■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    休暇の日々へ
    【ただ今のBGM】
    セヴラック:「休暇の日々から」第1集より

    舘野泉(ピアノ)



    舘野泉のデビュー40周年記念アルバムはセヴラックのピアノ作品集。南フランス出身のセヴラックの、村人の生活や自然に根ざした美しい作品が舘野の詩情あふれるピアノ演奏で紹介される。

    演奏会が一段落付いた今、今度は、次に向けて選曲作業があります。
    しかも2つのアンサンブル団体で!
    個人的に、同時進行で抽出作業をしていこうと思っています。

    このセヴラックのピアノ曲集は最近目をつけていたものの1つ。
    譜面も安価で入手できます。

    フォーレ「ドリー」とかドビュッシー「小組曲」をもっと素朴にしたような音楽です。
    フォーレやドビュッシーってのは、どんなに可愛らしい曲をやってもまだ、どこかに「大家によるくつろいだ作品臭」があります。
    でもセヴラックは、始めっからフランス南部の田舎者を自認していた人のようで、そういう「鼻高々」な感じが曲中に覗く部分がほとんどないんですよね。

    洗練度では一歩落ちるかもしれませんが、よりピュアな美しさがあるという気がします。

    左手しか動かなくなってしまったピアニスト舘野泉氏は、セヴラックにずいぶん入れ込んでますね。


    さて、演奏会直後の長い一週間がようやく終わりました。

    ブログではそうでもなかったかもしれませんが、実生活はなんだかグダグダで。。。
    今週は「実のあること」をほとんど何もしませんでした。

    本日は、“未完成』とles Cinqで共に演奏している上に、なんと職場でも同僚(部署は違います)という、「運命共同体」(?)のギタリストKMD君と、夕食を共にしました。

    お互いの現在の音楽観、各自参加している楽団への思い、今後の活動に向けた展望など、とてもとてもブログでは書けない、過激or秘密トーク(??)も交えつつ、突っ込んだ話ができました。

    そこで思ったこと。

    「本当はこの密度の話を、自分が参加しているマンドリン楽団の参加者全員とサシでやりたい!」

    だいたいの場合、ある人と一度「サシ」で飲んだり食べたりすると、その人とは当分の間、「わかりあえてる」気持ちになります、ワタクシ。
    単純なんですかね?(笑)

    でも、たとえ全然意見が一致しなかったとしても、「ああ、この人とはこのへんはわかりあえて、このへんは全然わかりあえない」とかいうことが把握できるだけでも、十分にその人との距離感は縮まる気がします。

    そういえば学生の頃のワタクシは、「長電話大好き人間」でした。

    まだ当時はケータイもほとんど普及してなく(世代がバレる・・・)、もっぱら家の電話。
    女性の自宅への電話は、そらもうめちゃくちゃ緊張しましたなー。

    なぜか、オヤジさんが出るんですよね、電話に。

    で、保留音にするやり方がわからないのか、そのままで背後で

    「おい、●□子、電話だぞ。マンドリンの人から。」

    とか言ってるのが聴こえてきて、娘が、

    「あー、もうお父さん!わかってるよー、もう!!」

    とかヒステリックに言ってるのまで聴こえてきて(滝汗)、その数秒後に、

    「あっ、タテラッツィ君?こ~んば~んわ~♪」

    なんて出てくる(笑)

    こういう独特のドキドキ感って、もう人生で二度と味わうことないんでしょうねえ・・・。

    今どき、「イエデン」なんてかけたら、ちょっとコイツ、オカシイんじゃね?くらいに思われかねない世の中になってしまいました。
    残念!
    (残念、なのか・・・?)

    って、あれ、、、オレは一体なにが言いたかったんでしたっけ??(汗)

    ああ、そうですね。

    ええと、学生当時は、とにかくコミュニケーション不足にならぬよう、電話を多用しました。
    メールもケータイもない世の中では、それが一番有効に機能したのです。

    今でも普段会えない人にはなるべくメールで長めの文章をやり取りしたいな、って思ってるのですが、どうしても後手後手に、、、。

    最近は、マンドリン関連の事務連絡ばっかりで、人に私信でのきちんとしたメールって、もう1~2か月は送ってないですねえ。。。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:07:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。