■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ベラ・クォーレ4・15練習記録
    【ただ今のBGM】
    ヴィラ・ロボス:ブラジル風バッハ第2番(オーケストラのための)

    カポロンゴ指揮パリ管弦楽団




    エキゾチックな香りに溢れ,映画音楽のような親しみやすさを持ったこの曲は,もっともっと人気が出ていいはずだ。この演奏は実に芳醇にオケを鳴らし,この曲のムード的な魅力をたっぷりと味わわせてくれる名演。聴いたことのない人には,まずこのCDから。

    1.Bachianas Brasileiras No. 2/Aria
    2.Bachianas Brasileiras No. 2/Dance
    3.Bachianas Brasileiras No. 2/Prelude
    4.Bachianas Brasileiras No. 2/Toccata
    5.Bachianas Brasileiras No. 2/The Little Train of the Caipira

    の5曲から成るこの組曲。

    中でも有名な5曲目「カイピラの小さい列車」は、蒸気機関車の音を模した標題音楽として、とても楽しめる逸品。

    ブラジルにはまだ行ったことはありませんが、サッカーのロナウジーニョだとかサンバなんかを見てる限り、とても根アカな人種だという気がします。
    セルジオ越後(たしか日系2世だか3世)を見てると、少しギモンが芽生え始めもしますが・・・。

    「カイピラ~」は、そのブラジルのイメージを破ることのないとっても「性善説的」な音楽です。

    で実はこれ、最近、取り組んでおりますマンドリンオケ“未完成』の来年の演奏会候補曲の1つだったりもします。

    ワタクシはこの選曲会議の議長役として、今回はなるべく「まとめ役」に徹しようという気持ちでいます。
    あまり「本音はどれをやりたい」というのを出さず包み隠しておこうかと思っているんです。

    でも、そうすると今度は、決定した選曲に対して「ほお、タテラッツィの選曲の好みはこないなもんか。」と思われることもあるのかもしれません。
    どんな曲になったとしても、決定した曲に対して「こんな曲は嫌いだ」とか私が言うことも、立場上、許されるものじゃないですよね。

    社長名で発出した文書について問題があった時、後になって社長が

    「部下がやったことなので知りませ~ん」

    とは言えないのと一緒です。

    そう考えると、やはり選曲会議上で私の考えというのも、それなりにきちんと示しておく必要はあるのですかね~。。。

    昔っからそうですが、特に近年、“未完成』の選曲というのは、揉めまくる傾向があるので、「議長役に徹する」というアイデアが浮かんだワケなのですがね。

    ちなみに個人的には、このブラジル風バッハ第2番は、私が提案した曲ではありませんが、今回とてもやりたい曲の1つですね。
    もしかしたら、今回候補に挙がっているものの中で、1番やりたいものと言ってもいいかもしれません。


    さて、土曜日は最近急遽参戦が決まったベラ・クォーレの練習でした。

    かつてから「一度は出てみたい!」と思っていた楽団の1つでした。

    ・選曲と指導者が魅力的
    ・知人が意外と(?)いっぱいいる

    そんな所がその理由。

    この楽団、おそらく半分くらいの方は、かつてどこかで共演歴がありますね(^^)

    さて、演奏会情報は下記のとおりです。

    ベラ・クォーレコンサート No.24
    5月13日(土)/開場PM5:30 開演PM6:00
    こまばエミナース
    (京王井の頭線 駒場東大前駅下車 徒歩5分)
    全席自由/1000円

    【プログラム】
    チャイコフスキー・・弦楽のためのセレナーデ
    ウェーベルン・・・・弦楽四重奏のための緩徐楽章
    マーラー・・・交響曲第5番より「アダージェット」
    マーラー・・・交響曲第1番より「花の章」

    指揮 小出 雄聖


    チャイコーフスキー(ロシア語ではこういうイントネーションらしいです)の「弦楽セレナード」は、一昨年にリベルテでも演奏しましたが、今回の方が編曲的にマンドセロがかなり活躍します。難しい。

    それから演奏スタイルも全然違う。

    良くも悪くもリベルテは若者の演奏・ベラはアダルトな演奏

    緩徐楽章の3楽章なんて、ベラだと、ものすごいテンポの揺らし方するんですね。2楽章なんかもそう。
    1小節の中でも繊細にテンポ変化するので、譜面にかじり付いてるようでは、全く太刀打ちできない。
    きめ細かすぎて譜面にイチイチ「rit.」とか[accel」とか書ききれない。
    むしろそういう言葉で表現できない右脳的な何かがそこにはあるような、そんな感じの演奏スタイルです。
    たぶん演奏する時のメンバー、部屋の残響の長さ、温度、湿度、気分、時間帯、そんなことによっても、テンポ操作を変えたりしそうな、そんな雰囲気が漂っています。

    リベルテの「弦セレ」は、もっと遥かにわかりやすい音楽でした。

    とにかく譜面に書いてあることは全てデジタルに実践する、その結果として、チャイコーフスキーが想定した素晴らしい音楽が鳴り渡る

    リベルテの考え方はこういう感じかもしれません。

    これ、どっちが正解なんてことはないんだと思います。

    実際、世界のトップクラスの指揮者・オケにおいてさえ、ベラっぽい考え方とリベルテっぽい考え方の両者がありますし。

    「小さな政府と大きな政府どっちがいい?」

    というのと同じくらい、コンディショナル(あるいはケースバイケース)なテーマなんじゃないかと思いますです。

    先日も「トップじゃない立場で演奏するのは新鮮」みたいなことを書いたのですが、ホント、分不相応すぎることですけど、最近ワタクシ、トップで演奏会に出るのが続いていたので、そうじゃないこの演奏会は、純粋に音作りにだけ参画できるので、なかなか楽しいです。
    同時に先生の指揮、トップ業を外から見ることなど、とても勉強になります。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 03:04:53| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。