■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    祭りの後、後の祭り
    【ただ今のBGM】
    ベルク:ピアノソナタ作品1
    (アルテミス四重奏団+アルバンベルク四重奏団メンバーによる弦楽六重奏版)



    メトロポリタンMOで3年くらい前に演奏した曲です。
    かなり厳しい曲でしたです(技術的にも音楽的理解という面でも)

    ワタクシ、昨年は出演できなかったのですが、メトも一応団員の末席に置かせていただいておりまして、メーリングリストも受信しているのですが、今年もかなり面白い選曲のようで、未だステージ上になるか客席になるか未定なのですが、いずれになったとしても、非常にエキサイティングな演奏会になるであろうことは間違いなさそうです。


    昨日のマンドリンオケ“未完成』演奏会終了を以って、4か月連続で続いたワタクシの演奏会シーズンも一区切り。
    ちなみにこの4か月の間には、入院も2回あったりしましたね・・・。

    この9か月で

    ・入院5回
    ・ステージに乗る形の公演4回(コンクール含む)
    ・依頼演奏会などのミニ演奏の機会が4回


    でした。結構、むちゃくちゃですね・・・。

    「1年間にいくつくらい演奏会に出るか」

    なかなか悩ましい問題です。

    当然ですが、
    「能力・仕事の忙しさ・やる気・独身か既婚か」
    などによる個人差も出てきます。

    自分の場合、ここ3年くらいは、「とにかく質より量をこなしていく」シーズンでした。
    仕事の忙しさは年によってバラバラだったのですが、音楽生活としては、自分は年齢の割には経験がまだまだ不足しているように感じていましたので、なるべくいろんな形のアンサンブルでステージを経験し、成長していきたい、というのがありました。
    また、そういう日常が楽しくもありました。

    でもそろそろ過渡期かもしれません。

    実は今後の演奏会出演予定は、ほぼ未定です。

    決まっているのは、

    2006年11月 リベルテ
    2007年2月18日(日)“未完成』(武蔵野市民文化センター小ホール)
    2007年春 les Cinq第2回演奏会


    これだけ。
    今年、これから3月~夏くらいの間にどこか1つ2つくらいは出演するかな、と思うのですが、それがどこになるかは、上記の決定済みの楽団の練習スケジュール次第だったりします(なので、上記3楽団のみなさま、なるべく早めに練習予定を決めてくれるとうれしいな、なんてここでお願いしてみたり。っていうか3つめは、ワタクシが動かないと決まらないのでは・・・)


    さて、今日はマンドリンオケ“未完成』の演奏会翌日。

    「もう何だか燃え尽きちゃって当分楽器なんて見たくもないな~」

    なんて学生の頃は演奏会の後にいじらしくも(?)言ってみたりしてましたが、4か月で4回も(!)ステージに乗っている昨今、そのような甘えたことは言ってられまへんのです。
    (でも、今後はしばらく未定ですけどね)

    今日はですね、演奏会翌日なのに、帰宅時間が早かったこともありまして、1時間半も家でマンドセロの練習してしまいました。

    祭りの後⇔後の祭り

    ってなもんです(笑)

    しかも、オール基礎練。右手のみ。左手はほとんど使わず。そして、単音ではなくほとんどトレモロのみ。

    つまり、、、

    90分間、ほとんどトレモロしっぱなし!

    腱鞘炎になりますぜ・・・。

    いえ、今ですね、実はワタクシ、マンドセロの奏法大改造中なんです。
    でも、まだ新しい奏法はまだまだ模索中なんですね。
    そこで昨日の“未完成』の演奏会は概ね「旧奏法」で臨みました。
    1月のリベルテの合奏コンクールの頃と同じ弾き方です。
    この「旧奏法」はですね、音が硬いんですね、どうしても。
    近くでは大きな音が鳴っているようでも、遠くまで飛ばない感じの即物的な音なんです。
    で、もっとしなやかに音を出したいな、力を入れなくてもテコの原理のように(?)遠くまで音が伝わるような弾き方にしたいな、というのがありまして。
    そこで大改良ですよ(2ch風に)

    昨日の演奏会まで、自分の「奏法研究」はストップしちゃってまして、いやそれどころか後戻りしちゃってまして、なので今日、この90分トレモロでとにかく強制的に「新奏法」に戻しました。

    で、具体的にはどこをどう変えたのよ?

    って当然突っ込みたい心境で読者様はこれをお読みかと存じますが、そこは未だ過渡期ちちゃんなワタクシの現状ゆえ、まだオープンできません。
    まだ道半ばどころか、登山だったら1合目か2合目といった所ですので。。。

    ---------------------------------------------------

    さて遅ればせながら、いよいよ!(?)“未完成』第6回演奏会の総括をば。

    1曲目:劇音楽「アルルの女」より抜粋(ビゼー)

    ナレーションについて、お客様の意見は様々でしたが、「ナレーションを入れる」という試みそのものまで否定する意見はあまり見なかったですね。

    反省点はありますが、それは今後の課題ということで。

    演奏面では、この楽団ではこれまでなかなかできなかったこともできるようになってきたな、と思いました。
    特に緩徐楽章でこれだけ指揮を揺らしたのは、この楽団始まって以来だったのではないでしょうか?
    これまではズレるのが怖くて揺らしたくても揺らせなかったという面もなきにしもあらずでしたが、今回はそこそこそれができてたように思います。

    2曲目:組曲「ドリー」(フォーレ)

    五重奏団les Cinqでも取り上げたこの曲。
    ここ数か月、自分にとってはこの「ドリー」と「くるみ割り人形」が2大課題曲という感じでした。
    les Cinqの「ドリー」とはかなり編曲が違ってたんですが、ときどきアタマがごっちゃになって間違えることも・・・。
    でも今回、本番の「ドリー」は練習と比べてもかなりいい出来だったように思いました。

    弾いていてすごく気持ち良かったです。
    今回の演奏会はどの曲もそうだったんですが、特にこの曲は、演奏中に曲と自分がうまくシンクロできました。客席のこととか、譜面のこととかではなくて、作曲家がこの曲の中で表現しようとしていたこと、それ自体と対話しながら弾けた気がします。
    こんなことがここまで演奏会中にできたことは、これまでの自分にはなかったことで、本番中、ちょっとだけそのことで感想したりも。
    (ただお客様の反応はもう1つだったかも・・・。残念。)

    3曲目:プロヴァンス組曲(ミヨー)

    コレは、ワタクシの一押しで今回演奏が実現した曲でして、それだけに思い入れは正直かなりありました(もちろん演奏会で取り上げた曲は最終的に全ての曲に思い入れを持つように心がけてはいますが)。

    終曲の「ファランドール」がとても好き(「アルル」のファランドールの方が有名ではありますが)で、本番中、この曲になった所で、結構自分の中では何か熱いモノが体内を駆け巡ってきた感がありました。

    この曲はまた管楽器が大活躍なんですね。
    彼女たち(全員女性なもので)のこの曲(だけではなく全曲ですが)の練習量はハンパなかっただろうと思います。その熱さもまた、今回の演奏会の雰囲気を作った一つの要因だと思います。

    【反省点】いっぱいあります。

    出演者のステージマナーは以前よりは良くなったかなぁ。。
    しかし今回は、残念ながらお客さんが少し・・・。
    いやしかし、お客さんのマナー違反ってのは、完全に主催者側に問題があるのです。
    今後は、ちゃんと影マイクのナレーションに必要なことを盛り込まないとですね。。。

    それから演奏面では、

    ・迫力不足、おとなしい

     これはシルベス様にも指摘されましたが、ワタクシ自身、普段から感じていることでもあります。メンタルな要因もありますが、団を挙げて、楽器の扱い方とかピッキング・トレモロの方法といった所から見直すことがもしかしたら必要かもしれません。

    ・曲をもっともっと作り込みたかった

     このことは、ワタクシ以上にうちの指揮者なんかは思っているんだろうと思いますが、今回、「音取り」自体はそんなに難しいわけでもなかった(パートにもよりますが)ので、その分、曲の作りこみをもっと深く掘り下げられたら良かったなあというのは、どうしても反省点として残ります。

    なんとなく、「曲の外観」を整えることに終始してしまった印象です。「ドリー」だって、本来もっともっとテンポ揺らしまくった方が面白いに決まってるんです。

    でもこれはles Cinqでもなかなか難しかったんですが、「曲の外観作り」から先の道のりって、なかなか険しいです。次第に道がわかりにくくなるんです。ケモノ道みたいに。気付いたら、大半の人が道をコースアウトしたり、途中で「もう疲れちゃったからメシにしよう」とか言って木の下で風呂敷広げてくつろいじゃってる、みたいな(笑)

    直前になって、ワタクシもブログに書いたように、曲の背景とか構造とかを勉強する雰囲気が一部メンバーの中に生まれてきたかな、ってあたりで本番を迎えてしまった・・・、っていう感じかもですね。

    でも、少しでもこれができたことで、自分なんかも本番中、実に気持ちよく弾けましたね。ホント、先にも書きましたが、今回の演奏会ほど、音楽そのものとシンクロできたことはワタクシ、未だかつてありませんでした。

    なんだか演奏会が始まっちゃったら、フォルテとかピアノとか、リダルダンドとか、もうそういうことを理屈っぽく考えることを一切しなくなってしまった、というか。

    音楽が流れていく中で、自然と自分が必要と感じた音を本能的に出し続けてたら演奏会が終わっちゃった、みたいな感じです(ちょっと格好良すぎ?)


    -----------------------------------------------------

    次に、今回の“未完成』にワタクシがどんな思いで出ていたのか、な~んてこともここで語っちゃいましょうかね。

    まず、最近のワタクシの事情ですが、上述しましたように4か月連続でステージに乗っている状態だったんですね。

    そんな中で自分が出演する1つ1つのステージについては、「ただなんとなくこなしていくのだけはやっちゃいけないなー」と常々思ってました。

    “未完成』は楽団としては様々な意味で有意義な所です。

    でもその有意義であることの中身は、30数名いるメンバー、一人一人少しずつ違う筈なんですね。

    第6回の演奏会を迎えたこの楽団の演奏会は、自分は第1回から出演させてもらっていますが、結成当初と今とでは、自分にとっての“未完成』に参加する意味合いは、かなり変わりました。

    6年前のワタクシは今から思えば考えられないことに、3年もの間、全く楽器を触っていない状態だったんです。

    もともと大学からマンドリンを始めた人間なので、たった4年のキャリア(しかも実はマンドラ2年・マンドセロ2年だったんです)しかない状態で3年休んでまた楽器をやるっていうことで、“未完成』が結成された5年半前の時点で、ワタクシ、心理的にはほとんど初心者に近いくらいの感じでした。

    そこで自分の大学マンクラの2つ下の後輩から、

    「オレ、新しくマンドリンオケ作るから入らね?」

    って誘われまして、それで再びマンドリンの世界へ飛び込んだんですよ。

    というわけで、この“未完成』という楽団、当初はワタクシと同じ大学の出身者がかなりの割合を占めていまして、当時はそこらへんのリンク集なんかでも「W大学のOB団体」なんていう風に紹介されているケースもあったように記憶しています。

    しかし“未完成』は「ウチは特定の学校の関連団体ではない」ということを当初から公式に掲げ、幅広く人材を募る方針でやってきまして、今ではもう、かなりいろんな人がいる楽団になりました(今ではW大学関係者は全体の40~50%くらいでしょうか)。

    そしてその6年間のうちに、ワタクシ自身の演奏レベルは相当飛躍的に伸びたと、自分でも思います。

    特に後半の直近3年間ですね。
    ここ3年くらいは、学生さんが1年間で急成長するのと同じくらいのイメージで成長していってるな、と自分で思います。
    というのは実際、自分、学生の頃よりむしろ練習してるかもしれないもので・・・(笑)

    2年くらい前に残業が月100時間超えてた時期がありまして、その頃はマンドリンの練習も合奏と個人練習合わせたら月80時間くらいやってた気がするんですね。
    だから今、こうして「ビョーキ持ち」になってしまったのかもしれませんけど・・・。

    で、そうこうしていくうちに、出演する楽団も増えてきて、しまいには、自分たちで五重奏団結成したりもして、活動の幅が広がりました。

    そんな中で毎年1~2月だけは、自分のプライベートタイムの多くを“未完成』の注ぐよう、なるべく他の用事を入れずに過ごしてきました。

    21世紀になってから、「成人の日」を自宅近くで過ごしたことがありません。
    合宿に行っているからです。
    (21世紀になってから成人したワケではないので、全く無問題ですけど・・・)

    1~2月の土日って、オケや室内楽やマンドリンの良さげな演奏会目白押しなんです。
    でも、練習日(あるいは今年みたいに本番)と重なることが多くて、泣く泣く諦めるケースが多いです。
    いや、年明け以降だけではもちろんありません。
    まず、前年の春先から次の年の演奏会の選曲会議があります。
    ワタクシ、ずっと選曲には関わっておりまして、特にここ2年くらいは、選曲会議を仕切る役を仰せつかっているので、これもかなり力を入れている所です(今年に限っては演奏より選曲に使ったパワーの方が、むしろ大きかったかもしれません)。

    そんなワタクシが大切にしている“未完成』、じゃあ2006年の今、ワタクシにとって“未完成』ってナンだろう?

    この楽団は結成当初から比べると、格段に上手くなりました。
    と言っても昨日、運悪く日程がかぶってしまった某2楽団のような「トップクラス」の所とは正直まだまだかなりの大差がありそうです。
    (と言っても実は都合が合わず、この2楽団さんも1つは一度も生で聴けてなく、もう1つもかれこれ10年くらいご無沙汰しているのです・・・)

    でも、ワタクシとしては、このごろはそんなに“未完成』は【未完成】ではなくなってきたな、と思っております。

    ある特殊な方向(ベクトル)に向かっているマンドリンオケとして、他にあまり類を見ない活動領域を発見しつつあるようにも思えます。

    あと、“未完成』は結成当初より、「楽器のブランクがある人」をメンバー募集のターゲットに入れています。
    そのことはチラシにも明記しているくらいで、「そういう人でも可ですよ」っていうよりは、むしろまさに「ターゲット」としてきた歴史があるのです。
    (っていうかワタクシ自身がかつてその一人でしたから)

    「そんな人ばかり入れていたら、いつまで経っても楽団のレベルが上がらないのでは?」

    という意見もあるかと思います。

    でもこれは、ワタクシ自身の体験から言いますと、「×」ですね。オオバツです。

    数年くらいブランクあって入ってきたって、1年もすりゃ、学生時代に近いレベルまで大体は戻ります。
    そしてその先は努力次第で、かつてないレベルへ登っていくことももちろん可能です。

    “未完成』という楽団は、中にいる人を育てる楽団なんですね。
    プロ野球で言えば、実績ある人ばかりかき集めてくる「ジャイアンツ型」ではなく、育成の「カープ型」なんだと思います。

    もちろん実績ある方だって“未完成』にはいらしてくださってますし、そういう方の力もなければ、当然どこかで立ち行かなくなってもいたでしょうけど、でも、この「育成型体質」というのは、この楽団の美点だなあとは思いますね。

    ワタクシ自身、今でもこの楽団で学べることはいっぱいあります。
    今回はプログラミングとか演奏会の演出といったことについていろいろ考え、勉強させてもらいました。
    それから、管楽器やパーカッションが非常に活躍する中でマンドセロをどう扱っていくか、ということも。
    弦だけのマンドリンオケの時よりも数段大きな音を出すように心がけています。
    がしかし、それだけだと、どうしても力んでしまうのです。上述した「新しい奏法」をもし会得できれば、柔らかく遠達性のある音によって、この問題がクリアできるかもしれないと思っています。

    そして同時に、他のいろんな所で学んだことを“未完成』で伝えていくこともまた、自分がこれから“未完成』でやっていくことなのかな、と思っております。

    今回の第6回演奏会では、「オールフランス物プログラム」だったこともありまして、選曲を司った者として、メンバーに選曲意図を伝え、またそれぞれの曲がどのような背景を持ち、どんな構造を持ってできている曲であるか、ということを、指揮者とはまた違った観点から伝えることもまた、自分のこの楽団における仕事だったと思っています。

    これは今回まったくもって不十分だった所でもありますので、次回に向けての反省点ですね。しかも単に伝えるのではなく、受け手の心に響くような伝え方ができたらいいな、とは日々思っているんですけどね・・・。

    シルベスさんのブログにありましたが、“未完成』のメンバーって、あまり狭いマンドリン世界の中でもそんなに広く交流している人がいない印象なんです。

    他のマンドリン楽団あちこちハシゴしてるっていうタイプはあまり多くなくて、しかも選曲といい団の雰囲気といい、全体的に言って「マンドリン界の外様的存在」なのかな、っていう感じです。

    マンドリン業界に巣食う悪しき伝統?とかいうものがもし存在するならば、それにも染まりませんし、でも逆にマンドリン弾きという自覚があまりない、という面もあるのかもしれません。
    (もちろんこれは全体のなんとなくの傾向に過ぎず、人によって様々ではあります)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:06:58| Trackback(0)| Comments(3)
    コメント
    恐縮です
    タテラッツィさん、
    演奏会お疲れさまでした。
    2日にわたってリンクしていただいて、あんな文章で申し訳ないような恥ずかしいような。

    補足説明をしたいところがあってコメントしたんですが、うまく書けず断念しました。

    マンドリンはいくつもの団をかけもちしてる人、多いですよね。
    それぞれ特徴があるから、A団ではできないようなことをB団でやる、のようなことになるんでしょうか。
    でもひとつに打ちこむのも、とてもいいことだと思います。

    >マンドリン業界に巣食う悪しき伝統

    なんだろ、なんだろ。おもしろそうです。

    5月にもしや本番でご一緒できるのでは、と思っていたんですが・・・。
    2006-02-28 火 23:24:21 | URL | シルベス [編集]
    演奏会成功おめでとうございます。
    演奏もなかなかだったみたいだし、演出も充分、
    そして集客も合格点ですね。

    シルベスさんのところで見たのですが、以前に見学に行ったときの私の印象とほぼ同じ(!)でした。
    穏やかで謙虚な団体なのかなと。
    (実は一人で違うタイプのアクセントを出してしまって冷や汗でした(笑))

    5月ってのはルーテル?

    私としてはチャイ弦やらをやるあの団体に今年は大注目。
    2006-03-01 水 00:07:57 | URL | hiyokan [編集]
    シルベス様&hiyokan様
    シルベス様

    改めまして、ご来場ありがとうございました!
    いやー正直今回は、同じ日の2楽団、

    ・某団はラストが私たちと同じミヨーだし、
    ・もう1つの某団は曲名が私たちの楽団名だし(笑)、

    もともと両団とも伝統も実力も十分すぎるくらいでしょうし、こんな中で“未完成』にお越しいただけるなんて、もう何というか、ありがたいやら、恐縮やらって感じでした。。。

    かけ持ちは一長一端ですよね。

    個人差がある話だとは思うのですが、自分の場合、1つしかマンドリンオケやらない=年に15回くらいしか合奏を経験できない、というのは、ちょっと量的に足りないかな、という印象です。

    でも3つ以上になると、練習がかぶる可能性大なんですよねぇ。
    あと、他の趣味がなくなる・・・(これが最大の問題)

    で、5月って、どこでしょうか?
    少し調べましたが、いくつかありそうで、絞れませんでした・・・。

    「悪しき伝統」は長文書いてるうちに、手がすべりました(苦笑)
    まーあれこれ個人的に思ってても書けないこともある、ということで、ご勘弁を・・・。

    hiyokanさん

    今年は“未完成』に体験参加いただき、どうもありがとうございました。
    最近とくに思うのですが、マンドリン界って閉鎖的ですから(この「悪しき伝統」はむしろ“未完成』がまさに陥ってしまいっているかも、、、)、どんどんかきまぜてくださると私としては個人的に嬉しい所です。
    旧友ばかりでペロペロと傷を舐めあう楽団なんて、外の人間から見たら魅力ゼロですしね。。。

    時にhiyokanさんのクリマンさんの感想、興味深く読ませていただきました。全くの想像ですが、選曲などから考えて、自分もほど同傾向の感想を持つ可能性が高い予感がしました。

    ところで、自分も「チャイ弦の楽団」@5月には、注目してます~(知人も結構いる所ですし)。

    他だと、
    アマデウスじゃないウォルフガングやる所とか、
    逆にアマデウス企画やっちゃう所とか、
    cockatoo様が次に出演される所とか、
    今までずっと行きたかったのに行けずじまいの某「電気椅子」の英語訳の所とか、

    興味ある楽団は、この春けっこうあるんですよね。
    2006-03-01 水 01:04:36 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。