■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ブルレッタ演奏会
    【ただ今のBGM】

    ドビュッシー:前奏曲第1番から「野を渡る風」

    ピエール・ローラン・エマール(ピアノ)
    (NHK教育TV芸術劇場)

    エマールのピアノ、一言で言えば、「怜悧」という感じでしょうか?

    「冷静と情熱の間」というよりは、「冷静と沈着の間」くらいの感情幅しかなさそうです・・・。


    今日の一日。うーん、自業自得とは言え、今、ちょっとヘトヘトかも(苦笑)

    6時半起床
    7時20分出発
    9時 立川駅着
    9時半立川でリベルテ関連の打ち合わせ
    13時 江東区豊洲で“未完成』関連の打ち合わせ
    18時 ルーテル市ヶ谷でマンドリンアンサンブル「ブルレッタ」演奏会を聴く
    22時 帰宅
    今に至る

    1)リベルテの打ち合わせ:詳細はまだ極秘なんです。チャレンジングなスタンスのこの楽団のことですから、また「新しい何かに向かっている」とだけ申しておきましょう~。

    2)“未完成』の打ち合わせ:先週の演奏会の反省会(運営関係メンバー・パートトップのみ)。

    当たり前ですが、どんなに素晴らしい奏者が集まったとしても、それだけで演奏会は開けません。今日は主に演奏会を開くための事務方として必要な話をしてきました。

    例えば、↓のような話です。

    ※記述はイメージです。雰囲気が伝わりやすくするよう、単純化してます。

    ・今後の楽団年間スケジュール

    ○月は練習2回やる、■月は3回、▽月は4回・・・などといった話
    □月に合宿をやる
    ×月までに次回の演奏曲目を決定しておく
    団内の小演奏会を△月にやる
    宣伝チラシを●月までに作成しておく
    ○月からチラシを他の楽団の演奏会プログラムに挟み始める

    などなど。

    ここでのポイントは、それぞれの時期と作業の期限を決めただけでなく、今回は楽団メンバーに周知したり募集したりする時期まで、今日の時点であらかじめ決めてしまいました!かつてない用意周到さ(笑)
    でもこれ、これまで何でもかんでも後手後手に回っていたことの反省なんです。

    例えば、団内の小演奏会(内輪のミニ発表会)をやるには、日時を決め、場所を押さえ、メンバーに告知してエントリーを募り、そのエントリー数から全体の所要時間を導き出し、演奏会の開始時間と終了時間を決定。打ち上げの飲み会の開始時間も決める。
    この作業において、メンバーに告知してエントリーを募るっていう部分がたぶん一番重要な作業です。
    少しでも早めに募集をかけ、エントリーの方は逆にギリギリまで猶予を与える。
    そのためには、「●月までにメンバーへ告知しておくこと」っていうのが、あらかじめ決まっておいた方が、他の作業もルーズにならずに良いんです。

    ・予算決め

    来年度の会計上の収支の予測を立て、何とかギリギリ黒字を確保できる見通しとなる予算を作成しました。

    ・団員確保について、集客の方法について

    たぶんどこでもそうだと思いますが、音楽団体にとって最も重要なこの2点について、意見交換。アイデアの出し合い。
    そうそうカンタンに行く話ではないのですが、現時点でできることを確認しました。

    いや、まあ他にもいろんな話はしましたが、それはとりあえず企業秘密ということで(^^;)


    3)アンサンブル「ブルレッタ」演奏会を聴いてきました

    060305_1950~0001.jpg


    《マンドリンアンサンブル ブルレッタ演奏会》
    ●日時 2006年 3月 5日(日) 18時開演
    ●場所 ルーテル市ヶ谷センター(東京メトロ市ヶ谷駅近く)
    http://www.l-i-c.com/
    ●入場料
    前売1,500円 当日2,000円
    ●曲目
    秘密の結婚より序曲(チマローザ)
    マンドリン四重奏曲二長調(ムニエル)
    菊(プッチーニ)
    弦楽四重奏第6番へ長調アメリカ(ドボルザーク) 他
    ●メンバー
    横山宏治 清原恵梨 吉本雅啓 小林 薫 田口俊太郎


    ↑はあるサイトに書き込まれていた宣伝文を転載させていただいたものです。

    ここで、ワタクシ的に一番驚いたこと。

    それが実は、

    曲目欄の「」という一文字なんです。

    つまり曲は上記だけじゃないってことなんです。

    具体的には、

    ・R.Calaceの「牧歌」
    ・モーツァルトの「ディヴェルティメント」ニ長調作品136より第一楽章

    も演奏されました。

    モーツァルト生誕250周年に、あえてこれを「他」の中に含んだ理由はわかりません。

    ギリギリまで曲の仕上がりに不安があったから、サイアクの場合、キャンセルできるよう、伏せておいたのかもしれませんし、

    あるいは、

    単にスペースの都合で短い曲だし、ってことで割愛したのかもしれません。

    このアンサンブルの実力の高さを考えると、きっと、後者なんだろうな、と思いました。

    ってことは、あえて全部載せなかったということなんですね。
    これはワタクシが出ているような楽団では、ちょっとない発想なので、ビックリしました。

    とくにワタクシの場合、演奏会を聴きに行くに当たって、「演奏曲目が何であるか」は最重要項目の1つですので。

    おおむね自分が、アマチュアの演奏会を聴きに行く際の決定要素は、

    (1)人(知り合いがいるかどうか)
    (2)演奏曲目
    (3)日時・場所(都合が付くかどうか)
    (4)演奏への期待度
    (5)自分の体調


    の5点に集約されるかと思っています。

    (1)~(5)のうち、(3)は絶対です。
    都合が付かないものは、どうにもなりません。
    (がしかし、それでも何が何でも聴きたい!という場合には、「仮病で先約を断ってしまう」などのファイナルウェポン(?)もあるにはあります)

    ※「ファイナルウェポン」は私の場合、「10年に1回くらい」しか使ってませんので、あしからず。。。

    次に重要なのは、ワタクシの場合実は、、、(2)の演奏曲目なんですねえ。
    これが40パーセントくらい。
    結構大きいんです。
    他は、
    (4)演奏への期待度が30パーセント
    (5)自分の体調が20パーセント
    (1)人(知り合いの有無)は10パーセントくらいですか。
    知り合いは、いればそれなりに応援しますが、いなくても興味ある演奏会なら聴きに出かけます。

    通常は、(4)演奏への期待度が70パーセントくらい行っちゃってる人が多いんでしょうね。

    これ、要するに、演奏会を作る側の姿勢でもありますが、

    「曲が先か、演奏(楽器)が先か」

    という、かなり本質的な議論になり得る話だと思います。

    ワタクシ、日頃から

    「自分はたぶん演奏家気質の人間ではない」

    と申し上げていますが、そのココロもまあそんな所に見え隠れしていると思います。

    自分は、極論すれば、

    「嫌いな曲だったらたとえ世界一の名奏者による演奏でも聴きたくない」

    です。

    ベルリンフィルによる「アラレちゃん音頭」よりかは、les Cinqや“未完成』の「ドリー」の方がいいです。
    アラレちゃん音頭は、そんなに嫌いでもなかったりしますが(笑)
    (本当に嫌いなものは、書いちゃうと、それを演奏してる方に対してカドが立つので、書けません・・・)

    そう考えると今回の「ブルレッタ」さんの場合は、ちょっと例外かもしれません。

    曲として自分が興味あったのは、プッチーニ「菊」くらいのもんでした(「アメリカ」はマンドリンでやってしまったこと自体に驚きましたが)。しかし今回は、「スゴ腕四重奏団の演奏をぜひ聴いてみたい!」という明らかに演奏そのものへの興味で聴きに出かけました。

    いやー、上手ですね~。

    おーすげー、、、ってため息ついてました。

    このマンドリン四重奏団、アンサンブル・ビアンカフィオーリさんのメンバーで構成されているそうですが、ビアンカさんって言ったら、もう1つマンドリン五重奏団ヴァロールクインテットがあるんですね。

    スゴ腕の小アンサンブルを2つも抱えているこの楽団、すさまじいですね~。

    特に自分と同じマンドセロについて、このアンサンブルの方はすごい迫力を持った音を紡ぎ出す名手の方ですので、聴いていてずいぶん参考になりました。トレモロの速度が意外にもあまり速くないのにも驚きましたが、芯が通ったキレイな音でした。

    昨日のツプフオーケストラのマンドセロの方もまた全く違ったきれいな音を出されていましたが、いやはや、マンドセロでいい音出す方、いらっしゃるんですねー。
    ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

    ※その影響で次の日、基礎練を80分ほどやってしまいました(^^)

    そしてもちろんマンドセロだけでなく、他のパートの音も聴いてました。
    みなさんすごくお上手で。
    音色は明るく乾燥した感じの音ですね、みなさん。
    まさに「南イタリア」、マンドリンの本場ですが、そっち方面をイメージさせるようなサウンドでした。

    唯一、不満というか、ある意味では「なるほど」と思ったのは、

    ・どんな曲をやっても、その曲の流儀ではなく、このアンサンブルの流儀でやっている

    という点でしょうか。

    これもまた、上に書いた「演奏が先か、曲が先か」の議論の一端となりえる話だと思います。

    ・カラヤンの指揮する音楽は、ブラームスだろうがラヴェルだろうが、その作曲家の音楽というよりは、カラヤンの音楽になってしまう

    とよく言われます。

    つまりは、そういうことです。

    自分としては、ある意味では奏者としてそこまでの自信がないとも言えるし、スタンスとして正当だと考えているから、っていうことでもありますが、

    ・やる曲に応じて自分たちの音を変えていく

    やり方です。

    やっぱり自分は「曲ありき」なんだと思います。

    これは、上述のカラヤンクラスでも両方の【派閥】があるくらいなものですから、当然、正解はありません。

    ただ、どっちで自分は行きたいのか、そこん所は考えてみてもいいんじゃないでしょうかね?

    さて、マンドリン五重奏をやっている者として、アンサンブルの作り方はずいぶん参考になりました。

    アンサンブル初心者の自分としてとても参考になる部分が多かったですね。
    呼吸の合わせ方とか。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:25:36| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。