■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「後の祭り」は「後で血祭り」?
    【ただ今のBGM】
    組曲「ドリー」ピアノ連弾版(フォーレ)

    コンタルスキー兄弟(ピアノ)

    さて、これもまた「後の祭り」系。

    演奏会終わると、

    「あー終わった終わった、バンザーイ」

    で、もう済んだ演奏会のことは単なるノスタルジーの中の出来事と化してしまい、反芻することなんて一切しない、なんてことありません?

    少なくともワタクシは、、、しょっちゅうです(苦笑)。

    団の運営とかに携わっている場合、演奏会の準備とか進行とか、そっちに関しては、いろいろ反省したりもするんですけどね。

    演奏そのものは、

    「もう今回と同じ曲なんて、きっと今後5~10年は弾く機会ないだろうし、もういいよ。え、、、ミスした所??今となってはご愛嬌よ、ふふふ」

    なんてもんじゃないっすかね(え、自分だけ?)

    でも最近は、

    ・リベルテでやった「くるみ割り人形」をその後コンクールでも弾いたりとか、
    ・五重奏団les Cinqでやった「ドリー」を“未完成』でもやったりとか、

    一度やった曲をその後間を置かずに再演する機会に恵まれました。

    そしてその経験を通して、いろんなことを学びました。

    1つの曲をそれだけ掘り下げていくと、見えてくることがいろいろあるもんです。
    (たまに、「1つの漢字をずーっと眺めてると変な形に見えてくる時」のごとく、やり過ぎて曲の元々の魅力を忘れちゃいそうになることはありましたけど・・・)

    最初の演奏会でできなかった部分のリベンジもできました。
    (2度目にして初めて失敗した箇所もありましたが・・・)

    今回“未完成』の演奏会については、今後再演とかそういうのは未知数なんですが、自分自身のモチベーションによって、珍しく「復習」してみようという気になりました♪

    そこで今日は、「ドリー」でマンドセロがそこそこ重要な箇所(え?「あんまりないクセにぃ!」??失礼な!!^^;)をもう一度さらってみたりしました。

    スポーツ選手の「クールダウン」みたいなもんでしょうか??

    まだ演奏会当日の手の感覚が残っているうちに、同じ旋律を弾いてみると、当日自分がどういう風な音の出し方で弾いていたかが、おおよそ思い出せました。

    「あー、そうか。もっとここは強めでも良かったかもしれないな。」
    「あ、、、だめだったんだ、オレ。こんな汚い音では、、、」

    てな具合に、いろいろ気付きました。

    気付いてもまさに「後の祭り」(それどころか「後の血祭り」とさえ思うほどの箇所も・・・)でありますので、

    気付かずにいた方が幸せ♪

    という向きもあろうかと思うのですが。
    これが自分の人生で最後の演奏会だったら、それがいいかもしれませんね。でも、まだ人生も続くし、演奏会も続くのです、おそらくは。

    というわけで、この「復習」っていう活動、今後の活動へのいい道しるべになるな、と思いました。もっとも、演奏会の余韻で舞い上がってる自分をいきなり現実に弾き戻すことにもなりますけど(苦笑)。


    さて、トリノが終わりましたね。
    自分たちがマンドリンの演奏会で燃え尽きてた頃だったので、閉会式はすっかり見逃してしまいました。ニュース映像でさえ観てません。。。

    成田に帰国した日本選手、とりあえずメダルを取れなかった選手たちも、いつかのフランスW杯の時のように「水ぶっかけられる」なんてことはなかったようで、一安心。

    でも、映像のほとんどが、予想どおり「荒川静香」なのは、いかがなものかと。マスコミの「手の平返し」ぶりがあんまり露骨過ぎて笑っちゃいましたね。。。

    ミキティもそうだけど、上村愛子とか岡崎朋美とかスピードスケートの加藤選手とか、トリノ出発前にかなりの取材攻勢受けてた人たちは、帰りの成田で報道陣がほとんど寄ってこないで「アラカワ!アラカワ!」ってなってる状態を目の当たりにして、どういう気持ちだったんでしょうね?

    もちろん、金メダリストを称えるのは、きっと日本だけではないです。
    どこの国だって国民栄誉賞クラスものですよ、きっと。
    (アメリカとかは、さすがにそれやってたらキリなさそうですけど)

    でも、この日本の分かり安すぎる「手の平返し」は、なんていうかですね、、、

    「醜悪!」

    なんですぅ。。。

    さて、お次は「野球」というか「阪神タイガース」です。

    と言っても今年は「トラ党」の皆様、まだ静観を保っている感じ?
    優勝した次の年の割には、あまり話題もなく。
    ていうか、ヤクルトとオリックスと巨人ばかりに話題が行き過ぎなのか。
    まあ阪神の場合、放っておいてもある程度は騒がれると思うので、これくらいが選手にとってもちょうどやりやすいかもしれませんけど。

    で、これから「ワールドベースボールクラシック」でしたっけ?
    あれは個人的には、さほど関心ないんです。

    サッカーでクラブチーム好きな人が、代表チームにあまり関心なかったりするのが、ちょっとわかる気がする。
    自分は野球はあくまでプロ野球公式戦への興味が全体の99%程度を占める、古典的&保守的野球ファンなんですね。
    でも始まったら観れる限りは観ると思いますけど。

    一方サッカーに関してワタクシはただのミーハーファン。
    今年はW杯イヤーですし、そこそこ自分の中でサッカーも盛り上がりそうです。
    おまけについに!今年ようやくJリーグに贔屓チームが、生まれそうなんです♪

    ちなみに今日のボスニア・ヘルツェゴヴィア戦は、もしかしたら、ほんの気持ちボスニアを応援してたかもしれません~。

    最近「オシムの言葉」って本にもなったオシム監督(J1ジェフ千葉監督・旧ユーゴ代表監督)の出身地サラエボを首都とするボスニアですからね。
    そうです、自分、今年はジェフ千葉を応援してみようかな、と思ってます。

    でも今日の中田のゴールは美しかったですね。
    2点とも中村のクロスというのも頼もしい。
    という具合に、基本ミーハーですから、私のサッカー観(?)

    で、今日は引き分けとは言え、内容は日本の完敗なのではないかと・・・。

    「得点」を予感させるプレーの数は、ボスニアの方が日本の倍くらいあった気がしました。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:47:53| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。