■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    スタジオ・ジブリさん、さようなら、そしてこんにちは
    異常な寒さが続く、今日この頃、家族が風邪でダウンしてしまったので、ここん所、外だけでなく家の中でもマスクが離せなくなってしまいました。

    ワタクシの部屋には加湿機がないので、代わりに霧吹きを使って湿度を調整しております。
    霧吹きの中には水だけでなく、エッセンシャルオイルのティートゥリーを少量入れています。
    これは香りもあるし、殺菌効果もあるので、なかなかのスグレモノです!

    こんな寒々しい師走の夜に聴く音楽は、もちろん!?

    冬の旅(シューベルト)

    です。

    今、聴いているのは天才テノール・ボストリッジが歌い、村上春樹絶賛のピアニスト・アンスネスが安定した見事なピアノ伴奏を付けているもの。



    ドラマを感じさせる迫真の歌唱を聴かせるボストリッジが、鬼気迫る演奏を繰り広げている「冬の旅」。ピアノは、これまでもソナタと組み合わせるユニークなシューベルトで共演してきたアンスネス。

    聴いていて、気分が落ち着いてきます。

    落ち着きすぎて、ちょっと寂しくなります。

    なにせ、日本より気温の低い、ウィーンのドンヨリした冬の光景を歌っている(?かどうかは実はよく知らない)んですから。

    これで貧乏で部屋に暖房がない!とかだと、効果は最高(サイテーとも言う)なんですがね・・・。

    そういえば、「もうすぐクリスマスだ~」とかって喜んでる皆さん!!

    残念でした~。

    こんなことになったらしいです(笑)

    ちゃんちゃん。


    ところで、
    貴方の周りでは、

    「スタジオ・ジブリの作品(あるいは宮崎アニメ)で何が一番好き?」

    って会話になることありませんか?
    (ないか。。。次回のアンケートはこれにしてみるか、とたった今、決定~)

    自分は、時代とともに変遷はありますが、今だと

    1位 ラピュタ
    2位 風の谷のナウシカ
    3位 魔女の宅急便
    4位 紅の豚
    5位 火垂るの墓
    6位 耳をすませば
    7位 おもひでぽろぽろ
    8位 となりのトトロ
    9位 千と千尋の神隠し
    10位もののけ姫

    って所ですかねえ(上記以外の作品は観てません)

    ちなみに「宮崎アニメ」って言ったら、「未来少年コナン」が一番好きだったりします(ラピュタとは僅差だけど、ほんの僅かながら「コナン」の方がワクワク度が上かな、と)。

    で、↑を見てもわかるかと思うのですが、ワタクシ、最近のジブリ作品にはあまり心惹かれなくなってしまっておりまして、しかも最新作に至っては、嫌いな芸能人の一人である某Kが声で出演していたりもしたので、全く観る気もしなかったんです。

    しかし次回作を知って、「ズルイ!!」と思ってしまいましたね。

    だって・・・


    ゲド戦記


    なんですよ!

    ged_poster01.jpg


    これはですね、ワタクシにとっては、少年時代に愛読した「こころの本」の1つでして、

    今さら映画化かよーーー

    とちょっと怒りも入りつつ、でも思わずニンマリしてしまったのでした。

    好きな作品の映画化というのは、その思い入れの強さゆえに、がっかりさせられることも多いだけに、どっちに転ぶか予断を許さないものがありますが、とりあえず期待しておきましょう。


    この情報は実は少し前に知っていたのですが、リマインドさせてくれたのがDenaliさんのHPでした。

    Denaliさんはワタクシのお気に入りのチェコ専門誌「CUKR(ツックル)」で表紙やイラストを担当されていて、その絵があまりにステキなので、ずっと気になっていた人でした。

    で、最近、彼女のブログを発見いたしまして、Denaliさん特製の2006年カレンダーを売っていることを知ったんですね。

    denali_cal.jpg


    うーん、すごくいいなー。
    この独特の絵の雰囲気。
    マグカップも出ているらしいので、これも欲しい(物欲のカタマリ)

    早速これから購入する予定です。

    2006年のカレンダー、何にしよう??

    って思っていた矢先だっただけに決まってよかったです。

    ところで、今年は何でも好景気らしく(どこがやねん!って突っ込む人もまた多数いることでしょう)、
    ボーナスが急上昇した人も多いらしいです。

    ワタクシはぜーぜん増えもせず(ていうか、少し減った>_<)

    ボーナスが出たからと言って、あまり大きな買い物ができるわけでもなかったりします(独身貴族なのにねぇ・・・)

    でも、

    こんなプチ幸せグッズの方が、よほど日々の生活に潤いを与えてくれるんじゃない?なんて、強がりではなく、思う今日この頃。


    スポンサーサイト


    映画 | 21:36:31| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。