■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    演奏会の予習
    今日は4月以降・新年度の配属の発表の日。

    自分は、

    今後少なくとも1年間は、過去2年間と同じ部署のまま

    となりました。

    今の仕事にはかなり慣れているし、直接の上司は変わらないことになったし、自分の病状も今は比較的安定しているし、これからしばらくは、割と悠々自適な生活が送れるのではないか?と勝手に期待しています(予定は未定)。


    【ただ今のBGM】
    J.S.Bach:「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」より「パルティータ 第2番ニ短調(BWV1004)」第5曲「シャコンヌ」

    レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)




    ベト5(運命)にシャコンヌ、この一両日、これまでになくメジャー曲紹介ブログと化しております(^^;)

    明日、私の参加するマンドリンオケ・アンサンブル「リベルテ」の代表、望月君(相互リンク中、リンク先はコチラ)の初のソロリサイタルがあります。

    というわけで、ただ今、予習中。

    やっぱり演奏会聴きに行く際は、事前に予習しておけば、本番時の聴こえ方が相当違ってきますね。

    バッハの「シャコンヌ」、この曲については熱烈に愛している人がいっぱいいる曲でして、自分の近くにも、「とにかくシャコンヌならどんな演奏でも聴く!」みたいなことを言っている男がいます。

    そういう人たちと比べ自分は、「シャコンヌ」ってバッハの中で飛びぬけて好きってわけでもなく(ちなみにバッハで一番好きって言ったら、自分の場合は「音楽の捧げ物」か「ミサ曲ロ短調」のどっちかでしょうか)、そんなわけでこの曲の予備知識もほとんどありません。

    で、いくつかのことを調べました。

    ・「シャコンヌ」とは、もともとスペイン風舞曲の意だが、その後、変奏曲を意味するようになった。低音部の動きが極めて重視されている。
    1艇のヴァイオリンだけで表現をするため、当然ながら重音やアルペジオの多用をし、また、単一声部の中に複数の旋律の断片同時に盛り込んだりしています。

    ・「パルティータ」とは、組曲。つまりこれは無伴奏の独奏のための組曲。その中に1つの変奏曲が入っているという、一種変わった作りをしている。

    ・4または8小節単位で1テーマという構成。

    で、このシャコンヌ、組曲の中の1曲なのに、単独で演奏されることが圧倒的に多いですよね。
    名曲ですから、それ自体悪いことだとは思いません。
    しかし、「深遠な、宇宙の底でも見ようとするかのような」大仰な演奏が多いことも事実。
    「基本はあくまで舞曲なので、もっと軽やかに演奏すべき」とある所では言われていましたが、果たしてどんなものか。勉強不足のワタクシとしては、この演奏会の機会に学ばせてもらおうと思います。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 23:37:16| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。