■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    女子フィギュアスケートフリー
    【ただ今のBGM】
    ニーノ・ロータ:「ロミオとジュリエット」より「愛のテーマ」
    フィードラー指揮ボストン・ポップスオーケストラ

    トリノオリンピック女子フィギュアスケートフリーでサーシャ・コーエン選手の演技の際に使われた音楽です。

    ↓の9曲目がそう(視聴できます)


    しかし・・・まさか、これまでCD持ってるとは!

    自分で自分の音盤狂ぶりに驚きました、いや、呆れました(笑)

    かれこれ10年以上も前に買ったCDですが、当時も今も、こんなに甘ったるいメロディの音楽は、ぜーんぜん全く好みではありません・・・。
    でも、学生の頃って、「選曲準備用」とか言って、好きでもない音楽、いーっぱい買ったり借りたり聴きに行ったりして聴き込みました。
    今思えばそれが、自分の聴く音楽の幅を広げることにつながっていったのですが。

    「音楽ブログ」らしく(?)まずは、

    トリノ五輪上位及び日本人選手のフィギュアスケートの音楽について

    金メダル 荒川選手    トゥーランドット(プッチーニ)
    銀メダル コーエン選手  ロミオとジュリエット(ニーノ・ロータ)
    銅メダル スルツカヤ選手 フラメンコギター独奏(?)曲
    4位   村主選手    ピアノ協奏曲第2番第1楽章(ラフマニノフ)
    15位  安藤選手    蝶々夫人(プッチーニ)


    しかしこうして並べてみると・・・プッチーニ、ロータ、ラフマニノフって・・・

    甘ったるすぎ!蟻が寄ってきます!!

    まーこういう曲が一番演技に乗るのでしょう。
    そして点数も出ると。

    たしかに、シェーンベルク「浄められた夜」とかストラヴィンスキー「春の祭典」をバックに笑顔でスケートされるのは、シュール過ぎて怖いですが・・・。

    バレエの世界みたく「モダンバレエ」ならぬ「モダンフィギュア」なる派閥とか出てきませんかね?

    選曲で唯一面白かったのは、

    8位くらいに入ったグルジアのエレーナ・ゲディバニシビリというまだ16歳くらいの選手が使ったアルメニアダンスという曲(日本の吹奏楽の世界で有名な曲とは全くの別物だと思います)。
    アルメニアに自分が行った時、このゲディバニシビリみたいな女性と音楽で街があふれていました。それを思い出してちょっとした郷愁に襲われたのです。

    グルジアとかアルメニアの音楽って、掴みどころなくて怪しくて、摩訶不思議。そして実はいま、家にはアルメニア音楽のCDも2枚くらいあったりします(クラシックではなく現地のポップス)。


    さてさて、

    前言どおり、トリノオリンピック女子フィギュアスケート、朝5時20分起床で観ました!
    (予定より5分遅れ)

    観て良かったです。
    やっぱりスポーツは、結果をニュースで観るだけでは、本質の半分も伝わらないですね。
    これは野球でもサッカーでも同じことですが。
    フィギュアの場合、演技全体を見ていくと、ジャンプのミスとか、スケートの滑りがノッテるかどうかとか、そういうのが、全て一連の流れの中である種必然的に起こっているということが、今回すごくわかりました。


    で、自分は起きたらちょうど安藤美姫選手が演技している最中だったんですね。
    起きたてにも関わらず、安藤さんの演技に引き込まれつつも、ジャンプの失敗の多さに、だんだん息苦しくなってしまいました。

    彼女は4回転ジャンプに挑戦したわけですが、これ無謀も無謀。
    前日は7回挑戦して最後の1回しか成功せず(しかも回転数不足気味だったとか)
    当日は4回練習で挑戦して、全部失敗・・・。
    成功率1割未満。
    それを普段より緊張などで失敗しやすい本番でやるなんて・・・Stupid!
    としか言いようがなく。。。

    またこれにも、

    「まームチャだけど、本人がやりたかったんだから、いいじゃない」(概ね日本の良識派の意見?)

    っていう意見と、

    「五輪は練習場ではない」(欧米マスコミ)

    という意見があるようです。

    しかし、荒川選手やコーエン選手にもかつてどん底だった時期があったわけですよ。

    それから、これは女性の発育上の問題なんだと思いますけど、フィギュアって、
    15~16歳
    または
    ・20歳以上
    ばっかりじゃないですか?活躍してるの。
    17~18歳あたりって、ちょうど体の成長が止まったりなんだったりで、心身がアンバランスなのでは?
    なんてことも考えたりしました。
    もちろんこれは全てのスポーツに当てはまることではなく、フィギュアの場合ってことですけど。

    安藤選手はせっかくいっぱいスポンサーも付いて、テレビでもちやほやされてってのが、今度は荒川選手ばっかりになってしまうんでしょうけど、これってきっと「地に足を付けて出直す」にはいいチャンスなのでは?とさえ思いました。
    トリノでの、飛んでも飛んでも失敗しつづける姿は、「少女(コギャル?)安藤美姫死亡宣告」とも取れました。
    これからの新生「オトナの安藤美姫」は、きっと近々化ける、そんな気がします。
    コーエン選手の4年前がちょうど今の安藤選手みたいだったように。。。


    そしてその、銀メダルだったコーエン選手は最初のジャンプを2つ失敗しました。
    あくまで「金メダル」を目指していたであろう彼女とすれば、ここで少なからずガッカリした部分があっただろうと思うのですが、その後、尻上がりに調子が上がっていきました。
    そして、スピンとかターンとか、しなやかで気品のようなものまで感じられて、これは感動しましたね。

    僭越ながら、コーエン選手の演技にワタクシ、人生で最も必要なものを見た気がしました。
    「2つ失敗?何言ってんの??3つ成功し返せばいいじゃない」
    みたいな。

    こういうことは、相当強い自信がなければ言うことも思うこともできるもんじゃないなぁ、と思います。

    五輪での演技時間はたかだか10分もないけれど、その影では一体どれくらいの猛練習があったことか。世界トップクラスの人はみんなやってるんでしょうけど、その中でも特にその内容が充実していた一人なのでしょう。


    一方で銅メダルのスルツカヤ選手。

    彼女は何でも「心臓病」を抱えている上に病気のお母さんもいるらしく、一度は引退していた時期もあったんだとか。

    ただでさえそういうエピソードに弱く、自分自身も「病人」となってしまった今では、もうそんな選手のことは無条件に「ファン」となってしまいましたよ・・・。

    まぁ自分としては、コーエン選手の方が「Oh!She is so cute!」って思うには思うのですけどね(って誰も聞いてないか・・・てかなぜに英語?)。
    でも、スルツカヤ選手には勝ってほしかったなー・・・。

    スルツカヤ選手の演技は、五輪の時くらいしかフィギュアを観ないワタクシの印象では、
    「ゴムマリ娘」
    だったんですけど、今回はホント、ベテランの演技でしたね。
    でもこの日はなんか硬い感じもありました。
    そんな状態なのにジャンプでの転倒は、やはり痛かったでしょうね。


    で、チャンピオンの荒川静香選手はもちろんすごかったですが、自分が面白い!って思ったのは、村主章枝選手の方。

    自分、すっかりこの人のファンになってしまいました(ってファンだらけ・・・)。

    いやーこの人、面白い人ですよ、絶対。

    こことか見るとわかるんですけど、彼女、エピソードの宝庫じゃないですか。。。

    ・その昔、母の家庭教師は小泉純一郎首相であったというエピソードもある。

    まあこれくらいはいいんですけど、

    ・2005年3月の世界選手権後に表現力を高めるため公開で恋人募集をしたものの、反響が大きくなり過ぎて急遽中止したことがある。

    とか、ありえないし(笑)。

    でも、

    ・妹の村主千香(東洋英和女学院大学在学中)もフィギュアスケート選手である。妹は、姉のことを「お姉さん」と呼んでいる。

    「姉のことをお姉さん」って。ちょっと笑いました・・・。

    演技の後の半ベソの豊かな表情といい、彼女はちょっと一般人ばなれした「アーティスト気質の人」なんだと思いました。

    それに、「銀盤上の女優」だとか言われるだけあって、演技中はもちろんすごい集中力。小技が効いてる感じの演技をとても面白く観させてもらいました。ミスもあまりない感じでしたね、あくまで素人目には。

    でも、、、それでもやっぱりスルツカヤとコーエンには届かないんでしょうねぇ。
    (荒川選手はこの日に限っては「別格」状態でしたし)
    4位は、いたし方ないんですかね。

    で、それは、何故かということを考えてみました。

    【村主はなぜ4位だったのか?】

    ≪結論≫フィギュアスケートは「舞台芸術」ではなく「採点競技」だから

    なのでしょう。

    採点方法について、あるサイトで見たものですが、どうやら5つのポイントがあるようです。

    その5つとは…1スケーティング・スキル(技術)

           2トラジション(つなぎ)/フットワークと動作

           3パーフォーマンス/エグゼクキューション(身のこなし)

           4振り付け/構成

           5音楽表現


    だそうです。

    よくマスコミの報道とかで、

    「ジャンプが飛べればメダルが見えてくる」

    みたいな言い方がありますが、それも現行の採点では的外れなようです。

    かと言って、

    「フィギュアは氷上の芸術。一番美しい者が勝利者にもなるのだ。」

    なんてのも同じくらい間違ってるわけです。

    あくまで、

    ・「採点基準」にのっとって、
    ・高得点になるようプログラムを組み、
    ・それを可能な限り忠実に演技した者が勝つ、

    という、完全な「スポーツ」なんですね。

    もちろんそこには、恣意的な審査員の主観が入ってくる余地は残されますが、以前みたいにわけのわからん基準で、

    国ごとの国旗が画面に出てきて「5、8・5、9・5、7・5、8」とかって採点してる

    そんな状態よりは、よほど科学的で客観的な根拠を持った採点がなされているようです。

    そしてまただからこそ、「白人至上主義」の根強い冬季五輪において、東洋人がツケ入る隙は生まれやすくなったとも言えます。

    しかし、そんな方法による採点はまた、一視聴者である自分の感覚としては、

    「ええーー!違う!!」

    ってなることもありますね。

    今回で言えば、村主選手は素人目、というか演技そのものから受けた「すげーな、おい」っていう感覚的な印象としては、どう見てもスルツカヤ選手よりは上に行ってもいいような気がしました。

    で、コーエン選手の場合には、ジャンプ失敗2つはたしかに大きいのかもしれませんが、それ以外が荒川にも負けてないくらいの素晴らしい演技だったと思うので、ショートプログラムの持ち点のことも考えると、村主の逆転はさすがにムリっぽいのかなあと。

    こんな風に観ていると、ふと先月のマンドリン合奏コンクールのことを思い出しました。
    というか、音楽のコンクールというもの全般について、考えちゃいました。

    あっちは、まさに「採点競技」ではなく「舞台芸術」です。
    だから、コンクールについては、フィギュアスケートみたいに要素をブツ切りにして客観的採点なんかしちゃったその時点で、極端な言い方をすれば、

    「芸術が死ぬ」

    んだと思います。

    芸術の場合、

    ・ジャンプが飛べてるかどうか(16分音符の速弾きが正確か)
    ・スピンの回転の速度(トレモロの速度)

    なんていう風に切って考えるのは、当然邪道も邪道なわけでして。
    (訓練する最中において、演奏家がそういうことを考えていくことは、モチロン必要でしょう。でもそれは全てではないし、そしてお客さんに見せるべきではない舞台裏事情に過ぎないこともまた確か)

    っていうか、そんなのデタラメのハチャメチャでも、ものすごく感動できる演奏なんて、この世にいくらでもありますしね。
    (一方で技術不足が感動を妨げる類の音楽も、たしかにありますけど・・・)

    しかし概ね、

    フィギュアスケートにとっては、

    「(本当はスポーツなのに)芸術と見間違えられることが課題」


    なのかもしれませんが、


    音楽は、

    「(本当は芸術なのに)スポーツと見間違えられることが課題」


    なんだと思います。


    最後に見事、金メダルを獲得した荒川静香選手。

    彼女については、インタビューにおけるこの一言でおしまいにしましょう。

    ――ニコライ・モロゾフコーチからはどんな指示がありましたか?

     スパイラルを3秒間保つこと。何でもいいから自分の好きな言葉を、3秒間唱えろと言われました。

    ――それでなんて言ってたんですか?

     ワンアイスクリーム。トゥーアイスクリーム。スリーアイスクリーム(笑)

    彼女を「クールビューティ」とか呼んでる欧州マスコミに、この「実態」を教えてやりたいですね。。。(笑)
    スポンサーサイト


    レビュー | 02:59:56| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。