■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    そこそこハッピーなニューイヤー
    2006年になりました。

    というわけで、ブログを読んでくださっている方へは、この場をお借りして

    060101_2133~0002.jpg


    明けましておめでとうございます

    本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    いぬ年

    滅多に登場させない我が愛犬(ウェリッシュコーギーの♂)を叩き起こして登場させました~♪(←鬼!)


    さて、今年の正月は典型的「寝正月」です。

    実は、生まれて初めて「寝正月」をありがたいものだと思うようになりました。

    これまでだと、

    「旅もせず遊びにも行かない正月なんてツマラン~!」

    とか思ってウズウズしてましたが、今年はそれが幸せそのもの♪

    歳ですな・・・。ていうよりかは、かつてが若すぎた(笑)

    でもヒマにまかせて、今日は1時間くらい楽器の「新春初弾き」もしました!

    間違えるたびに顔に1つずつ×付けて新春らしさを演出(ウソです)
    ちゃんとマジメに「くるみ割り人形」と組曲「ドリー」の練習をしました。
    「くるみ割り」は通し練習にしないで、「ある3か所」だけを20回くらい繰り返しました。
    マンドロンチェロパートにとって重要な箇所、そして僭越ながらワタクシがソロを務める箇所があるので、そこん所です。
    これまでイメージがイマイチつかめてなかった面があったので、昨日観た「くるみ割り人形」のバレエDVDの該当部分を数回観て、イメージを持つようにしてみました。
    網膜に焼きついたので、これからはそこん所を演奏する時、バレリーナの踊る姿を想像できそうです(それが直接、「音」になるのかどうかは不明ですが・・・)

    で、ヒマとか言っておいて、いま、ぜんぜんやってなくて困ったことが2つ。

    1つは、「自室の片付け」

    ゴミの山で正月を迎えております。
    部屋の中の画像はぜったいアップできません(笑)
    ウェブカメラとかも論外って感じっす・・・。

    2つめ

    実はワタクシ、1枚も年賀状書いてないのです(汗)

    昨年はそれでも何人かの人に「インターネット年賀状」を送ったのですが、今年はそれもゼロ。

    ↑の我が愛犬によるご挨拶をもって、礼を欠いてしまった皆様にはご挨拶と代えさせていただきたく思います。


    【今年の抱負】
    昨年、まだgooのブログだった時代ですが、いろいろ抱負を書いてぜーんぜん実行できなかったので(罰ゲームまで設定したんですが、もはや実行不可のため、あえてリンクは張りません~)

    今年は簡潔に

    2006年のテーマは、「STUDY」で行こうと思います。

    日々の生活の中で人と会い、仕事をし、合奏練習に出たり、飲み会に行って語り合うことで学べることというのもいっぱいあります。
    しかし今年はあえて、そこに留まらない「机上の勉強」をテーマにしてみようと思います。

    これはカイシャや職種によると思いますが、ワタクシの場合、ある程度年次が進むと、日々の仕事の中で学ぶ姿勢、「OJT」さえきちんとしていれば、特に「OFFJT」はしなくても構わない、ってなことになるんですな。
    でもそれだけでは、いろんな場で自分の発言がかなりルーズになります。
    しまいにゃ、「経験でしかモノを言えないロートル」になってしまうわけですね。で、若手から猛烈な突き上げをくらうというパターン。

    そりゃイヤなので、ちと理論武装できるよう、何か勉強しておこうと思います、今年は。
    それが「何」になるのかは、実はだいたい決めてますが、まだイマイチやれる自信がないので伏せておきます(笑)

    それから音楽についても。

    自分はこれまでに「楽典」くらいは一応読んでますが、もっと掘り下げた「和声法」とか「対位法」とかって本は、恥ずかしながら開いたことさえありません・・・。

    日頃演奏活動していて、そういうのは知らなくても「ある程度は」何とかなってしまうので、すっ飛ばしてきてしまったんですね。

    でも、本当はこうしたこともきちんと知っていると、1つ1つの音、フレーズに対する考え方、スコアの読み方などにそれなりの指針が生まれてくるんじゃないのかな?と思いまして(実際、そこらへんをきちんと勉強してる方の発言などを聴いていてそう感じますし)、今年は挑戦してみようかな、と思った次第。

    そして、楽器。
    今年は時間が出来次第(いつになるやら)、マンドチェロをもう一度習いに行こうと思います(かつてほんの少しだけ習ったことがあるのですが・・・)。
    最近、「奏法」が自分のボトルネックになるケースをたびたび感じるもので、一度ちゃんとしておこうと思った次第です。

    「STUDY」以外では、

    ・闘病生活(健康管理):これはワタクシの今後の人生に渡って永久に最重要課題です。仕事も音楽も遊びも何もかも、「健康を崩さない範囲」でしか、もうやりませんしやれませんから、そこん所は十分に気をつけていこうと思います。

    ・演奏活動:上記の理由から、今年は昨年以上に活動の領域を広げることは難しいかもしれません(本当は出てみたい楽団とかあるんですけどね・・・)。足元を見つめて1つ1つの活動の精度を上げていこうと思います。

    ・旅:昨年は日本(そして本州)から数年ぶりに1度も出ない年になってしまったので、2006年は必ずやどこか「海外」へ行こうと思います!まー行けるのは「夏」ですね。
    行き先はおそらく「中欧」か「東欧」か「イラン」か「イエメン」のどれかになると思います。


    【ただ今のBGM】
    「ヤンソンス&ウィーン・フィル/ニューイヤー・コンサート 2006」(NHK総合TV)★★★☆☆
    より「美しく青きドナウ」(ヨハン・シュトラウス2世)

    世界でもっとも注目される演奏会、ウィーン新春の名物「ニューイヤー・コンサート」。2006年はマリス・ヤンソンスが登場、これまで「ニューイヤー」を指揮してきた歴代の巨匠たちの系譜にその名を連ねる予定です。
     ヤンソンスは現在、コンセルトヘボウ管弦楽団とバイエルン放送交響楽団という、ヨーロッパ有数の実力を誇る2大名門オケを率いて充実した活動を展開、当代随一の実力と評価も高い超売れっ子指揮者であることはご承知のとおり。そのヤンソンスが「ニューイヤー」までも制するとはまことに小気味良いことではありますが、緊張感あふれる音楽造りを特徴とするこの指揮者が、ウィンナ・ワルツをどのように料理してみせてくれるのか、もう今から興味津々といったところです。


    曲目は、
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ねらいをつけろ!(射撃者同盟行進曲) op.478
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ワルツ『春の声』op.410
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:外交官のポルカ op.448
    ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ『ことずて』op.240
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ポルカ『女性への賛美』op.315
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ワルツ『芸術家の生涯』op.316
    ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ『憂いもなく』op.271
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ジブシー男爵の入場行進曲
    モーツァルト:『フィガロの結婚』序曲
    ヨーゼフ・ランナー:ワルツ『モーツァルト党』op.196
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ガロップ『愛のメッセージ』
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:新ピチカート・ポルカ op.449
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:芸術家のカドリール op.201
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:スペイン行進曲 op.433
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ワルツ『お前同志』 op.367(『こうもり』のテーマより)
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ポルカ『クラップフェンの森にて』 op.336
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:狂乱のポルカ op.260
    エドゥアルド・シュトラウス:電話ポルカ op.165
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:入り江のワルツ op.411
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ポルカ『ハンガリー万歳』op.332

    アンコール
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:山賊ギャロップ op.378
    新年の挨拶
    ヨハン・シュトラウスⅡ世:ワルツ『美しく青きドナウ』 op.314
    ヨハン・シュトラウス:ラデツキー行進曲 op.228

    ていうか、↓早くもこれのライブCDのジャケットができてる・・・。
    1月10日過ぎには店頭に並ぶので、たぶん1月2日から工場で生産開始なんでしょう)

    948.jpg


    ヤンソンスは、手兵のコンセルトヘボウ・バイエルン放送響の両者による演奏を東京で聴いたことがあります。

    この指揮者の特徴は、

    良く言えば、メリハリがあってわかりやすい

    悪く言えば、デリカシーがない

    といった所かと思います。

    まー、ロシア(正確にはラトビアだけど)の田舎の陽気なオッサンなんですよ、この人。

    ウィーンフィル、そしてヨハン・シュトラウス2世の音楽が持つガラス細工のような美が、どうも彼の指揮では感じ取ることができないんです。

    なにせ、「ワルツ王」ヨハンシュトラウス2世が活躍した1870年代あたりのオーストリア帝国ってのは、1966年の普墺戦争に敗れた直後で、国が傾きかけてたわけですよ。

    あと20年ばかり経つと、クラシック音楽愛好家の80パーセントくらいが毛嫌いしている(?)「新ウィーン楽派」のシェーンベルク(無調とか12音とかの世界ですな)とか画家のクリムトとかエゴン・シーレの「ウィーン分離派」なんかが出てきて、そのまま1914年に始まる第一次世界大戦へまっしぐら~、ってなわけで、そんな暗い世相にあって、ちょっと皮肉っぽいというかヤケっぱちに明るい音楽を楽しもうってのが、ウィンナワルツの「粋」なところだったわけですよね。

    なのに、このヤンソンスが振るウィンナワルツと来たら、「パックス・オーストリア(オーストリアの栄光・全盛期)」的演奏なワケですよ。
    そら間違いじゃないの?と。

    楽譜上のpとかfとかクレシェンドとかスラーとかアクセントとかを適切に処理すりゃいいってもんじゃないですね。

    ちなみに音楽的に1つだけ、ワタクシでさえわかることを言わせてもらえば、

    ダイナミクスの幅が「ff」の方に偏りすぎててウルサイ

    感じがしますです。

    ベルリンフィルならいざ知らず、ウィーンフィルでそういう音楽を作ろうとすると、せっかくのこのオケの美質が失われてしまうように思います。

    それと、選曲が・・・。

    わかりやすいのはいいけれど、ワルツ「モーツァルト」党とか、「魔笛」序曲だのキャッチーなフレーズでお客さん喜ばせればいいってもんじゃないでしょう、そりゃやりすぎでは??

    って思ってたら、

    今度は、

    「結婚行進曲」のテーマとか「魔弾の射手」序曲のテーマとか「魔笛」のパパゲーノのテーマとか、しまいにゃ「ワルツィングキャット」(かな?)を用いた音楽とか。

    いくらなんでもやりすぎ、というかあまりに「あざとく」聴こえてしまいました。。。
    なんか客を喜ばせるんじゃなく、単に媚びてるのかあるいは聴衆を馬鹿にしてるのか・・・。

    こんなことしてたら「ニューイヤーコンサート」の品格が落ちてしまうんじゃ?などと、老婆心ながらまったく余計なおせっかいをしてしまったり。

    というのも、ここ最近のニューイヤーの選曲は「マニア路線一直線」だったんですよね(小澤とかはちと違って、割と「ヤンソンス路線」でしたが。もっとも小澤の方が数十倍マシでしたけど)。
    ニューイヤーコンサートは、もう何十年も繰り返されてきたうちにネタ切れを起こし、最近では「シュトラウスの秘曲探し大会」みたいになっちゃってたわけです。

    しかし、今回は相当メジャー曲ばっかり。上記以外にも。

    なにせ、2曲目からいきなり「春の声」ですからね。
    ここ数年、こんな有名曲が序盤から登場したことはありましたでしょうか?(ちゃんと調べてないけど)

    その後も1曲おきくらいに「あー、もうこれナン十回も聴いたよ」って曲が出てきて、後半は上記のごとく「大ウケ狙い大会」だったわけです。

    とは言え、そういう角度でしか批判しないのは、「音楽しか考えない世間知らず」でしょう。

    もともとニューイヤーコンサートってのは、ウィーンという、もはやヨーロッパ全体から見れば「一地方都市」に成り下がった「古都の伝統芸能祭り」なのに、ここ20年かそこらで、世界の著名指揮者を入れ替わり立ち代り呼ぶようになって、世界数十カ国に衛星中継して、

    しまいにゃここ日本でも今年ついに、

    これまで「NHK教育で後半のみ抜粋中継」(全体はBSのみだった)

    だったのを、

    「NHK総合で全体を生中継」

    に改編したんですね。

    「なぜ今になって??」

    とか思ってたら、「こういうこと」だったんですね・・・。
    (「こういうこと」の指示語の指す所は、ここまで読んでくださった方なら、きっとおわかりのことでしょう)

    どうも、選曲と演出とテレビ界、そんなあたりが全部つるんでる、んにゃ失敬、タイアップしてる気がしますです。

    まあ大好きな「こうもり」やってくれたことだけは、嬉しかったですが(笑)

    まあこういう「品格は落ちるけどわかりやすい演奏会」を演出するには、ヤンソンスってのはうってつけでしょう。

    もっともヤンソンスはすごい指揮者ではあると思うんですよ(プロなんだから当たり前、とかそういう話ではなく、現役指揮者の中でも有数レベルっていうことで)。

    そのことは、昨年11月に行ったバイエルン放送響の演奏会でも十分わかりましたし。。

    なにげにワタクシ、ここ2年間で、ヤンソンスの演奏会に3度も行ってますし(←ファン?)、それなりに彼の音楽の美質と欠点は両方わかっているつもりです。

    実際、ココでワタクシ、ヤンソンスの演奏会を絶賛してたりもします(^^;)

    そして、今回はヤンソンスのマイナス面が露呈されない「アポロ的な曲」ばかりがうまく選ばれていまして、それはまあ良かったんじゃないかと思いました。

    ただ、これはいつもですが、
    NHKのスタジオの「ちょっと勘違いしたセレブ感」とか、
    楽友協会ホールの過度に華やかな装飾とか、
    しまいには会場に「電話がかかってくる」とかあざと過ぎる演出があると、

    ひがみっぽいワタクシは、

    ふん、勝手にやってろ~

    と途中で思ってしまったわけですが。。。
    でもまあこれはこれで一級のエンターテインメントだと思いますよ。

    近年一番よかった(とワタクシが思う)数年前のアーノンクール指揮のニューイヤーなんて、選曲も解釈も独自性ありすぎて一般受けしないだろうから、もしその年にNHK総合でやってたら数字取れなかったでしょうしね(今回が数字取れているのか、まったくナゾではありますが)。

    ちなみに今年の秋、ウィーンフィルはこのアーノンクールと一緒に来日します。

    「アポロ的」なヤンソンスと「ディオニソス的」なアーノンクール



    なかなか興味深い比較かもしれません。

    ちなみに、

    ・「アポロ的」というのは、建設的、創造的で、調和と秩序を重んじる健康的なタイプ

    ・「ディオニソス的」というのは、破壊的で感情的で、陶酔のあまり身を滅ぼしかねないような、デンジャラスな雰囲気を持っているタイプ

    だそうです。

    アーノンクールはたしか飛行機嫌いだったとかで、来日は絶望とか言われていた筈の人で、これは「奇跡の名コンサート」となる予感大ですよ♪
    スポンサーサイト


    レビュー | 22:16:43| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    レポート
    あけましておめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    タテラッツィさんが書いてくださった話音倶楽部レポート(12/10分)、研究所のHPに掲載されましたので、ぜひご覧くださいませ。

    今日のブログ、特に大作ですね~。
    この長さを書くのに、時間はどのくらいかかるのかしらん。
    2006-01-01 日 23:30:46 | URL | シルベス [編集]
    シルベス様
    こちらこそ、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

    レポートのお知らせ、ありがとうございます!
    いやはや、あんな拙いものが掲載されてしまい、恐縮至極なのですが・・・。
    でもせっかくなので、ここのブログからも紹介してみようと思います(どないやねん・・・)

    ブログは、今日は結構時間かかったかもですね。
    ニューイヤーコンサートの2部が始まったあたりでPCを立ち上げて、少しネットサーフィンしてから書きはじめたので、1時間は行かないけど、それに近いくらいかかってるかも。
    その時間を他に回した方が有意義な気もしますが、自分が何を考えているかの整理ができるし、書くことが好きになったし、まあいいですかね。。。
    2006-01-02 月 01:16:08 | URL | タテラッツィ [編集]
    今年もよろしくお願いします♪
    タテラッツィさん、新年おめでとうございます。
    コーギーちゃん!かわいいですね!
    新年早々癒されました。私も犬が大好きであります。

    「ニューイヤーコンサート」、私も見ていました。
    ラテ欄に「極上のワルツをおとそ気分で」とあったのには
    ちょっと笑ってしまいました。
    まあ、確かに私もそんな感覚で見ているのかも、です。
    12月に第九を聞いて年の瀬を実感するような…
    そんな日本人的感覚?

    タテラッツィさんの今年の抱負、興味深く読ませていただき
    刺激を受けました。STUDYは永遠のテーマですよね。
    私も中断しているバイオリンのレッスンを再開したいのですが
    先生を探すのに苦労しています。
    マンドチェロの先生の方が人数的にも少なくて大変そうですが、
    どうやって探すのですか?
    やはりオケに入っている方のつてとか、そういう形でしょうか?

    それでは本年もよろしくお願いいたします。
    2006-01-02 月 10:36:10 | URL | kisa [編集]
    kisa様
    kisaさん
    あけましておめでとうございます!

    「極上のワルツをおとそ気分で」
    ナイスキャッチフレーズじゃないですか(笑)
    いやー実際、自分も「第九」「紅白」「ニューイヤーコンサート」「箱根駅伝」そんな風物詩的なもので、初めて季節の移り変わりを実感することがありますね。

    STUDYはですね、自分は特に肝に銘じないとやらないですね。
    目の前に「就職」とか「受験」とか「単位」があれば、何とかにんじんを前にした馬のような状態になれるんですけど、そういうのが特にないけど自分のためにSTUDYしておく!ってのは、なかなか難しいですよね。

    マンドチェロは、1月2日の「追記」でご紹介させていただいた片岡先生という方に以前習っていたんです。
    先生のツテはマンドリンオケ関連でもありますし、楽器屋さん関係でもありますね。

    それでは、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします!

    2006-01-03 火 01:47:22 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。