■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    マンドリン流通革命
    【ただ今のBGM】
    ミヨー:バレエ音楽「世界の創造」

    レナード・バーンスタイン指揮フランス国立管弦楽団




    南米音楽や黒人の舞踏の語法(ジャズではない)を取り入れたダリウス・ミヨーの意欲作。
    思わせぶりな深遠な表情などは何もない、その代わりミヨーの音楽に広がるもの、それは、華麗なリズムと現代性を表す不協和音の競演なのです。


    リンク先に、

    福岡教育大学マンドリンクラブOB会」様

    を追加いたしました!!

    ↑のサイトへ以前お邪魔したことがありまして、その後、1月にありましたマンドリン合奏コンクールの時に、「福岡マンドリンオーケストラ」さんのメンバーのうち、↑の大学関係の方々とは特に親しくさせていただきまして、その後、リンク先のフォーラムへお邪魔したりしている次第です。


    おかテリ様が昨日くらいの「新記」で必要性を説いてらっしゃったことに自分も大賛成なのでありますが、マンドリンの楽団をまたいだ相互交流は絶対やった方がいいですよね。
    福岡の方々と知り合い、いろいろ情報交換したりするなんて、ネットバンザイであります(^^;)

    もっとも、おかテリさんがずいぶん危惧されていたように、自分も、まだまだマンドリン界は閉鎖的なのかなぁと思います。
    いや、「マンドリン界」なんてコトバはよしましょう。
    ワタクシ、「マンドリン界」の何を知ってる事情通でもありませんゆえ。
    言い換えまして、「自分の知ってる範囲」としておきましょうか。

    まあとにかくマンドリンやってて、初対面の人ととりあえず話をしていても、

    「○△さん知ってる?」

    「あー□×楽団の。あの人、面白いよね。トレモロきれいだし。」

    みたいなのが話のとっかかりになりやすかったりします。

    いわば「知り合い」か「知り合いの知り合い」ばかりでできあがっている世界(後述するmixiみたいですな)。

    今はこれでもインターネットの効能により、少しはそういうこともしやすくなってきたんだとは思いますが。

    もっと言うとこれは、「マンドリン界」でも「自分の知ってる範囲」でもなく、正しくは「日本人の群れたがる性向」が原因なんでしょうね。

    ほら、仕事とかだって、年次を重ねれば重ねるほど、「社内しか友達いない人」って多くなってきませんか?

    自分の場合はマンドリン・職場に限ったことではないですが、以前からの友人・知人、出身校の仲間、同郷の仲間、同期、同じ部署、そこだけで固まってワイワイってんじゃ、物足りないんですね。

    だって、

    「世界のどこかに自分とすごくわかりあえる人がいるかもしれない!」

    んですよ。

    そう思ったら、そんな狭い世界でたまたま出会った人としか群れないなんて、そんなもったいない人生は過ごせません。

    まー、自分もそこまで尖がれるワケでもないし、群れるのも、それはそれで楽しいのですけどね。

    これももしかすると、ネットの「功罪」の側面の話、「バーチャルの世界でのみ出会いを求める傾向が良くないんだ、うんぬん」とかそういう方面にもつながってきちゃう話なのかもしれません。

    でも、このコミュニケーションのあり方の広域化という流れも、恐らくは好もうが好むまいが、止まることはないでしょう。
    どっかの社長がタイーホされたくらいで止まる時代の流れではありません。

    インフルエンザが1月以降に急速に流行するのは、年末年始に帰省や旅行などで大規模な人の移動があって、そのせいでウイルスが遠方に撒き散らされるからだ、という説があるそうです。

    人間関係のあり方なんかを取ってみても、飛行機の時代になって初めて、これだけ国際結婚が増えたらしい(島国の日本的な発想ではありますが)。

    そして、IT時代は、「知り合い」という壁を壊します。
    2ちゃんねるなんか、その際たるものでしょう。

    まあそこまで行かなくとも、ネットで眺めて「面白そうだな」と思った楽団にメールして練習見学にしたり、演奏会を聴きに行くことは容易にできるわけです。

    一方で、ネット界ではその反動?とおぼしき流れもあるようです。

    例えば、mixiというコミュニケーションツール。

    これは知り合いの紹介がなければ、会員にさえなることができないインターネットサービスです。

    ※ワタクシは、すみませんがちょっとしたある考えによりまして、誰もここへ紹介する気がないので、ワタクシへの「紹介依頼」はどうかご遠慮くださいませm(_ _)m

    このツール内で人を検索していくと、発見した人について、自分の「マイミク」と呼ばれる「仲間」に登録することができます。

    ただし、そこには、

    「○△さんと直接の友人・知人の場合、マイミクシィ一覧に追加しましょう!」

    という断り書きがあります。

    つまり、ここでは「現実世界の知人がツール内での知り合いでもある」というのが基本原則らしいのです(実際の運用ではぜんぜん違うことになってるようですが)。

    不特定多数とのコミュニケートを旨とするネット世界においても、たしかに「閉じたツール」っていうのはあります。

    メーリングリスト

    とかもそうでしょうし、

    メンバー専用HP

    なんてのも、結構多いです。

    しかし、このmixiのようなサイズ(100万人規模)での閉じた集まりというのは、ある意味独特。

    というわけで、ワタクシ、まずはこのツールについての「形状」だとかそういう所に最初の関心が向かったのでありますが、今はなんだかんだ言っても、趣味的なコミュニティの多さ(かつて90年代のニフティのフォーラムってのは、こんな感じだったのでしょうかね?)にはかなり満足していたりもしますです。

    と思い切り話が飛びましたが、今日の結論は、

    マンドリン楽団相互でレンタル移籍制度を創設しませんこと!?

    です(おかテリさんへの賛意表明)。


    スポンサーサイト


    日記 | 02:39:29| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。