■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    モーツァルトに眠り薬を・・・
    おかげさまでワタクシのこのブログ、まもなく4万HIT。

    いつもいつもチラシのウラにでも書いてれば良さそうな世迷言ばかりをグダグダと書いているこのブログにお立ち寄りくださっている皆様、本当にありがとうございます~m(_ _)m

    記念いたしまして、「4万ジャスト」を踏まれた方に、ビッグな?プレゼントを贈呈したいと思います~。

    選択制で、

    1)1月15日の「マンドリン合奏コンクール」へご招待!
    (そんなこと公言しちゃって良いのだろうか・・・。「ご招待枠」がちゃんとあるので、きっと大丈夫でしょう・・・?)

    2)CD2点(ともに超名盤)プレゼント!

    【CDその1】ブラームス/モーツァルト:クラリネット五重奏曲
    (ウィーンコンツェルトハウス四重奏団。クラリネット:ウラッハ)



    【CDその2】ショスタコーヴィチ:交響曲第7・8番
    (ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立文化省管弦楽団)

    こちらの演奏についてはこのサイト様が詳しいです。

    上記2点いずれも、気に入らなくて手放すわけではなく、後になって「全集」を買ってしまったりして、重複しちゃったんですね。
    というわけで手放しますです。

    というわけで、「4万」を踏まれた方(1月6日中に出ると思います)はぜひ、このブログのコメントか、あるいはtatecchoあっとまーくヤフーのメールまでご連絡ください!

    なお、ワタクシと面識のない方や、遠方の方、しばらくお会いする予定がない方の場合、商品は発送を以って替えさせていただきます~。

    年賀状について今、アンケートを取らせていただいておりますが、実は懺悔しなくてはいけないことが・・・。

    ワタクシ、現時点でたったの1枚も年賀状を発送できておりません・・・

    そんな自分のために、思いのほか多く(でもないですが)の方から年賀状を送っていただきまして、その中にはこのブログを読んでくださっている方もいらっしゃる関係上、

    「やい、てめー、ブログなんか書いてる暇あったら年賀状の返事とっととよこしやがれ、馬鹿」

    って言われる前に、頑張って明日には一括発送したいと思います。

    ですので、今日は早めにブログは終了させましょう・・・。
    と言って既に長いですが、、、


    話は全く飛ぶのですが、HISの「初夢フェア」って、信じられない価格で航空券出してますね。

    休みが取れるもんなら、すぐさまパリかロンドンにでも行きたくなります。

    だって、、、、

    パリまたはロンドン直行便往復33000円

    ってありえんでしょう・・・。

    パリだったらホテルなんか1泊2000円台のユースホステルにして、食事はどのみち食事制限中の身なのでほとんどぜーんぶ自炊か持参にすれば、もし滞在中毎日【昼間は美術館・夜はコンサート通い】を繰り返しても、「1週間で8万」で全経費を捻出することも可能と言えば可能。

    こうなったらもうクビとまでは言いませんが、もう有給休暇がほとんどない中でこんなことすると、職場で完全に「切られる&嫌われる&呆れられる」のは確実ですが、その覚悟で海外行っちゃいましょうか(笑)

    というのは、どだいムリな話で、仕方ないので今日たまたまCD-Rを発掘した3年前のウズベキスタン旅行時に撮った写真を↓アップしておきます。
    (以前、この時の旅行記をMSNのサービスでウェブ化してたんですが、誰もアクセスしなくて、「有効期限切れ」になってしまい、削除されてしまいました・・・)

    20060106013111.jpg


    20060106013208.jpg


    20060106022013.jpg



    旅の醍醐味の1つは、現地の人とのふれ合い(だから最近は、発展途上国の方が楽しい)。
    中でも世界の子供たちの笑顔を見ていると、人種同士で憎みあったりとか、そういうことがいかにくだらないか、思い知らされます。
    ウズベキスタンは現在、あまり良い政治体制下に置かれているとは言えません(大統領の悪口を言ったら秘密警察が飛んでくるような国ですから・・・)が、このコたちが大人になる頃には、少しは良い国になってるといいな、と思います。


    【ただ今のBGM】
    モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」★★★☆☆
    (ラトル指揮ベルリンフィル)
    2005年12月31日ジルベスターコンサートのTV録画より

    今年は今さら言うまでもなく(?)「モーツァルトイヤー」(ワタクシとしては、「ショスタコーヴィチイヤー」ということも強調したいっす)。

    というわけで、東京でもベルリンでも、そしてウィーンでさえも「ジルベスター」とか「ニューイヤー」といった類の催しではモーツァルトが演奏されました。

    今年のGWの「ラ・フォルネ・ジャポン」(熱狂の日音楽祭)は、モーツァルト特集だそうです(まもなくチケット発売ですね♪)し、ここ数年、特にモーツァルトを集中的に聴きたい!って気分になったことは一度もないワタクシですが、まあそこまで天邪鬼になることもなかろうということで、一応ブームに乗っかってみます。

    しかし、自分、モーツァルトに関しては1つトラウマがありまして、それは、





    モーツァルトを聴くと眠れなくなる





    というものです。
    うーん、わけわかめですね。。。

    大学生の時に「交響曲第25番」っていう短調の交響曲を真夜中に聴いて眠れなくなったことがあり、その後も「クラリネット協奏曲」とか「フルートとハープのための協奏曲」といった曲でも同じことが繰り返され、ついには、自分は、






    コーヒーを飲まない時間帯にはモーツァルトも聴かない





    というワケのわからん不文律を作ってしまったのでした。

    ちなみにモーツァルトの音楽でワタクシの好きな曲ベスト5と言えば、

    ・フルートとハープのための協奏曲
    ・ピアノ協奏曲第20番
    ・ピアノ協奏曲第27番
    ・交響曲第41番「ジュピター」(特に第4楽章)
    ・交響曲第38番「プラハ」

    選曲がベタですね・・・。

    なにせ「ピアノソナタ」も「ピアノ協奏曲」も「交響曲」も、一部の曲しかCDで持ってないし、オペラも「魔笛」と「ドン・ジョバンニ」と「コジファントゥッテ」くらいしか観てない(「フィガロの結婚」でさえ観てない)。

    「ピアノソナタ」はピリスあたりが弾く全集、安いみたいだし、近々買いたいんですけどね~。

    で、2006年モーツァルトイヤーに当たり、極私的モーツァルトに関する目標として、






    モーツァルトを聴きながら眠れるようになる!





    を立てました。

    果たして試金石となる今晩、この「プラハ」で眠れるかどうか・・・?

    上記のベスト5にも入れたように、この「プラハ」はかなり好きな曲です。
    マンドリン合奏で大学時代にやったこともあります(無茶?)。
    その時、「ステマネ」的な運営畑のことをコンサートでやっていたので、この曲にはそういう点での思い入れもありますね。

    というわけで、きっと眠れるでしょう!!

    それではおやすみなさい~zzz

    (あ、そういえば年賀状書くんだった・・・・)
    スポンサーサイト


    日記 | 02:14:01| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。