■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    退院しました
    【ただ今のBGM】
    オネゲル:オラトリオ「火刑台上のジャンヌ・ダルク」

    小澤征爾指揮フランス国立放送交響楽団


    とりあえず退院しました。

    明日からまた仕事復帰予定なので、今晩は簡潔に。

    【昨日の「寛解」についての続報】

    どうも、「寛解」は言いすぎなんじゃないかという気が(その担当医からしか言われてないし、、)。

    昨日のワタクシの尿たんぱくは0、44g/dayだそうで、たしかにコンスタントに1、5g/dayほど出ていた半年前とは雲泥の差ではありますが、自分のイメージで「寛解」って言ったら、それこそ0、1g未満とかっていう状態になって初めて出てくる話だと思っていたので、ナンだかちょっと不安です。

    もちろん、今後も食事制限も運動制限も正式に緩和もされてないし、服用する薬も同様のまま。

    というわけで、まったくもって油断はできないですねえ。


    【入院中に読んだ本】
    1)クーリエ・ジャポン最新号(隔週発行の雑誌)
    2)ショスタコーヴィチ(作曲家◎人と作品シリーズ)(千葉潤・音楽之友社)
    3)オシムの言葉(木村元彦・集英社):途中まで
    4)クラシック千夜一夜(宮城谷昌光・集英社新書)
    5)近代・現代フランス音楽入門(磯田健一郎・音楽之友社)
    6)現代音楽小史-ドビュッシーからブーレーズまで-(ポール・グリフィス・音楽之友社)

    なんか、音楽本ばっかりですねえ・・・。

    4と5は演奏会の予習です。
    特に、4!これですね、千夜一夜とか言ってる割には、わずか10曲だけしか取り上げてない本なんですが、そのうち2曲を、今度マンドリンオケ“未完成』で取り上げる「アルルの女」と「プロヴァンス組曲」で占めております。
    というわけで、集英社新書ですから、そこらへんの小さい本屋さんでも入手可能だと思いますし、“未完成』の皆様は、必読ですよ~!

    オシムの本はまだ途中ですが、面白いですねえ。
    オシムって誰か?っていいますと、サッカーJ1ジェフ千葉の監督です。
    そしてかつては旧ユーゴスラヴィア代表チームを率いて1990円のW杯をベスト8に導いた名将でもあります。

    彼のシニカルな発言がしばしば注目を浴びていることは知ってましたが、いやー、すごいですね。
    厳しい環境で生きてきた人ならではの保身術でもあり、また同時に「モノ申す」技術でもあるんですね。

    先日、某マンドリンオケ“未完成』代表と、

    「オシムとショスタコーヴィチって似てない?」

    って話で盛り上がったのですが、ほとんど誰も賛同してくれない・・・。

    惜しむらくは(って駄洒落じゃないですが)、

    【オシムとショスタコを両方知ってる人がほとんどいない】

    ことですね・・・。

    もっとも自分もオシムのことはさほど知らない(1990年のW杯ユーゴ代表は、なにげにリアルタイムで観てましたが、監督のことなんてノーマークでした)ですが。

    考えてみたら、自分と同じ千葉でやってるわけですよ。
    こんなすごい人が!

    今までジェフを応援してこなかった自分がなんとももったいなく感じられ始めております。

    千葉だからって、野球は絶対「虎」なワタクシですが、サッカーはイッキにジェフサポになりそうな勢いの今日この頃です。

    今年はフクアリっていう素晴らしいスタジアムもできたことだし、ぜひ競技場に行こうと思ってます!


    【熱狂の日】

    昨日、「熱狂の日 音楽祭2006」ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン
    のチケットが一般発売されました。

    自分はケータイを駆使し、プレオーダー分と合わせて計14公演もゲットしてしまいました(汗)。
    いくら安いからってねえ。
    今年のモーツァルト生誕250周年については、かなり冷淡に行く予定でしたが、このGWだけはわずか4日で14公演(実はさらに別でもう1公演聴く予定あり)!

    しかし、自分のお気に入りピアニスト、児玉桃さんの公演は取れず仕舞い。。。

    その代わり?

    ・室内オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」(これ、超プレミアムチケットです)
    ・コルボの「ミサ曲」(先日、コルボもレクイエムとご紹介しましたが、間違いでした、すみません)
    ・カリユステの「レクイエム」
    ・古典四重奏団
    ・イザイ弦楽四重奏団の「ハイドンセット」3公演全部!

    といったあたりをゲットいたしました。

    もうとにかく取れるだけ取ってしまったので、後で「キツイ」と思ったらオークションかどっかで売ってしまうかもしれませんが・・・。
    スポンサーサイト


    健康 | 00:49:38| Trackback(0)| Comments(6)
    コメント
    おかえりっ!
    はやいねぇ。そして月曜から仕事ですか、すばらしぃ。ゥルゥル。

    ふらつきとかないですか?
    会社で風邪もらってこないようにくれぐれも気をつけてね。

    シャントは、右利きの人はほとんど左です。
    ひじにかばんをかけたり、重いものを持ったりできなくなるくらいなので、楽器は大丈夫ですよ。
    私もピアノやってるし、一応。。

    しかし、前にも「シャントがあるとトランペットふけますか」とか「バイオリン弾けますか」とか質問されたことがあって、同じ人かなと思ったんだけど、違う人みたいでした。

    なぜか、シャントがあると楽器ができなくなると思ってしまう人って多いのかもしれませんね。


    2006-02-06 月 10:01:16 | URL | レナ [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006-02-06 月 23:20:44 | | [編集]
    レナさん
    レナさん

    こんちは。
    ふらつき、ありますよー。
    でも本文で書いたように、研修だったので、まあ話聞いてるだけでよく、何とかなりました(笑)

    楽器はそうだよね。。。いや、大丈夫だろうと思ったけど、万一!って思ったもので(^^;)
    安心しました。
    2006-02-07 火 02:26:26 | URL | タテラッツィ [編集]
    匿名コメントの方へ
    こんばんは。

    いただいたお話、検討してみます。いや、正確には既に検討していました。というわけでお楽しみに~。

    それでは。
    2006-02-07 火 02:28:20 | URL | タテラッツィ [編集]
    トラックバック送ったのですが
    同じ曲について触れられていたので、トラックバックを送ってみたのですが、うまく行かないので、コメントに書かせていただきました。失礼しました。
    2006-02-07 火 09:21:23 | URL | アマデイの小僧 [編集]
    アマデイの小僧様
    ご無沙汰しております。

    「火刑台上のジャンヌダルク」は、お察しのとおり(?)9日に行く予定です~。

    リハーサルご覧になったんですね。

    どうも物語も音楽もかなり壮大複雑なもののようで、そのリハはさぞかしすごかったでしょうねー。
    2006-02-08 水 07:33:42 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。