■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    CD三昧
    2005年も残すところ、あとわずか。

    今年1年の総括をしてみようかと思います。

    1)2005年のベストコンサート

    1位 コルボ指揮ローザンヌ室内管(フォーレ/レクイエムほか)
    2位 レ・ヴァン・フランセ(プーランク/六重奏曲ほか)
    3位 スクロヴァチェフスキ指揮読売日本交響楽団(ブルックナー/交響曲第7番ほか)

    →今年は「発病元年」ということもあり、あまり行けませんでした・・・。
    その中でコルボのフォーレク(フォーレのレクイエム)は感動した演奏会でしたね。
    レ・ヴァン・フランセでは木管楽器の魅力を発見しました。
    スクロヴァチェフスキはワタクシ、大ファンですからやっぱり入れとかないと・・・ってのもあります。


    2)今年聴いたCDベスト3

    第1位 チェロ・アンコール集(ペレーニ)
     
     
    第2位 フォーレ:6枚組CD
    (Valentinのピアノによる「夜想曲」などが入っている)

    第3位 バルトーク:弦楽四重奏曲1-6番(ヴェーグ四重奏団)



    「良かったCD」なんていくらでもありまして、もうイチイチどれが今年だったかも覚えてないので、自分にとってエポック・メイキングとなったCDということで抽出。
    今年は「ボックスモノ」の購入が多かったせいもあり、おそらく1年で150枚以上はCDを購入しているのですが(アホですね)、ここでリストアップしたものは、さすがに10回以上繰り返して聴いたものばかり。

    1位で自分はチェロという楽器の魅力を再発見。
    2位のCDボックスのせいで、最近自分はフォーレ教信者になりつつあります。。。
    3位は究極のアンサンブルが聴けるCDということで。これももう今年、何回聴いたかわからないくらい繰り返し聴きました。



    【ただ今のBGM】
    交響曲第8番(ショスタコーヴィチ)ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立文化省交響楽団

    1983年から1985年にかけてセッション録音(ステレオ)されたロジェストヴェンスキーのショスタコーヴィチ全集の特徴は、何といってもそのエグイまでの過激な音楽づくりにあり、特に第4番や第5番、第8番、第11番といったもともと強烈な作品では、数ある同曲異演盤の中でもトップ・クラスの金管&打楽器攻撃が楽しめるのがポイントです。
     それはこの作曲家の音楽が孕む複雑な内容を、ロジェストヴェンスキー流にことごとく引き出そうとした意気軒昂な姿勢のあらわれともいえ、壮年期の彼ならではの恐るべきダイナミズムと、ソビエト政府が彼のために用意したオーケストラによって、全編、気合の入った演奏が展開されてゆきます。


    ショスタコの交響曲全集(ロジェストヴェンスキー)を購入したので、先日に引き続き聴きまくっております。

    正月休み初日の今日は、体調が悪く、出かける用事をキャンセルしてずっと家で寝ていました。
    (昨日、「最近体調がいい!」とか書いたばかりなにに・・・。ここん所、はしゃぎすぎてたバチが当たったのでしょうか)

    で、ショスタコの交響曲をずーっと家でかけっぱなし。

    ショスタコなんて、あんな「どんちゃか」したもの聴いたら余計体調悪くなるんじゃないの?

    って思われそうですが、そんなこたーないっす。
    ずいぶん元気をもらいました。

    むしろ、最初のうち聴いていたバッハの方がダメでした。
    生気を吸い取られてしまいそうになって、途中でプレーヤーのSTOPボタンを押したほど。
    風邪とかならともかく腎臓病ってのは、生命エネルギーをもらえる音楽じゃないとどうもダメみたいです(オレだけ?)

    で、今日聴いたショスタコの交響曲
    順番に
    11→5→7→13→8
    と聴いています。

    先日、4と12番を聴いたので、ようやく半分くらいですか。

    多くの大作曲家は交響曲を9曲くらいしか書いてないわけですが、このショスタコさんは15曲も書いてまして、しかもほとんど「穴」がない。全作品とも、ある程度聴きこまないとショスタコの交響曲の全容が見えてこないように思います。

    それにしても、このロジェヴェン/ソビエト文化省オケの演奏、打楽器の迫力がハンパないです。

    表現の密度の濃さという点では、ムラヴィンスキーなんかには叶わない(というか、向いてる方向がそもそも全然違う感じ)ように思いますが、このロジェヴェン盤も単なる表面的な激しさだけが先に立った演奏でなく、緩徐楽章ではこの演奏特有の寂寥感のようなものも感じさせてくれる演奏で、なかなか聴き応えがあるCDだと思います。
    やはり「ロシア」というか「ソ連」の血がそうさせるのでしょうか。
    例えばバーンスタイン/ニューヨークフィルのショスタコでは、表現の激しさを感じ取ることはできても、あまりそれ以上のものは感じませんでした(と言っても、それはそれでとても良い演奏なのですが)。

    このロジェヴェン盤、今後長く愛聴盤となりそうな予感です。




    スポンサーサイト


    聴いたCD | 01:18:06| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。