この曲の奇想天外な曲想をさらに決定的なものとしている。

    3 La jardin de Dolly ドリーの庭 3/4拍子 アンダンティーノ
     香しい花々の咲き乱れる魅惑的な夢から名づけられた音楽。三部形式。第1曲の温かく優しい感興が再び現れ、中間部では2声部の美しい掛け合いが聴かれる。

    4 Kitty valse キティ-ワルツ 3/4拍子 テンポ・ディ・ヴァルス 
     「キティ」と言うからには今度こそ猫の音楽だろう?と思いきや、これもまた前述のラウルの飼っていた犬の名前である。つまり、この猫のイメージ先入観として持ちがちな組曲の中に、実は猫の音楽は1つも存在しないことになる。この曲は形式的な面(ABCAという展開)においても曲想という点においても、2曲目「ミーアーウ」と似ており、3曲目を挟んで組曲の構成をシンメトリックなものとしている。

    5 Tendresse 優しさ 3/4拍子 アンダンテ
     三部形式。冒頭、主部はやや暗めに開始されるが、ここでもフォーレ独特の転調が決まると、「優しさ」と「厳格さ」が同居した見事な音楽となる。中間部では、先行する旋律を次の旋律が追いかけるカノン。音楽的には複雑さを増すが、聴き手にそれを全く感じさせないフォーレの手腕が見事な部分である。このカノンは、夢の中の2人のささやきのようだ。そう、この「厳格さ」と「優しさ」、「2人のつぶやき」とは、いずれも母と子(ドリー)を表現しているのである。この曲のタイトル「優しさ」とは、つまり、母が子を抱く慈愛に満ちた優しさである。

    6 Le pas espagnol スペインの踊り 3/4拍子 アレグロ
    フォーレの義父フルミエ作により騾馬のブロンズ像を音楽として表現したもの。フォーレには珍しく異国情緒あふれる作品となっている。これは「狂詩曲スペイン」で有名なシャブリエへの賛歌とも言われる。スペイン風のリズムによる3種類の舞曲が間断なくつなげられ、展開していく。

    【本日のお菓子】
    ① 8種類のタルトケーキ&フォンダンショコラ
    フランス菓子のお店、菓人 KICHISEさんから購入しました。
    菓人 KICHISE 千葉県船橋市東船橋2-10-11(JR総武線・東船橋駅北口徒歩2分)
    TEL 047-425-1225 営業時間10:00~20:00(第2・第4水曜日休み)

    ② ムースアガロリー(エネルギー補給デザート)
    腎臓に優しい低たんぱくデザートです。

    les Cinqでは内部障害・内臓疾患を抱える人々を応援しています。

    ・腎不全、透析患者では、たんぱく質、リン、カリウム制限のため敬遠されていた乳製品デザートとして、初めて、高エネルギー、低たんぱく、低リン、低カリウムを実現しました。
    ・1カップ67gあたり、エネルギー160kcal、たんぱく質0、2g、カリウム23~41mg、ナトリウム21~23mg
    ・いちごミルク味、マンゴー味、プレーンヨーグルト味、レモンレアチーズ味、ブルーベリー味の5種類。

    【メンバー紹介】
    演奏会に来てのお・た・の・し・み・に!
    (まだ書けてないだけとも言う・・・)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:57:18| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。