■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    マンドリンオケのマンドリンじゃない楽器
    昨日のブルレッタさんの公演の感想、何気に「補足説明」でほとんど要約し切っていますね。

    夜中の眠い時にダラダラと推敲もしてない長文を垂れ流すよりも、昼間の少しはシャキっとしてる時間帯の文章の方が、いいものができそう??

    これからは、このブログ、「毎日昼休み更新」にしましょうかね・・・?(笑)

    結局、

    ・一昨日のツプフさんのレポートは、弱冠の校正のみ
    ・昨日のブルレッタさんのレポートはかなり修正


    ということにしました。ご了承くださいませm(_ _)m


    そうそう、おかげ様でこのブログ、まもなく

    5万HIT

    を迎えることができそうです~。

    しかし、こんな拙文を、、、みなさんよっぽどヒマ人?(ケンカ売ってんのか!?)

    いえいえ、あの、なんていうんですか、照れ臭くなると、こういう斜に構えた言い方しかできなくなっちまうんでさあ。
    ねえ、どすのメッキーメッサーさんよ!(って、これが何からパクってるか、ほとんど誰もわからんですね、、)

    というわけで(どういうわけだろ)、5万HITをワタクシまでコメント又はメールtatecchoあっとまーくヤフー(知人の方なら対面でもケータイでも何でも)へ自己申告くださった方に、何かプレゼントを差し上げますね。

    で、何にしますかね(←って、あらかじめ決めとけよ、自分)

    候補を挙げていきますと、

    ・これまでかぶって購入しちゃったCD2~3枚

    これは以前、応募ナシだったのですが、、。まあこれですかね。

    ・マンドリン五重奏団les Cinq第2回演奏会にゲスト出演できる権利!

    って、楽団を私物化すな~!!と他のメンバーから総スカン喰らいそうなので、これはさすがにムリ。

    ・ワタクシがマンドリンを教えてあげる権

    これ、ワタクシがやったところで「ばかやろ~!逆にオレ様(あたい)が貴様に教えてやらぁ!!」
    と返り討ちに遭うこと必至なわけで、某氏のようにこれを切り番プレゼントにするのは、impossibleです。

    ・当たった人の所属する楽団の次回演奏会の選曲を考えてあげる権

    これなら、ワタクシ、少々自信あるかも!
    って、超ウルトラ余計なお世話!ですよ(当たり前)。
    しかもワタクシ、その楽団の伝統とかと関係なく、「ドリー」とか提案しちゃいそうですし、、、。

    ってわけで、50000の切り番ゲッターの方には、

    ワタクシ所持の2000枚前後あるCDコレクションから、とっておき3枚をプレゼント!

    これでどうでしょう?


    【ただ今のBGM】
    オーバー・ザ・レインボー~ギターのための12の歌より(武満徹)

    村治佳織(ギター)




    ワタクシとしては、かなりメジャー路線でしょうか?(笑)

    マンドリンオケのギターパートの人って、かなりの確率でこの曲の譜面、持ってますよね。
    (私の周りだけ?)

    ちなみに今年は

    モーツァルト生誕250周年
    ショスタコーヴィチ生誕100周年

    のほかに、

    武満徹没後10年

    というのもあります。

    そして今後は、例えば、

    「武満徹没後20年」

    って言う年には

    伊福部昭没後10年

    も同時にやってくることになるのですね。

    武満徹については、メモリアルイヤーの割に、記念演奏会みたいなのは、そんなに多く企画されてない印象ですが、その代わりここ最近、武満関係の書籍がずいぶんいろいろ出ましたね。
    そのうち折を見て、どれか1冊読んでみようと思います~。

    ところで、これ、当たり前ですが、ギター曲なんですね。
    クラシックギターの曲なんて、自分、滅多に聴かないのですが、その響きにはそれはもうめちゃ慣れてます(当たり前)。

    いやしかし、

    「マンドリンオーケストラやってます」

    って職場の人とかに言うと、よく聴かれることが、

    「マンドリン以外にも、何か楽器入れてるの?」

    なんです。

    で、ここをご覧の皆様の多くはマンドリンオケを一度くらい弾いたり聴いたりされた方が多いと思うので、恐らくは説明不要かと思いますが、一応、マンドリン以外に、

    ・マンドラテノール
    ・マンドロンチェロ
    ・クラシックギター
    ・コントラバス

    (ここまでマンドリンオケ含有率90パーセント以上)

    ・マンドリュート
    ・マンドローネ

    (ここまでマンドリンオケ含有率50パーセントくらい?)

    ・フルート(ピッコロ)
    ・クラリネット
    ・パーカッション(ティンパニ、スネアドラム、マリンバ、カスタネット等)

    (ここまでマンドリンオケ含有率25パーセントくらい?)

    ・マンドラコントラルト
    ・オーボエ
    ・ファゴット
    ・ハープ
    ・ピアノ
    ・ヴァイオリン
    ・ドラムセット
    ・サックス
    ・独唱(ソプラノ、テノール等々)
    ・合唱
    など

    (ここまでマンドリンオケ含有率3パーセントくらい?)

    なんて楽器(や歌)が入ることがありますよね。

    で、特に上の方、クラシックギターやコントラバス、それから私の場合は“未完成』に常設されているフルートとクラリネット、これらのために書かれた音楽も、本来であればいろいろ聴いて勉強しときたいな、と思っているのですが、いかんせん、あまり手が回ってません。

    特にクラシックギターのための曲って、ギターパートの人はえらく詳しいけど、それ以外のパートの人はてんで無関心という傾向が、どこの楽団でもあるような。

    ワタクシ、常日頃からここで、

    「自分の演奏している楽器のために書かれた音楽しか聴かない人が多いけど、なんてもったいない!」

    と口酸っぱく書かせていただいておりますが、これはちょうど逆の現象で、身近に奏者がいっぱいいる楽器なのに、その関連の曲をほとんど知らないという。

    これも「もったいない」ことだよなー、とふと思ったのでした。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:24:50| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。