■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    二日二善
    【ただ今のBGM】
    フィンジ:Eclogue for piano and strings,Op.10

    Peter Donohoe:Piano

    Howard Griffiths指揮Northern Sinfonia




    フィンジ(1901-1956・イギリス)という作曲家については、その名前くらいしか知りませんでした。

    しかし昨日、偉大なるはむらぼ様から上記のCDを畏れ多くもな・なんとタダで(!)いただいてしまいまして、早速2回通して聴いてしまいました。

    中でもはむらぼ様オススメのこのEclogue for piano and stringsという曲、何と穏やかで美しい曲なんでしょうね。
    最近かなり集中的に聴いているセブラックっていう作曲家がいるんですが、この曲なんか、割と近い感じですね。
    優しいけど、決して甘くなったり感傷的になったりしない所がいいですね。様式的には20世紀生まれの人とは思えないほど回顧的な感じですが、そこは「新しいものは全て疑ってかかれ」のイギリス人ですからね(よくあーいう国からビートルズとか出ましたよね)。

    この曲、マンドリンにもとても合いそう。
    おかテリさんが望月君のリサイタルに対して書いてらしたところの、「フォルテよりもピアノの種類がたくさん要求されるタイプの音楽」なんだと思います。
    そして個人的にはですね、これ、望月君だけでなく、そもそもマンドリン独奏・合奏全般に言える話なのではないかな、と最近思ったりもしています(三味線みたく?ベンベケベケベケやかましく弾くタイプの音楽に適性を示すケースもありはするでしょうけど)。

    自分が属しているどこかの楽団でそのうちやれたらいいな、と思いました。


    結局、今年は花見へ行かずに春が終わりそうな予感の今日この頃です。

    一日更新サボらせていただきました。
    2日分イッキに行きましょう。


    【土曜日】
    昼間はリベルテの打ち合わせ。少人数での話し合いでしたが、実に機能的に話が進みました。こちらもそろそろ次に向けて始動です。

    夜は、久々のマンドリン合奏練習でした(詳細は下記参照)

    練習後、呑んでましたら帰宅が終電となり、アルコールのせいもあってそのままバタンキューでした。

    実は自分、3月は1か月通して、自分の家以外の所では一秒も楽器を触らなかったんです(さらに言うと、家でもあんまり触ってなかったり・・・)。

    打ち合わせとかが多少あった程度で、基本的には1か月、ほぼオフモードで過ごすことができました。
    ちょうどそろそろまた合奏生活も懐かしくなってきたなーって所で、新たにマンドリンオケの演奏会へ急遽出演することになった次第です。

    その楽団とは、

    ベラ・クォーレ

    といいます。

    この楽団、知人が結構いる所でして、少し前から“未完成』の某K氏とか、リベルテでもご一緒している某Sさんとかからお話はいただいてたんですけど、自分の中でどーしようかな~、と思案してたんです。

    最終的には、

    「自分、合奏がないとつくづく練習しなくなるタイプだな・・・」

    と、この1か月で強く実感した次第、、、。

    そんなこんなで、

    トレーニング的な目的や、
    時期的・練習日程的にちょうどうまくハマったという面や、
    選曲と指導者の方に強く惹かれたりして、

    この楽団、参加させていただくことになりました~。

    演奏会データは下記のとおりです。

    ベラ・クォーレコンサート No.24
    5月13日(土)/開場PM5:30 開演PM6:00

    こまばエミナース
    (京王井の頭線 駒場東大前駅下車 徒歩5分)
    全席自由/1000円

    プログラム
    チャイコフスキー・・弦楽のためのセレナーデ
    ウェーベルン・・・・弦楽四重奏のための緩徐楽章
    マーラー・・・交響曲第5番より「アダージェット」
    マーラー・・・交響曲第1番より「花の章」

    指揮 小出 雄聖


    というわけでこの土曜日、初めて練習へ行ってきました。

    練習場所がどうもずーっと目黒区の同じ場所みたいで、千葉県民のワタクシとしては、そこだけがネックではあります。。
    しかし、練習自体は行って良かったです。

    感想をまとめると、

    ・メンバーの半分近くが顔見知りの方々でビックリした。
    (大学の先輩後輩、“未完成』、メト、リベルテ、その他もろもろ)
    でもここでの新しい出会いももちろんあり、また1つ世界が広がるのだなーという実感がありました。

    ・2年ぶりくらいで小出先生の指揮の下で演奏させていただいたのですが、特にマーラーとウェーベルンは、テンポを揺らしまくるので、初見で譜面にかじり付いてる状態だと、つんのめりそうになる箇所多数。。。

    ・さらに問題だったのが「弦セレ」。まず、以前リベルテで弾いた時とは編曲が違うので、戸惑った箇所がいくつもありました。それから、同じ曲を違う楽団で再演する場合、「以前やってるから有利・楽勝」とか、そういう考えは捨てないといけないな、と思いました。曲の捉え方がほんと、リベルテの時とはビックリするくらい違うので。「リベルテの弦セレ」が楷書体なら、「ベラの弦セレ」は草書体、という感じ?
    小出先生の呼吸をちゃんと捉えられるようにならないとなーと思いました。あと純粋にマンドセロとしては、技巧的になかなか厳しい曲ではあるので、もう一度リハビリしておかないと。。。といろいろ課題だらけ(苦笑)

    ・本当に身分不相応な話なんですが、自分、パートトップじゃない形で演奏会に出るの、ずいぶん久々なんです(2年ぶりくらい?)。
    でも、正直「後ろで弾くのって、気楽でいいもんかな」なんて内心思ってたら、やっぱそんなことはないですね(当たり前!)。
    後ろの方で弾く時って、「自分のパートのトップがどういう音を出そうとしているのか」とかそういうことをケアしないといけないですよね。
    最近そういうことをしてなかったので、これは今回とてもいい勉強になりそうです。逆に自分がトップを務めるケースのためにも参考になると思いますし。
    いずれにしましても、はい、次回までにちゃんと音さらっておきますm(_ _)m


    【日曜日】
    なんだか体調がイマイチ。
    カラダが思うように動かない感じがあったので、出かける予定をキャンセルし、「一日休息日」としました。

    この自分の「一日休息日」はかなり徹底されたもので、当然外出はしませんし、家の中においても、何もしません(笑)

    「せっかく家にいるんだから」と、

    部屋の掃除だの
    整理だの
    マンドリンオケ関連の作業的なことだの
    楽器の練習だの

    そんなことやっていたら、それは「休息」になりませんのでね。
    一日、フトンからもほとんど出ることなく、ずーっと本を読んで、眠くなったら寝るを何度も繰り返していました。
    この日曜日、起きてた時間は10時間未満だと思います。

    って、ホントは所属マンドリン楽団関連でやらなきゃいけない課題がいーっぱいあるんです。
    いろんな人に連絡取って、あれこれ決め事をしたりしないといけないことが。
    それも1つの楽団だけでなく3楽団分あるので、分量としては、かなりのものになりますね。
    でも、関係者の皆様には申し訳ありませんが、今日はそれらには一切手を付けず、明日以降徐々にやることにしましょう~(^^)


    スポンサーサイト


    日記 | 01:52:48| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。