■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    演奏会1か月前の区切り
    東京都心ではほぼ雪は消えてしまった感じですが、我が家の方@千葉県ではまだまだ先週の雪がこんなに↓

    060126_0816~0001.jpg


    道端もアイスバーン状態で、歩いていて危ないです。

    060126_0817~0001.jpg


    本当に今年は寒い。

    モスクワでマイナス30度を下回ったって聞いてビックリしてたら、ポーランドのワルシャワやドイツのバイエルン州でもそんな気温だった日があったらしく、さらにビックリ。

    ロシアじゃサーカスの象にウォッカ飲ませて寒さをしのいでいるらしいです。

    自分がアルメニアに行った時に少しだけお世話になったこちらのページ様(不思議な、不思議なアルメニア共和国)では、石油がなくなってしまうと寒さをしのぐためにやはりウォッカを飲むくらいしか手段がなくなってしまう、というようなことが書かれていました。
    (ちなみに上記のサイト、かなり面白いので、ぜひ読んでみてください~)

    日本の関東地方はそこまでではないけど、やっぱりいつもよりは寒い気がします。
    新聞で、サル山のサルが抱き合って寒さをしのいでいる写真を見ました。例年よりもそういう光景をよく見る、とはその動物園の飼育係の方の弁。

    というわけで、自分も風邪&インフルエンザ対策は、ちょっと神経質なくらい慎重にやっています。

    詳しくは、一日一善-健康管理編-をドゾ~。


    マンドリンオケ“未完成』の演奏会まで残るは1か月となりました。

    最近の自分にとってこの「演奏会前1か月」というのは非常に大きな意味を持っています。

    大きな演奏会が年3~4コ。
    部内演奏会的なもの、結婚式などの出張演奏などが年に2~3コ。


    ここ数年の自分の演奏会出演ペースです。
    そんなペースでやっていますので、演奏会の2か月も3か月も前からあまり熱くなりすぎると、一年中ぜーぜー言う羽目になってしまいます。そのため、ある程度メリハリをつけなければならない面があります。

    もちろん、ド素人アマチュアの自分が演奏会の準備全てを1か月やそこらで終えられる筈はないので、その前にある程度の準備は着々と進めておく必要はありますが、

    「目先の演奏会に向けて全力モード」

    に入るのは、通常自分は1か月前からです。

    というわけなので、2月26日(日)のマンドリンオケ“未完成』については、今日から全力モード宣言です!

    と言っても具体的に何やるんでしょう??

    ・個人練習、譜読み
    これはまあ当たり前っちゃ当たり前ですね。

    ・はちみつ通信
    自分、この“未完成』である役職に就いています。

    その名称が「はちみつ会長」っていうんです(笑)

    この可愛らしいネーミングのお仕事、何をする役職か?といいますと、

    「選曲会議の運営・取りまとめ、その他演奏面に関する各種マネージメントの総括」

    といった感じです。

    こうして書いてみるとそれなりに格好もつく感じですが、実際は自分から主体的に動かないと、あまりやることもなく、干された感すらある役職だったりもします(苦笑)

    演奏会の前に、出演メンバーにその会の選曲趣旨を理解してもらうことって非常に重要なのかな、と思います。
    モチベーションアップにもなるでしょう。

    そこで自分はここ数年、演奏会直前になると、“未完成』のメーリングリスト向けに「はちみつ通信」なる連載を投稿しております。

    内容は、

    その演奏会で演奏される曲目についての解説

    です。

    これは“未完成』に限ったことではありませんが、演奏会当日、お客さんに配られるプログラムに書いてある文章の内容を、肝心の演奏者自身がロクに知らないまま演奏している、っていうケースが、実に多いんですね。

    で、そういうのは、たとえ音符上は弾けてたとしても、絶対にどこかしらで弊害があるんじゃないの?っていう考えをワタクシは持っておりまして、そこで始めた連載がこの「はちみつ通信」なんですね。

    演奏会1か月前を切りましたし、そろそろ今年も「はちみつ通信」の季節です。
    “未完成』の皆様は心して待っていてくだしゃ~い。

    ちなみに“未完成』では、

    音楽面の会議を、「はちみつ会」と呼び、
    運営面の会議を、「りんご会」と呼びます。

    そして、全てに渡る重要な会議は、そうです!

    はちみつ+りんご=バーモント会

    というわけで、バーモント会といいます。

    って、この組織機構について、マジメに外部の人向けに説明したの初めてですが、もしかして、かなりイタい楽団だと思われてないかしらん??(笑)

    しかし、このチャーミングさこそが、この楽団の魅力だったりします。
    (これはマジメにそう思います)

    さて実は今日、新橋のインドネシア料理店において、“未完成』の演奏曲目の1つ、「アルルの女」の演出について話し合いをしてきました。

    インドネシアラヤ

    060126_1958~0001.jpg


    オープンより48年の歴史を持つ日本で一番古い
    インドネシア料理店です。
    ◆より多くの方に楽しんで頂くため、いっそう美味しい味に仕上げました。
     お値段も良心的。
    ◆調理するのは本国から招いたプロの料理人。
     スパイスもとことんこだわってインドネシアから直輸入しています。
    ◆家具や小物はもちろん、壁・床などの建材までインドネシアから直輸入。
     貴重な骨董品を多数陳列。
    ◆お望みならインドネシア語の上達に。まずは初級編から。
     「スラマットダタン!!(いらっしゃいませ!!)」
    ⇒テレビでも話題に!!
     TBS「チューボーですよ」でたびたび紹介されている当店自慢の
           「ナシゴレン(インドネシア焼飯)」は特にオススメ。
            一度食べたらゼッタイ病みつきになる味ですよ!!


    というわけで(どーいうわけ?)

    【ただ今のBGM】
    劇音楽「アルルの女」より「パストラル」

    「アルルの女」と言えば、通常は第一組曲と第二組曲の2つから成る組曲版が有名(というか、ほとんどの人は組曲版しか知らない?)

    しかし今回、“未完成』では「劇音楽版」を使います。
    元々、「アルルの女」は戯曲なんですが、それを元にした劇音楽がちゃんとあるんですね。
    と言っても、旋律なんかは、かなり組曲と共通するのですが、音の鳴り方なんかは結構違う部分もあります。

    そして今回はこれにちょっとした演出を加える予定です。

    その「演出」の中身についての打ち合わせだったんですね、今日は。

    平日夜からマンドリンの打ち合わせって、なかなか熱いですねぇ(^^;)

    自分の記憶でもこれまでそうそうなかったことです。

    みんな仕事も忙しいですしね。

    自分は今、1月って1年の中でも一番仕事はラクチンな時期なので、まったく構わなかったんですけどねえ。

    それにしましても、先日も書いたのですが、今、自分はマンドリン関連で3つ、大きな問題を抱えています。

    内訳は、

    ・“未完成』で1件
    ・リベルテで1件
    ・les Cinqで1件

    です。

    “未完成』では先週くらいからいろいろ論争が内部でありまして、自分はその渦中も渦中、ど真ん中にいました。

    で、ここ数日、いろんな人と話をしました。ブログには書きませんでしたが、ある人とは「サシ」で終電なくなるまで呑んだりもしました。

    詳細については、ブログで公表できるようなものではないので控えますが、ほぼこの問題が解決した今になって強く感じるのは、「日本人の非公式コミュニケーションの重要性」みたいなものです。
    先日講演会で聞いた二宮清純氏も言ってましたが、「組織の崩壊は、たいていの場合、コミュニケーション不足から始まる」ということを痛感しました。
    というわけで、最近は寝不足覚悟でかなりいろんな人とコミュニケーションを取ってきましたが、それはそれでかなり意義はあったかな、と思います。

    そして2点目はリベルテの問題。
    リベルテでは今、自分が主導させてもらっている1つのプロジェクト(ってほどでもないですが)があります。

    それが実現できるかどうか、今、ギリギリのところにありまして、まあ単純ですが、それでいろいろ動いている状況です。

    3点目はles Cinq。
    昨年の12月、あれだけ(?)毎日ブログ上で騒いでたクセに、その後まったく鳴りを潜めているのには、実は理由がありまして。

    いま、les Cinqは・・・と申しますと、実は、何もしておりません!(笑)
    そして今後の活動も全く決まっておりません。

    les Cinqにも実はメーリングリストなるものが生意気にもあります(たった5人なのに)。

    でもこのメーリングリスト、過去1か月の投稿は全てスパムメールという有り様(笑)

    その理由はまもなく明らかに、、、なるかならないか、どうでしょうか?(なんなんだ)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:04:49| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。