■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    一昨々日の捕逸
    本日のタイトル、某ブログのタイトルからパクリです。
    すみません。。
    (でも先日は、逆にその方にワタクシの専売特許?【ただ今のBGM】をパクられたので、お返しです^_^;)

    一昨々日と書いて、「さきおととい」と読むそうです。
    もうそんなになるのですね。

    っていうか、もう3月ですか・・・。
    ついこないだお正月だと思ったのに、1年の1/6が終了だなんて。
    正月にこのブログで誓ったことなんざ、なに1つできちゃいねーや(←なぜ急にヤサグレるのでしょうか?自分)

    マンドリン合奏の日々が一段落付いたので、今月は少し、映画観たりコンサート通ったり、そういうことに時間を使いたいものです。

    あわよくば、久々に「旅」!なんてしたいなー。。。

    と夢は膨らみますが、今週末は

    ・土曜日は通院+マンドリン演奏会を聴く
    ・日曜日は“未完成』運営メンバーによる「反省会」(?)

    と「予定が未定」ではなく「既定」なのでした・・・。

    うーん、ツマンね。

    いや、マンドリンが「ツマンね」って意味じゃないのですけどね。
    何だか、「決まったレールの上をあとは歩くだけで、意外性がなさそうな感じがする」所にいま1つ何かが。
    うーん、そうか、何が自分に必要か、いま、書いててわかりました。

    あー、旅がしたいっ!!


    【ただ今のBGM】
    ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

    オイストラフ(ヴァイオリン)
    マキシム・ショスタコーヴィチ指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団



    ドミトリー・ショスタコーヴィチの息子マキシム・ショスタコーヴィチが指揮を振り、ショスタコの友人で良き理解者だった20世紀を代表するヴァイオリニストであるオイストラフがヴァイオリンを弾いた名盤。

    オイストラフのヴァイオリンの音は霜降り肉のごとく豊穣。
    それでいてムダな贅肉という感じではなくて、ちゃんと音楽表現のための有効な資源として、出てくる音すべてが役に立っているような、そんな感じがします。

    私にはショスタコは、もう少し寂しく痩せた感じの音の方が合っているような気がしなくもないけど、でもこれはこれでお見事!としか言いようがないですね。
    ヴァイオリンの存在感が圧倒的にすごい演奏です。

    っていうか、「存在感」が物理的にありすぎて、実はちょっとオカシイ。。。冷静に考えたら、数十人いるオケに対して1丁のヴァイオリンの音量がこんなに出るワケないでしょ!ってわけで、これはきっと、録音時にヴァイオリンの音を操作してるんでしょうかね(ワタクシ、オーディオとか録音系の細かい話はようわからんのですが、これはさすがにコンサートホールで聴くバランスとあまりに乖離しているので・・・)

    --------------------------------------------------------------

    ここ数日、ちょっと書き過ぎました。
    日々の生活というよりも、ブログそのもので疲れた(笑)

    おとといの記事なんて、

    「書いてるうちにこの人どんどん必死になってるよ・・・」

    って自分自身で思うのですけど、それが読み手にきちんと伝わってるか?っていうと、激しくギモン。
    なんだか空回りしちゃってる気がしました。

    そうそう、書き忘れてましたが、アンコールは、演奏曲中でも取り上げたフォーレによる作品をやりました。

    「パヴァーヌ」です。

    これは学生の時にも自分、やりました。
    しかも同じ編曲で。
    この時は、我ながらヒドイ演奏だった・・・。
    今回も正直、練習不足で「十全な演奏」とは言えない所がありましたが、それでも「まあ及第点」というくらいの演奏にはなったのかなぁ・・・。

    この曲は以前サイモン・ラトルがウィーンフィルと来日した時に、アンコールでやったんですね。
    すごく気持ちいい響きで、その前のメインプロの曲(何だったか、忘れましたが激しめの曲だった気がします)の興奮の後に、とても上質なデザートを食べた気分になったんです。

    で、自分的には「ああ、この曲でアンコールっていうのも素晴らしいな」と、ずっと思っていました。

    今回“未完成』で「パヴァーヌ」がアンコールとなった細かい経緯は忘れてしまいまして、自分が推したのか、それとも他の誰かが推したのかさえ、定かではないのですが、でも、この曲、やって正解だと思いましたね。

    ただ、、、願わくは、もう少し練習して臨みたかったかも・・・。

    “未完成』の場合、どうしてもアンコールの練習は後回しになります。
    いや、これはむしろほとんどの楽団がそうかもしれませんが。

    ゲルギエフ/マリンスキー歌劇場管弦楽団みたいに、時には30分くらいのアンコールやったりして、しかもそれがプログラム中のどんな曲よりも盛り上がる、なんて方が異様なのでしょう。

    でも、客として演奏会に行った時のことを考えると、結構アンコールってインパクト大きいです。

    奏者側にとって、アンコールの演奏会全体に対する印象度=5%くらい

    だとしたら、

    客にとって、アンコールの演奏会全体に対する印象度=20%くらい

    じゃないか?って思うんですけど、どうでしょう?
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 22:10:14| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。