■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「80点人間」の慢心
    【ただ今のBGM】
    ベートーヴェン:交響曲第7番

    フリッチャイ指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団




    フルトヴェングラー風の重厚さと立派さを備えた名演として一部のファンに根強く支持されている“裏名盤”。オーケストラの響きの素晴らしさも特筆ものである。


    【謹告】知人各位
    最近いただいた何通かのメールに対し、ほぼ完全にダンマリを決め込んでしまっております。
    それから、こちらからメールを発信しなければならない事象に対しても完全にサボってしまっております。
    そのクセ、ブログだけはなんだかんだで更新を続けており、「忙しい」とかそういう言い訳は全くできない状況であることは重々承知しております。
    今後3日以内には全てのメールに対して返信・発信いたします。
    誠に申し訳ありませんm(_ _)m


    先日のブログの答えです。

    4月18日にワタクシが人生初体験だったもの

    1)自転車の前輪に傘を突っ込んで一回転
    2)街中のゴミ箱を漁る
    3)車掌さんに「お客さん、終点ですよ」のひと言で起こされる
    4)「おー、美味しそうなウニ!」と思って一気に頬張ったら、カラシだった・・・



    答えは・・・・・





    ジャカジャカジャン!!









     でした~。


    そうです、ゴミ漁ったんですよ。それもコンビニの。。。

    何故か?と言いますと、


    ボケボケしていて、どこかにこの日買ったばかりのCDを置いてきてしまったんです。

    置いてきた場所の候補は2つあって、

    1つが、電車の座席の上(ガラガラだったんで)

    そして2つめが、このコンビニのゴミ箱なんですよ


    つまり、その時持ち歩いていたゴミの入った袋がありまして、それをそのヤマザキデイリーのゴミ箱に捨てたわけです。
    で、もしかしたらその時、同時にCDの入った買い物袋まで捨ててしまったのでは!?という疑念が発生したんです。

    なので、帰宅後、駅前のそのコンビニまで出かけて行って、店員さんに許可を取った上で、ゴミ箱大漁り絵図が繰り広げられた次第・・・。

    もう1つの候補、電車の座席については、JRの方は電話と駅員さんと両方問いあわせたものの、CD数枚という拾得物は発見されてないとのこと。

    計4枚5000円強分のCDがパーになりました。

    もったいない。。。





    実はこの土日の個人的なスケジュールでミスを冒していたことに、つい先ほど気付きました。

    手帳を見ると、正確に予定が記されているのですが、脳ミソの中で、実は日曜日に予定されているものを、土曜だと勘違いしていたり、いろんなことがゴチャゴチャになってしまってました。

    自分、「オレは記憶力がある方だ!」と中途半端に過信している所があって、それがこういうミスを引き起こします。

    普段ありがちな例としては、

    ・映画とかコンサートの開始時間(あるいは開催日)の勘違い(しょっちゅう)

    ・図書館やTSUTA●Aの返却期限の勘違い(たまに)

    ・入札あるいは出品しているYahoo!Auctionの終了時刻の勘違い(たまに)

    ・待ち合わせ時間、練習開始時間の勘違い(しょっちゅう)

    ・薬の服用量の勘違い(しょっちゅう)←コレが一番危ない

    こういう「ミス」、仕事上はさほど起こらないんですね。
    あくまでプライベートで起きがち。

    というのは、仕事はさすがに予定をある程度システマチックに管理する仕組みを作って、それに基づいて行動する習慣があるので、会議の開始時間だとかそういうことを見落とすキケンって、そんなにないわけですよ。

    ただ、プライベートについては完全に自分任せですからね。
    手帳でも付けて管理するほかないんです。
    しかしそれも、マンドリンの練習日とかであれば、書き込みますけど、レンタルの返却日だとかオークションの終了時刻とか、そんな情報までイチイチ書いてらんねーや、って部分もあります。

    でも、それで忘れて損してるんだとしたら、やっぱり、書いておくほかないのですかね。

    最初にも書きましたが、自分、記憶力は決して弱い方ではないと思ってます。

    でも、その謙虚でない姿勢こそが恐らくは命取りなんですね(もっとも実際にこれしきのことで命までは取られませんけどね)。

    先日、ほんの少し立ち読みした雑誌にこんなことが書いてありました。

    「新入社員で一番オチこぼれる可能性が高いのは、実は80点くらいの出来のヤツだ。30点とか50点の人間は、いかに自分がダメなのかを謙虚に自覚し、人に耳を傾け、現状からの脱皮に全力を尽くすし、ウン万人に1人しかいないような100点満点の人間、これは一種の天才なので、その人の持つ魅力だけで人を惹き付け、物事をうまく運べてしまう力がある。80点くらいの、少しくらい要領よくサボっていても、そんなに怒られずにできてしまうヤツは、努力を怠るので、結局後になって一番の問題児となる傾向がある。」

    んだとか。

    こんなの個人的には、一概に言えない話だと思います。
    最初が80点でも、頑張って90点、95点と伸びていく人もいるでしょうし、逆に怠けて50点に転落する人だっています。

    しかし、統計学的に見ればそういう傾向があるということなのかもしれません。


    もっともワタクシ、こうした統計学的、社会学的処理はキライなんですけど。
    「100万人いたら90万人は取る行動」なんてのを分析されたとしても、自分は、「残った10万人が一体全体、何を考えて残りの10万人グループに入ったのか」、こっちの方に興味があるんです。
    例えば、「ハンバーガーのキライなアメリカ人」とか(いや、これは別に興味ないかも・・・)


    自分も僭越ながら、「記憶力」という一点に関しては80点くらいの能力なのかもしれない。そう思いました。

    しかし、上記に掲げたようなミスをしている時点で既に70点、60点、あるいは50点に転落しているかもしれませんね。

    「酒を呑みすぎて脳細胞やられただけなのでは?」と思う方は、コメントしてくだると幸いです(さるお方のマネしんぼ)

    そういえば、そのさるお方ことおかテリさんがワタクシの「何かを捨てなければ」ということに呼応して先日書いくださった記事がありました。

    一部を引用しますと、

    「6割の収入でいいから6割の仕事量でやっていこう」と思うと、一気に仕事に着いていけなくなるそうです。6割どころか、少しでも気を抜いた瞬間にサラリーマンなら集団のビリになってしまう。

    とあります。

    これは全くの同感ですね。

    自分も「健康」と「仕事」はどっちも捨てられない。

    マンドリンもなるべく捨てたくない。

    しかし実を言いますと、自分、現在患っている腎臓病が発覚する昨年よりずっと前に、この問題に対する布石は打っていたりもします。

    まどろっこしいことナシに申しますと、

    転職

    です。

    今でも

    「22時時点で家にいることはほとんどない生活」

    が1か月くらい続いたりはしますが、それも1年中ではなくて、むしろ年間の中ではごくわずかな時期のことですし、「22時時点で家にいない」のは、仕事だけのせいではなくて、飲み会だったりマンドリンだったり、他の用事も込み込みですからね。

    前職時代は、

    「23時時点で家にいることはほとんどない生活」(土日含む)

    みたいな生活でした。
    ちなみに「マンドリンは一切含まず」です。
    仕事とその関係の「飲み」だけ。

    たぶんあのまま前のカイシャにいたら、今ごろは腎臓どころか内臓4つくらいやられてたんじゃないかと思う今日この頃です。。。

    そういうわけで、今ワタクシは、前職から比べたら6割くらいの環境で仕事ができています。

    個人的には、もし仕事だけが人生の生き甲斐ではないのに、仕事にばかり振り回されている人がいたら、「辞めちゃえば?」って言葉を投げかけたい所です。

    転職情報誌とかサイトを見ると、「転職では前職の年収を上回らなければ意味がない」とかいう記事をよく見かけます。

    果たして本当でしょうか?

    もちろん人生の主要な価値観の置き所を「カネ」とか「立身出世」とか「仕事」に置く人ならばそれでもいいですが、そんな人って、本当は日本人の1割もいないのでは?

    統計学的に少数派の人たちに興味があると言った以上、この1割の人たちの考え方にも興味のあるワタクシは、最近、自分の価値観とはおよそ違うことばかりが書かれている雑誌「ゲーテ」を時たま立ち読みします。
    いわく「仕事が人生を愉しくする」ということをモットーにした新しい雑誌だそうで。

    「どうせやるなら愉しく仕事したい」とは思ってますけどね。
    実際、大変な中にも仕事で愉しいことはいっぱいありますし。
    きっと自分はウツ病とかにはならないタイプでしょう。

    でも、「生まれ付いての仕事人間」である1割の「ゲーテ族」以外の9割の皆さん!

    本当に仕事だけしてていいんですか??
    スポンサーサイト


    未分類 | 12:39:55| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。