■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    東京ツプフアンサンブル(TZE)第8回演奏会
    この土日は、久々に2日とも楽器ケースも入院グッズも持たずに外出できます。

    といっても、なんだか気付いたら、「2日で5つ」も用事が・・・(苦笑)

    土曜日:PM:通院(お茶の水)→一日一善 健康管理編参照
        19:00東京ツプフアンサンブルの演奏会を聴く(大田区大森)
    日曜日:9:00リベルテ運営関連での打ち合わせ(立川市)
        13:00“未完成』運営関連での打ち合わせ(江東区豊洲)
        18:00マンドリンアンサンブル「ブルレッタ」演奏会を聴く(市ヶ谷)

    ちなみにワタクシ、千葉県民なのです(汗)
    特に、明日の朝9:00に立川は正直、殺人的(笑)
    立川って、、、関東平野の端と端ってくらい遠い所です。
    「小旅行」どころか普通に「旅」ですよ、ええ。

    そういえば先日の“未完成』、練習とか本番が埼玉の川口だったので、

    「川口って、、、遠すぎ!」

    とかぶつくさ文句言ってました所、某団員に、

    「川口が遠いんじゃなくて、、、




















    あなたの家が遠いの!


    と一言で見事撃退されてしまったのでした。。。


    でもやっぱり家@千葉県某所→立川→豊洲の移動は厳しいなぁ。

    でもやっぱりこれらの用事は全て自分でやりたくてやってることだから自業自得だな。。。

    そんでもって電車の中で寝るなり本読むなり音楽聴くなりすれば、結構有意義な休日と言えなくもないにゃ~。

    というわけで今晩は早く寝ないといけないので、前置きはこれくらいにしまして、


    【ただ今のBGM】

    ウォルフガング・リーム:Depart for mixed chorus,speaking chorus and 22 players

    クラウディオ・アバド指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団



    1990年代から21世紀入ってすぐあたりまでベルリンフィルの音楽監督を務めていたアバドですが、1980年代は、ウィーン国立歌劇場の音楽監督だったんですね。
    その頃アバドがウィーンで起こした企画がこの「ウィーン・モデルン」。

    この企画、たしか「3」くらいまであったと思うんですが、どれもこれも、「前衛音楽らしい前衛音楽」が収められています。

    ・何とオケがウィーンフィル!

    ですし、

    ・「前衛音楽とは何か?」を知るには最適なシリーズ

    なので、

    かなりオススメと言えるでしょう。

    しかし、そこで拒絶反応示しちゃった場合、棚の中で眠らせてしまうことになるかもですね・・・。

    そして、↑に挙げましたドイツの巨匠の中の巨匠、リームの音楽なんてものを、まさかマンドリンアンサンブルで聴く機会が訪れようとは、夢にも思っていませんでした。

    そうですそうです、今日は

    東京ツプフアンサンブルの演奏会へ行ってまいりました。


    【東京ツプフアンサンブル(TZE)第8回演奏会】
    春の大森マンドリンコンサート
    ~ヴォルフガングと敬と~

    [日時] 2006年3月4日(土) 18:30開場、19:00開演
    [会場] 大田文化の森 多目的ホール(〒143-0024 大田区中央2-10-1, 03-3772-0700)
    [交通] JR大森駅西口から東急バス・池上方面行(蒲田駅、池上駅、洗足池行等)にて
        「大田文化の森」下車1分、あるいは、東急池上線池上駅から東急バス・大森
        方面行(大森駅、大井町、品川駅行等)にて「大田文化の森」下車1分
    [入場料] 2500円(全席自由、ワイン等の飲み物付き)
    [主催] TZE
    [曲目]
    L.モーツァルト/ヴォルフガングのために
    グンゼンハイマー/アルトリコーダー小協奏曲(リコーダーとZO)
    バスト/ス・プレンドル(リコーダーとZO)
    バスト/シュトゥーディー76
    リーム/レントラー
    フラッハスカンプフ/アイルランド民謡組曲(ティン・ホイッスルとZO)
    シュヴェーン/アーベントムジーク

    [指揮] ヴォルフガング・バスト
    [リコーダー/ティン・ホイッスル] 安井敬

    [東京ツプフアンサンブル]
    ドイツ・ケルン在住のマンドリン製作家・内藤喜の楽器を使用する
    奏者によるマンドリン・アンサンブル。内藤喜・伊藤敏明主宰。


    このアンサンブル、結成演奏会を含め、これまで半分以上の回に通わせていただいております。
    今、自分にとって、聴きに行くことを最も楽しみにしているマンドリンアンサンブルの1つなんです。

    で、関東の中で割と名の通ったマンドリン楽団なんかの演奏会を聴きに行きますと、結構な人数の知り合いとか、知り合いではないけどこっちが一方的に知ってる業界有名人のお方たち(どっかの楽団で指揮とかコンマスやってるような方々ですね)を客席で見かけます。

    最近自分が経験した所で言いますと、メトロポリタンMOとか慶應義塾さんとかアメデオさんとかの時が、そんな感じでした。

    で、このツプフアンサンブルも今回はかつてないくらい、そういう感じがありました。

    あちこちで宣伝されてるご様子でしたし、効を奏したのではないでしょうか?
    ざっと見たところで250人くらいのキャパでしょうか。
    8割方、埋まっているように見えました。

    残念なのは、ここ2回ほどですかね、きちんとした音楽ホールではなく、多目的ホールのような所での発表だったんですね。
    以前は同じ建物の1階にある音楽ホールでやっていたんです。
    また戻っていただきたい所ですが、終演後、主宰している方に伺った所、なかなか難しい事情があるようでした。

    このアンサンブルがやろうとしていることは、その演奏を聴けば一目(?)瞭然です。
    明確なコンセプトを持ち、それに向けて必要なことをしっかり実行できている、とても格好いい楽団です。

    公演プログラムより表現を抜粋させていただきますと、

    「マンドリンアンサンブルの新しい響きとマンドリン音楽の新しい可能性を追求することを目的に演奏活動をする」

    とあります。

    こういう言葉って、結構そこらじゅうの楽団が結成時の「檄文」みたいな所で使っていたりしますよね。
    ワタクシ、les Cinqでも書いた気がしますです。。。
    でも、本当にそれを実行できている楽団って、果たしてどれくらいあるのだろう?
    そう考えた時、自分の中で筆頭に出てくるアンサンブルがこの東京ツプフアンサンブルです。

    で、この楽団、いつもだと“未完成』なんかでご一緒している知人の方々が出ているのですが、今回は“未完成』とわずか一週間違いということで、その方々も客席にいました。

    それ以外のルートの知人(って言うか、要するに自分の大学の大先輩なんですが)はステージに何人かいらっしゃいましたけど。

    というわけで、今回は「知り合いが出てるから応援に行った」的要素(これもアマチュアにおいて非常に重要なことは否定しません)よりも、かなり純粋に「聴きたくて行った」演奏会でした。

    この楽団が狙い通りのことを実行できている背景としまして、

    ・マンドリン系の使用楽器は全て同じマンドリン製作家(にしてこの楽団のコンサートマスターでもある)、内藤喜氏によるもの

    ということがあります。

    伺った所によりますと、皆さん、この内藤さんの楽器を持ってるんですねえ。
    でも交渉次第では、借りて出ることも可能なようです(?)

    終演後、主宰している方(大学の大先輩で元々よく知ってる方なんです)と話していて、光栄というか僭越なことに「どう、一度出てみない?」てな話をいただいたんです。

    しかし、次の演奏会は今年10月でその次は3月(年2回ペースになったんですね~)とのこと。

    うーん、参加している他楽団の本番から近すぎて厳しいかも、、、。
    ものすごく残念。。。

    自分にないものばっかり皆さん持っていらっしゃるので、出たら一体どれだけの勉強をさせてもらえるか?計り知れない所があります。

    さて、またプログラムから抜粋させていただくと、

    「毎回のコンサートは「交流」をモットーに一つのコンセプトによるプログラムで、できるだけ自由でかつ簡素な企画に基づき実施する。」

    今回のコンセプトは、「ウォルフガング」。

    「あーそうか!今年は250周年の・・・」

    と思ったら、大間違いでして、、、

    アマデウスさんの登場は、何とナシ!
    なんちゅー、コダワリようでしょうか?(笑)

    250周年のアマデウスよりも100周年のショスタコにウツツを抜かしている自分としては、そんなメンタリティ(?)も共感度大だったのです。
    (※別に「アマデウス」が嫌いなワケではありません。ただ、ちょっと違う所にもアンテナ向けてもいいんじゃないの?って思うわけです)

    っていうか、指揮者のバスト氏(ドイツマンドリン界の重鎮)のファーストネームは「ウォルフガング」なんですね。
    なるほど、それもあってのことなのでしょうか。

    しかし、そこからまさか「ウォルフガング・リーム」が出てくるとは思いませんでした。
    リームのこのレントラーという曲。
    もともと原曲として「ピアノのための原曲版および13台の弦楽器のための版(1979)」
    というのがあって、それをアンドレアス・グリューンというリームのお弟子さんがマンドリンアンサンブル用に編曲したみたいです。

    見た目「前衛的」に聴こえるかもしれませんが、これは実人生のごとく物事が多様化していく様を表現しているという点において、「ポストモダン」の発想から成る今回のプログラムの中でも、それをもっとも具備した音楽だと言えるのかな、と思います。
    その点でむしろこの曲、「アンチ前衛」なんだと思います。
    武満徹とかと(音楽の嗜好性は全然違いますが)「前衛」に対する立ち位置みたいなものには、共通する部分がありそうです。

    リームの発言(抜粋)。

    「(前略)いつも決まりきった曲を似たような解釈の演奏で、絶え間なく新しい録音として市場に供給していくスタイルで純音楽が関わるとすれば、これはクラシック音楽市場に危機を巻き込む最大原因になるに違いないと私は思う。」

    ↑ヒザを打って「同~感~!」って叫びたいくらいです。

    めちゃくちゃカンタンに言うと、

    「おまいら、マンネリ化しとるぞ、ごるぁ。もっと目新しいこと、やりらんかい!」

    ですね(ハショリすぎか・・・?)

    リームの他には、

    ・アイルランド民謡を元にアレンジした音楽
    とても愉快で楽しい曲でした。
    こちらは逆にその「通俗性」が魅力的。

    それから、

    ・ツプフ系では定番の(?)「アーベントムジーク」
    この曲名自体を楽団名にしている団体がありまして、自分がこの曲を聴いたのは、その楽団の5年くらい前の演奏会で聴いて以来。
    情けないですが、もうどんな曲だったかも、ほとんど忘れてしまっておりました。
    今回の曲目の中では、おそらく「通俗性」と「テーマに対する訴求力」とのバランスが一番良い曲で、これを最後に持ってきたプログラミングは、個人的には納得できました。

    次に、この楽団のモットーだという「出会い」について。

    そうなんです。毎回、素晴らしいソリストを迎えて、競演していますね。

    今回は、リコーダー奏者またティン・ホイッスル奏者の草分け的存在で、テレビやCD録音で活躍中の安井敬氏により軽やかで美しい調べがこの楽団特有の落ち着いた音色のマンドリンの音とよく合っていました。まるで古楽器オケの演奏を聴いているかのよう。

    驚いたことに、この演奏会のためにたった2回しか練習してない!んだそうですが、それを考えると驚異的な完成度ですね。

    たしかに「縦の線」という面では、ごくタマにズレはあるのですが、音楽の流れ=「横の線」と、和声的な感じ方に共通理解ができているのか、そうしたズレが「ミス」として聴こえてきません。むしろ「味付け」として意図的にずらしているのでは?とさえ思えてしまうほど。

    「オトナの演奏」という感じでした。
    会場の雰囲気もアダルトで。

    あと面白かったことに、

    コンマス(前述の内藤氏)のマンドリン、弦が4本しかない!んです。

    「マンドリンっつたら、あーた、複弦で8本に決まっとるやないけ!」

    ってフツウは思いますよね?

    でも、内藤氏は、「本来、マンドリンは複弦である必要などない」と仰っているそうです(ここん所、伝聞形ですので、万一ニュアンス違いましたら、すみませんがどなたかご指摘くださいm(_ _)m)

    もちろん1本だけでも十分に音が出せる人にとっての話なんでしょうし、また、そげいなことは、「単弦用」に設計して作られた楽器でしかやらない方がいいんでしょうけど。

    今回の演奏会で、唯一残念だったのは、お客さんたちのマナー

    指揮者(マンドリン界の重鎮、ヴォルフガング・バスト氏です)が曲を始めようとする直前でいきなり客席でケータイが鳴って、指揮者苦笑・・・みたいな場面もあったし、すごくキレイなppの音楽の所で、ビニール袋をガサゴソやる人とか、、、。

    あり得ないす。。。

    あと運営側の方、終演後に後ろで飲み物を振舞っていただいたのは、非常に非常に!嬉しかったのですが、ただ僭越ながら、、、

    ・演奏中にビンをがらがら言わせながら、準備するのはどうかと思うのですが、いかがでしょうか?

    演奏聴きながら、ノドがモノ欲しげにゴックン!って言ってしまいましたので(って、そんな理由ですか!・・・)

    それから、

    ・遅れて来た人を曲の最中に入れるのはどうかと・・。せめて楽章間にしませんか?

    「クラシックだってね、ポップスみたく、畏まらないでガヤガヤにぎやかにやりましょうや!」

    ってスタンスの楽団だったらそんなことは構わないんですが(そんな楽団あるのかどうか知りませんが)、プログラムの中でしっかりと「クラシックがポップスのように扱われている昨今の実情を嘆く」ような話まで引用という形ではあっても出ている楽団ですので、やはりこのあたりは注意が必要なのかな、と思いました。

    しかし、まあ言ってみれば、気になったのはこうした「演奏外」の面ばかり。

    演奏については、本当に心から楽しんだ演奏会でした。

    最後にやはりまたプログラムから、この楽団の趣旨をよく表しているなーと思った太陽の塔の芸術家・岡本太郎氏の発言からの抜粋。

    「現在に古典となって残っているものはそれぞれの時代のモダンアートとも言うべきものだった。だから古典作品を事大主義的に、観念的にその価値をことさらに強調し、ひたすら保守することに腐心することが伝統を守るということではない。今の時代の目線で、今の価値観で、その存在そのものに虚心坦懐にぶつかり、そこからエネルギーを感じ取り、現代の自分の創造の糧とすることこそが古典を受け継ぎ伝統に生きるということなのだ。」(要約)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:52:57| Trackback(0)| Comments(9)
    コメント
    4単弦
    4単弦のマンドリン、私も実物を見たことはありませんが、歴史的には、由緒正しいものなのだそうです。craneホームページにいろいろ詳しいことが載ってますよ。
    ご覧下さい。
    http://www.crane.gr.jp/
    2006-03-10 金 18:21:04 | URL | kohji [編集]
    kohji様
    始めまして(でしたでしょうか?)
    ようこそお越しくださいました!

    さて、craneというリンク先のHP、取り急ぎざっと見てみました。
    がしかし、情報量の多さとマニア度に圧倒されてしまい、結局、どこのコーナーで4単弦マンドリン情報が得られるのか、わからず仕舞いでした。。。
    また改めて探してみようと思いますが、もしよろしければ、どちらのコーナーで言及されているか、掴み程度でも結構ですので、教えていただけると、幸いです。
    2006-03-11 土 01:32:25 | URL | タテラッツィ [編集]
    (改めまして、)はじめまして、です。ArpのI氏の後輩のギター弾きです。
    古来、6単弦のナポリ式、4単弦のフィレンツェ式などがあり、4複弦の鉄線はヴィナッチャ以降だそうです。他にもいろいろ書いてあったと記憶してますが、とりあえず。

    http://www.crane.gr.jp/MakingLuteZero/CRANE_002_05type_Consider.html
    2006-03-11 土 15:24:37 | URL | kohji [編集]
    kohji様
    Arpの方だったのですね。どうも始めまして。
    I先輩には自分もお世話になっております。

    なるほど、ヴィナッチャなんて「オールド」とか言われてますけど、もっともっと古い楽器では、単弦だったんですねー。

    マンドリン弾いてるクセに、楽器の歴史を全く知らないもので(汗)、これを機にいろいろ調べてみたくなりました。

    ありがとうございます。
    2006-03-13 月 00:23:25 | URL | タテラッツィ [編集]
    それが普通でしょう。
    私もつい最近まで知りませんでしたので、ご存知ないのが普通でしょう。東京を離れて遥か西の彼方に帰って20年近くなります、こちらのブログを拝見しておりますと、あのころNHKのスタジオで合奏の勉強をさせていただいたのをとても懐かしく思います。
    2006-03-13 月 01:12:13 | URL | kohji [編集]
    kohji様
    NHKのスタジオっていうことは、JMJにいらした方なんでしょうか?(と言ってもワタクシは出ておりませんが・・・)

    しかし、楽器のこと、少しは知っていた方が愛着が出るのは間違いなさそうですよね。
    これを機に少しだけ学んでみようかと、気持ちだけは前向きになりました(笑)。
    それでは今後ともよろしくお願いします。
    2006-03-14 火 02:43:05 | URL | タテラッツィ [編集]
    JMJ
    はい、3年間おりました。本物の音楽を勉強させてもらって、貴重な体験でした。こちらこそ、今後とも、よろしくお願い致します。
    2006-03-14 火 13:22:20 | URL | kohji [編集]
    kohji様
    なるほど、JMJはちょうど自分が「そろそろ出たいな」と思ったときに終わってしまったので、ちょっと口惜しいんです。。。
    自分の周囲には経験者がいっぱいいるので、共通の知人がいるかもしれませんね。

    それでは、今後ともよろしくお願いします。
    2006-03-15 水 01:14:24 | URL | タテラッツィ [編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006-03-17 金 08:31:35 | | [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。