■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    新着CDの紹介
    給料日直前だと言うのに、また最近、CDが増えてしまいました。

    ・ベートーヴェン交響曲全集
     ブロムシュテット指揮/ドレスデン・シュターツカペレ

     一体いくつめのベト全(ベートーヴェン交響曲全集)なんでしょう。
     5以上なのは間違いないです。曲別に言うと、例えば3番「英雄」だけで
     20種類以上のCDを持ってますね。アホですね。
     なのにあえてこの全集を購入した訳は、安い(5枚組1990円!)とい
     うのもありますけど、何よりも、このオケの素晴らしい黄金時代(197
     0年代)の音が聴ける貴重なCDだからなんですね。
     重要なのは演奏であって曲は何でもいい、という聴き方の典型です。
     このオケの素晴らしさは5月23日頃の日記で書きました。
     低音の音にまでツヤがあって、素敵です。
     解釈も非常にオーソドックスなので、演奏者が参考音源にするのにも良い
     と思いますね。

    ・シューマン交響曲第3番、第4番
     ギュンター・ウ゛ァント指揮/北ドイツ放送交響楽団(NDR)

      1人だけ好きな音楽家を挙げるとしたら、俺の場合は文句なしにこの
     ウ゛ァントを挙げます。バッハでもラウ゛ェルでもカルロス・クライバー
     でもありません。何せドイツに3回も追っかけ旅行してしまった!くらい
     なんですよ(もちろん旅のついでですけど、旅程は完全にウ゛ァント中心
     で組んだ)。この人の素晴らしさは俺の文章力では表現できないと思いま
     すが、いずれどこかに書いてみようと思います。このシューマンもズシリ
     と腰の座った音が聴けます。恣意的な所の全くない腰の座った音を聞かせ
     るというのが、ウ゛ァントの特徴です。「楽譜にあることだけが正解」と
     彼は言います。そして、プロオケの指揮者という華やかなステータスから
     は無縁に田舎の住処でひっそりと来る日も来る日もスコアを眺めて過ごす
     修道僧のような生活をしていた人です。
      今は、プロの指揮者でさえ、自分が振る曲の予習を移動中の飛行機の中
     で他の指揮者が振った演奏のCDをヘッドホンで聴き、参考にして振ったり
     してるそうです。ウ゛ァントは2002年2月14日に亡くなってしまい
     ましたが、彼はもしかすると最後のホンモノの指揮者だったのかもしれま
     せん。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。