■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    グレートなお正月
    【ただ今のBGM】
    交響曲第8(9)番「ザ・グレート」(シューベルト)

    スクロヴァチェフスキ指揮ミネアポリス交響楽団★★★★☆



    ベートーヴェンやブルックナーの全集で、歳を重ねるごとに評価が高まるスクロヴァチェフスキの壮年期の録音。ミネアポリス響の常任指揮者時代のもので、きちっとした構成感を持った確信に満ちた演奏が聴ける。

    ※ ↑自分のCDはカップリングが違って「未完成」ではなく「交響曲第6番」というマニアックな曲が収録されています。
    この曲の「ザ・グレート」っていう呼称の意味がよく誤解されているようですが、「偉大な」でも「長い」でもなく、「より大きい方の(the bigger one)」ということなのだそうで、じゃあ「短い方」とは何かと言いますと、この「交響曲第6番」で、つまりこの2曲、ともにハ長調なので、それでそういう名を付けたということだそうです。

    ※2 また、交響曲の番号が8(9)となっているのは、かつてこの曲は「9番」とされていたんですが、どうやら最近の研究でシューベルトには8曲しか交響曲がなく(それまで第7番とされていた曲が存在しないことが判明)、「8番」と変更されたということのようです。

    「正月っぽいクラシック」ってナンだろう?
    いや正確には「正月に聴きたくなるクラシック」ってナンだろう??

    そう考えた時に、「越天楽」(ある意味「クラシック」)とかJシュトラウスファミリーの音楽とか、いろいろ考えたのですが、最終的に「お正月」っぽいなーと思ったのが、以下の3つ。

    ・伊福部昭や芥川也寸志の音楽
    (「交響譚詩」(伊福部)、「交響3章」(芥川)など。マンドリン界で何故か?有名な「トリプティーク」はそんなに正月っぽい気もしませんが)

    ・ショスタコーヴィチの「通俗系」音楽
    (ジャズ組曲とかバレエ音楽「黄金時代」とか。交響曲で言えば「第九」にまつわるイメージへのアンチテーゼとして書いた軽妙洒脱な「9番」)

    そして、
    ・シューベルトの「ザ・グレート」

    で、他の2つはともかく、どうして「ザ・グレート」が正月のイメージなのか?

    と申しますと、

    この曲、シューマンが「天国的な長さ」と評していたように、普段聴こうとするとあまりに冗長な感じがする人が多いようで、ワタクシもその1人だったりします(一方で、「全てのクラシック音楽の中で一番好きな曲だ!」と言う人も結構いるようです)。

    もっとも「長い」と言っても時間的には、たかだか50分前後しか(?)ないので、ブルックナーやマーラー、そして数々の近現代音楽に比べれば、ぜーんぜんカワイイもんです。

    しかし、「ハ長調」という調性でシンプルなソナタ形式を取っていること、繰り返しが結構多いということがあるのでしょうか?
    とにかく聴いていると、この「アポロ的」な音楽、延々と奏でられ続けているように感じられるのです。

    でも「お正月」、中でも「寝正月」の身にこの「天国的な長さ」の「アポロ的音楽」は、不思議とずいぶんしっくり馴染みました。

    部屋でこれをかけっぱなしにして本でも読んでると、「天下泰平」なお正月を過ごしているな~、という幸福感に包まれたんですよ。

    というわけで、「天国的に長いお正月気分」を堪能したい方にはオススメの音楽です!

    演奏は、このスクロヴァチェフスキも良いのですが、ややテンポがサクサクして「天国的な長さ」を感じにくい面もあるので、このブログの趣旨に適した演奏となると、

    ・カール・ベーム指揮ウィーンフィル(1975年来日公演)(ドイツ・グラモフォン)

    あたりの方が良いかもしれません。
    (この演奏、某プロの先生が酷評されてましたが、ワタクシは大好きなのです)

    もっとも既に3日の深夜(毎日昼近くまで寝ていたので、困ったことに眠くならない^^;)なので、これお読みになった皆様で4日(あるいはもっと早くから)オシゴトの方は、来年にでもご活用くださいー。
    仕事が5日あるいはそれより後っていう方は、ぜひ4日にでもお試しください~。


    という話題が出たのでついでに。

    年々、「正月に働く人」が増えてません??

    もともと「年中無休」だったコンビニ等に加え、デパートや専門店なんかも今年は「1日から営業します」って所がより一層増えた気がします。

    それに昔はたしか、大晦日の夜も電車の運行は平常どおりだったのに、今、東京都内は大晦日の晩だけ終夜運転にしてません?(乗ったことないので、定かじゃないですが)

    外を歩いていても、気のせいか、開けてる店が多くなった気がしました。

    それから、年賀状が今年は1月2日も配達されてきてビックリしたのですが、もともと正月は休みなしの郵便局とは言え、労働量は確実に増え、それに従事する人員も増えている筈ですよね。

    となると、もともと休みじゃない警察・病院・消防など「人を守る関係」の仕事の方や、交通機関関係の方を含めて、

    まともに「正月休み」を取れていない人

    が、かなり多くなっているんだろうなーということが容易に推察されます。

    「うるさい、その代わり1月中旬以降の閑散期に代休取れるから問題ないんじゃー!」

    とか、

    「うるさい、オレは3度のメシより仕事が好きだからノープロブレムなんじゃー!」

    とか、いろいろあるかもしれませんが、おそらくそれはマジョリティ(多数派)ではなく、かなりの人たちが、

    「やれやれ」

    と思ってるんじゃないか?とまことに勝手きままなお節介ながら、そう思わざるを得ないのです。

    (この「やれやれ」は村上春樹がよく使うような俯瞰的なもんじゃなく、もっと生身の肉体が何かに抉り取られるような皮膚感覚のある「やれやれ」ではないですかと推察)

    欧州では、クリスマスの25日は、ほぼ全ての小売店が閉まるだけでなく、地下鉄・バス・タクシーも含めたほぼ全ての交通機関が動かなくなると聞いたことがあります(それを聞いて、自分はクリスマスの訪欧をとりやめたことがあるので)。

    概ねの意識としては「欧州のクリスマス=日本の正月」という感じでしょうから、本来日本人もそれくらいの心のゆとりがあっても良いのです。

    でも、それは何よりも日本人自体が望んでいないんですね。

    大抵の場合、正月に仕事することを「やれやれ」と思っていながら、「社会的・公共的には止むを得ないことだ」くらいに考えているんだと思います。

    それは企業体の内部においてもそういう論理があるのでしょうが、そういう思考が生まれる直接の原因は、消費者側にあるんだと思います。

    消費者が、

    「いまどき正月閉めちゃうの~??サービス悪ぅ~!!」

    って思ってるから、そういうニーズに応えるために、そして競争に勝つためには、サービス供給者の側も仕方なく営業せざるを得なくなってしまう。

    たぶん欧州では消費者が「うーん、ちょっと不便だなー」くらいには感じても、「サービス供給者側にも『休む権利』がある」という意識が浸透しているんだと思います。

    ドイツではたしか、法律上、日曜日はほとんどデパートなどが営業できない(「夕方以降営業不可」だったかも)んですが、それで不便だ!とかって文句言ってたのは、ブランドのみやげ品目当てで街を徘徊していた短期滞在の日本人旅行客くらいのものだったように思います。

    よく「日本人は金はあっても心が貧しい」とか言われますが、自分は日本人の中に上記のような心性が残っている限りは、あまり抜本的な改善はされないんだろうなー、と思います。

    勘違いしてほしくないのは、ワタクシ、お正月休みがなかった方に、

    「ふん、働き蜂め。ご苦労なこった。」

    とかわけのわからんイヤミを言いたいわけではなく、こうした現象が起きている潜在的な原因をあぶりだしてみたかったんです。
    こういうことが、大した疑問提起もされずに社会的に許容されていることに、違和感を感じたんですよね。

    むしろ自分は、「何かしらの目的意識の元に」どんな苦労も厭わずに仕事してる人って、素晴らしいと思いますよ。
    もっとも「一人部屋」様が最近話題にされてましたが、自分もここで「その先に何があるのかわからないまま」「目的意識もなく漫然と」頑張ってる人がいるとしたら、それは大いに疑問なのですが。。。

    ただ、ここで今書いてみたのは、諸所の問題のほんの一側面に過ぎないでしょう。ちゃんと把握しようと思ったら、まだまだ多角的に分析しないといけないことがたくさんあるはずです(それだけで社会学の卒論が書けそうです)。

    まあ自分は差し当たり、「正月にザ・グレートを聴こう」という運動でも起こして、日本の正月をマッタリさせる啓発活動を行うこととしますか・・・。
    スポンサーサイト


    時事 | 01:46:14| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。