■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    Do it by myself!2
    思うに、俺の日常は、集団で物事を成し遂げることばかりです。
    仕事にしてもチームワーク性が非常に強い内容のことをやっているし、マン
    ドリンについても、オケかせいぜいアンサンブルという形態でやっているの
    で、常に自分の個性や音が全面に出過ぎないように気を配って毎日を生活す
    る必要があるわけですね。

    でも、世の中っていろんな人がいて、集団主義的な日本人だからと言って、
    みんながみんな、そういう風にしているわけでもないんですよね。
    仕事的なことで言うと、俺には司法試験受験生の知り合いが3人くらいいま
    すが、彼(女)たちは、それに合格してももちろん他者との関わりの中で生
    活をしていくんでしょうけど、でも仕事を掴むのは、そのうち自分自身で
    やっていくようになるんでしょうね。
    そしてマンドリンにおいては、実は今日、初めて俺は、個人で道を切り拓く
    可能性の大きさを実感しました。

    そうです、めちゃ長い前フリでしたが(笑)、今日は片岡先生門下生の皆様
    の発表会だったんです。14時から20時半の6時間半!という長丁場のた
    め、失礼ながら、俺は後半の2時間くらいだけ、聴かせていただきました。

    相互リンクしているTSO氏、BBSにも書いてくれたもち氏など、錚々たるメン
    バーのソロを聴くことができました。そして最後には、ここの教室の関係者
    を中心とした?アンサンブル、テスタカルドの見事としか言いようがないす
    ばらしい演奏を聴きました。

    彼らのうち何人かは、リベルテなどの団体で一緒に活動もさせてもらってい
    るので、仲間なんですが、今日はもう芸能人を観てる感覚でしたよ(笑)
    彼らはめちゃ上手い。「巧い」だけでなく。そして「旨い」。いや、冗談
    じゃなく、本当に。
    細かい論評を俺ごときができるものでもないし、それで恥もかきたくないの
    で、やめておきますが、もち氏が今日弾いてたサン=サーンスの「序奏とロ
    ンド、カプリチオーソ」は11月のリベルテの1部、小アンサンブルステー
    ジ(指揮者なし)で、共演させてもらえる幸運に俺も預かっているので、今
    日のこの素晴らしい演奏を聴いて、気持ちは大いに高ぶったし、また同時に
    緊張しました。伴奏とは言え、もち氏のソロを壊さずに上手く盛り立てて行
    ける音を作っていかなければなりませんので。
    はい、頑張ります。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。