■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    楽団のレパートリー
    本日は、リベルテマンドリンアンサンブル関連で、出張演奏。

    演奏会、コンクールの録音と本選、メンバーの結婚式での演奏に次ぐ、実にこれが5度目!の「くるみ割り人形」の本番。

    いつも演奏会をやってて思うのですが、一度やった曲を再演する楽団って少ないですよね。
    どんなにいい曲でも、ある演奏会で弾いたらその曲はそれっきり。
    同じ楽団ではその後、少なくとも10年間は取り上げない、てな感じ。

    それは1年に1度くらいしか演奏会をやらないほとんどの社会人楽団にとっては、幅広くいろんな曲をやっていった方がいい、っていう考え方に基づくもので、それは自分もいたし方ないと思います。

    でも、それとは全く違うベクトルで、「楽団のレパートリー」というのを、各楽団、2~3曲は持っていてもいいんじゃないか?っていう気もするんですね。

    リベルテにおいては、間違いなく、この「くるみ割り人形」がレパートリーとなっていくことでしょう。
    もっとも今はちょっとやり過ぎて燃え尽きた感があるので、しばらくは寝かせておいた方がまた新鮮味が出ていいかもしれませんけど。

    今回の演奏は急ピッチでの話だったため、メンバーに当日の都合が付かない人も多く、助っ人も仰いだりしました。

    しかし、その助っ人がおかげ様で異様に(?)優秀なメンバーだったこともありまして、そして、既存メンバーにとってはさすがにほとんど暗譜に近い状態に達している曲だけに、急造チームの割にはずいぶん落ち着いた演奏ができたかな?と個人的にはけっこう満足。


    【ただ今のBGM】
    ビゼー:劇音楽「アルルの女」作品23

    ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・カピトール管弦楽団&合唱団



    そして日曜日は、いよいよ今月26日に迫ったマンドリンオケ“未完成』の演奏会。
    明日は「アルルの女」だけを練習するとのことなので、予習中。

    今回の“未完成』のアルル、組曲ではなく、劇音楽としてやるんです。
    ナレーションも入ります。
    「アルルの女」の新しい形を提示できたらいいなーと思います。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:17:53| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。