■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    仕事始め
    1月4日、仕事始め。

    まだ電車はかなり空いてましたね。
    最近は5日から仕事って人の方が多いのでしょうか。
    ってことは、「働き蜂」(昨日のブログ参照)は自分の方かいな。。。

    いやしかし、正月にだらけ過ぎてしまい、今日はカラダがキツかったっす。
    この「ダルさ」は「病気」とはぜーんぜん関係ないす。
    強いて言うなれば、【怠け病】という病気かも。


    【ただ今のBGM】
    斉藤和義 Golden Delicious



    デビュー作「僕の見たビートルズはTVの中」をはじめ,「君の顔が好きだ」などシングルを中心にしたベスト。最近,音楽傾向がますます地味化している彼だが,こうして並べてみるとロック色全開の彼もなかなかいいなとしみじみ思う。

    現役で活躍しているロック&ポップ系のミュージシャンをこのブログで紹介するのは、極めて稀かもですね。
    でもポップスにも好きなのはありますよ。

    クラシックの場合、録音とライブのギャップが大きい演奏家が多いんです。ライブを聴いた演奏家なら、その時の音作りの記憶が耳に残るので、それを頼りにバランスの悪い録音なんかも聴くことができたりしますが、ライブで聴いたことない演奏家だと、録音のバランスが悪かろうとナンだろうと、そのCDで聴いた演奏の印象が全てになってしまい、あとでライブを聴く機会ができて、「あれ、こんな音楽やる人だったの?」なんてこともよくあります。

    ロック&ポップについては、そこらへんがどうなのか、自分にはよくわからないです。
    アンプラグド以外は、アンプから出てくる音がでかすぎて「あーうるせぇ!」とは思いますけど(苦笑)

    この斉藤和義については、実は生で聴いたことがあるんですね。
    自分が人生で行ったことのある、たった一度のロックフェスタで歌ってたんです。
    で、その時の印象はというと、「味わい深い歌い手さん」でした。

    CDでもその印象は変わらないですね。

    アコースティックサウンドが気持ちいいし、歌声も素朴な感じで好感が持てるし、何より歌詞がいいですね。
    スポンサーサイト


    一日一曲 | 01:58:57| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。