■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    観たい映画
    【ただ今のBGM】

    「くるみ割り人形」より「花のワルツ」

    リベルテマンドリンアンサンブル


    「おいおい何だよ、自分とこの演奏かよ・・・」

    との声が聴こえてきそうですが、これには理由が。

    明日、2月11日にちょっとした出張演奏で三たび(四たび?)「くるみ割り」を弾く機会がやってきた次第。

    合奏コンクールから、はや1か月近く。

    この間は、

    “未完成』の今月26日の演奏会に向けての準備があり~の、

    また個人的には入院というイベントもあり~の

    で、ちょい忘れかけの「くるみ割り」を、明日のために呼び起こす必要があったわけです。

    今日はかなり久々に、ある程度まとまった時間、楽器練習を平日にやりましたね~。

    ちなみに今週末は、

    土曜日がそのイベントで
    日曜日はマンドリンオケ“未完成』の合奏練習

    です。

    先週末は入院でした。

    来週は“未完成』のいよいよ追い込み!ってことで土日ともに練習です。

    そして再来週は土曜日が練習、日曜日が本番。

    いま、「観たい映画」があったりするんですけどね、けっきょく南極、大冒険(じゃなかった、誰も知らないか。。)、ええと、結局、土日は映画行くのはほぼムリですね。

    こうなったら平日行くしかないですが、平日のレイトショーなんて観たら、まず途中で舟漕ぎそう・・・(平日コンサートってのはしょっちゅうな自分も、平日映画ってほとんど経験ナッシングです、そういえば)。


    【今、観たい映画(公開中、あるいは今後公開予定・公開未定^^;)】

    シリアスorシニカルな映画ばかりでスミマセンです。
    これが良くも悪くも、今の自分の嗜好であり志向であります。
    まーもともとドキュメンタリー好きなのですよ。


    第1位 美しき運命の傷跡(2006年春公開予定)

    監督 ダニス・タノヴィッチ(「ノー・マンズ・ランド」)
    出演 エマニュエル・ベアール、カリン・ヴィアール、マリー・ジラン、
    キャロル・ブーケ


    「トリコロール」「デカローグ」を送り出したキェシロフスキ監督が生前残していたダンテの「神曲」にまつわる三部作の脚本からは、既に【天国】に当たる「ヘヴン」が映画化されているが、今度は【地獄編】(HELL)ということらしい。主演はベアール。

    第2位 ホテルルワンダ(公開中)

    2004年 カナダ・イギリス・イタリア・南アフリカ合作

    監督・製作・脚本:テリー・ジョージ
    主演:ドン・チードル


    1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリカ、ヨーロッパ、そして国連までもが「第三世界の出来事」としてこの悲劇を黙殺する中、ひとりの男性の良心と勇気が、殺されゆく運命にあった1200人の命を救う。

    第3位 太陽(2007年春公開?)

    2005年 ロシア
    監督:アレクサンドル・ソクーロフ
    出演:イッセー尾形 桃井かおり 佐野史郎 Robert Dawson他


    アレクサンドル・ソクーロフ監督が、ヒトラーやレーニンを描いてきた3部作「20世紀の権力者」のひとつとして、これまで誰も描いて来なかった昭和天皇をテーマに据えた作品。日本からはイッセー尾形、桃井かおり、佐野史郎らが参加。

    何と言っても「昭和天皇」という日本史最大のタブーを扱った映画だけに、公開に対する「軍艦マーチ系」の方々の妨害もすさまじいものがあるようで、果たして観ることはできるのか・・・。
    ソクーロフ監督は「エルミタージュ幻想」なんかはかなり有名ですね。


    第4位 ダーウィンの悪夢(Darwin's Nightmare) (公開未定?)

    監督Hubert Sauper, ドキュメンタリー,
    2004年 オーストリア、ベルギー、フランス
    英語、ロシア語、スワヒリ語/カラー/35mm/107分


    「ダーウィンの箱庭」と呼ばれたアフリカ・ビクトリア湖の豊かな生態系が、外来魚「ナイルパーチ」の放流で壊滅的な打撃を受ける一方、欧米や日本へ輸出するためのナイルパーチ漁が盛んになる。グローバル化の進行によって、現地の人々がより厳しい生活を強いられるようになっている現状を伝えるドキュメンタリー映画。

    第5位 ファザー、サン(2006年初夏公開予定)(ユーロスペース)

    監督:アレクサンドル・ソクーロフ
    出演: アンドレイ・シェティーニン、アレクセイ・ネイミシェフ
    Russia, Germany, France, Italy, Netherlands / 2003 / 84min. / 1.66


    『マザー、サン』(98)に続く、ソクーロフの家族をテーマにした3部作の第2弾。妻を失くし、息子と2人きりで暮らす男の日常を美しい映像の中に描く。時には兄弟に、時には恋人のようにも見える親子の関係が興味深い。

    第6位 『ルート 181』 パレスチナ-イスラエル 旅の断章
    Route 181 : Fragments of a Journey in Palestine-Israel
    (公開未定?)

    監督:ミシェル・クレイフィ、エイアル・シヴァン
    撮影:フィリップ・ビルアーイシュ
    録音:リシャール・ヴェルテ
    製作:2003年 (ベルギー・フランス・イギリス・ドイツ)
    時間:270分(4時間30分)
    言語:ヘブライ語・アラビア語
    字幕:日本語・英語両字幕
    日本語字幕:西村美須寿
    監修:ナジーブ・エルカシュ、ルティ・ジョスコビッツ、屋山久美子

    山形国際ドキュメンタリー映画祭 2005 最優秀賞受賞


    47年の国連決議181号で、パレスチナ分割が決定された。翌年、イスラエルは建国を宣言し、100万人ともいわれるパレスチナ難民が生まれた。今に至る問題の一つの起源が181号決議にある。

     2人は、決議が設定した境界線を北上し、道中、出会う人びとにカメラを向ける。南部の建築現場ではクルディスタン出身のユダヤ移民が「アラブ人は生かしておくだけ無駄さ」とうそぶき、中部では散髪屋の老人が、イスラエル人による虐殺事件の記憶をつぶやく。北部では、アラブ人を動物のように隣国に追い払った経験を喜々として語る元軍人がいる一方で、チュニジア出身のユダヤ移民が「ここには何でもあるけど何もない。故郷で死にたい」ともらす。


    第7位 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々(公開中)

    2005年ドイツ
    監督:マルク・ローテムント
    出演者:
    ユリア・イェンチ、アレクサンダー・ヘルト、ファビアン・ヒンリヒス (121分)


    1943年、スターリングラードの大敗以降、劣勢の戦況を隠し、ヒステリックに戦争の勝利を叫ぶヒトラー独裁政権末期。 その恐怖の時代に、兄ハンスやその仲間たちと共にヒトラー政権に真っ向から立ち向かったドイツ人学生によるレジスタンス・グループ“白バラ”の紅一点ゾフィー・ショルが逮捕される…。 実話反戦ドラマ。

    アカデミー外国語映画賞ドイツ代表、ベルリン映画祭最優秀監督賞・最優秀女優賞、ドイツ映画賞最優秀作品賞、他
    スポンサーサイト


    映画 | 00:21:37| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。