■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    追記
    ↓を書いた後、いくつか変更したくなったので追記です。

    まず、もう昨年ですが12月10日に聴かせていただいた、片岡マンドリン研究所さんでの「話音倶楽部」コンサートの感想について原稿依頼をいただいたので、僭越ながら執筆させていただきまして、それがUPされたそうです。

    コチラです。

    なんだかここのブログと大差ない拙い文章で本当に恐縮なんですが・・・。
    今年の課題で「短くても丁寧な文章を書くこと」も入れておきましょうか(笑)


    それから、ニューイヤーコンサートに関するインタビュー記事らしきものをネット上で拾いました。かなり納得できる内容だったので↓にアップしておきます。

    それと、さきほどの投稿記事での採点「2点」はいくら何でも・・・と思い始めた(ネット上で探した限りでは、かなり好評を博しているようなので、少し日和ってみた^^;というだけでもありませんが)ので、「3点」に変更しますです。


    某国某誌のインタビュー(抜粋。半年くらい前) 相手:某楽団長

    -ヤンソンスを選んだ理由は?
    私の就任時にはアーノンクールが決まっていた。それ以降は毎年ムーティに打診している。
    しかしご存知のとおりムーティは若手にチャンスを与えようとしているので、その意を組んで
    委員会に掛けて有望な指揮者を選出している。ヤンソンスの美的感覚と我々の音楽は一致するだろう。
    しかもヤンソンスは洗練されている。この演奏会は全世界に中継されるのでそういう要素も大切だ。

    -アーノンクールやムーティと違い、ヤンソンスはシューベルトやモツもロクに演奏していないが?
    そこは我々の責任。問題はない。指揮者が演奏の全責任を負うという認識はない。

    -初登場の指揮者はポピュラーな曲ばかり取り上げるという傾向がある。
    それは指揮者に聞いてください。我々も何曲かはお願いしますが。

    -ヤンソンスとまだ長い関係ではないですが?
    そのとおりだ。93年にムーティが初めて振ったときも固かった。問題があれば改善されるだろう。

    -印象に残っているニューイヤーは?
    たくさんあるので話しきれません。97年に軽騎兵をやったとき、聴衆と一体になったすごい興奮があったのは
    鮮烈に覚えています。アーノンクールの衝撃も記憶に新しいです。

    -DGが毎年録音・録画していますが指揮者の決定権限は?
    すべてVPOの委員会にて決定され、レコード会社の意向は影響しませんし要求もありません。

    -2006年のヤンソンスとはどんな音楽になるのでしょう?
    それはマエストロに聞いてください。我々は我々の音楽をするように常に心がけています。
    スポンサーサイト


    日記 | 01:26:41| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。