■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    朝の1分は夜の1時間・・・
    【ただ今のBGM】
    ショパン:スケルツォ第3番

    ルーヴィンシュタイン(ピアノ)


    昨日に引き続いて同じショパンのスケルツォ(今度は第3番)。

    「キラキラキラキラ・・・」って感じの下降音型が印象的な曲ですね。
    (しっかし、こんなボキャブラリー能力では、一生音楽を言葉で表現することなんてできないだろーなあ、、、)

    自分は一切ピアノって弾けないもので、だからこそピアノ曲に関しては、技術的なこととか関係なく、出てきた音の世界にピュアな気持ちで接することができるような気がします。

    ずっと前にワタクシ、「ショパンをマンドリンでやったらいいじゃない??」なんて書いたことがありますが、どうも誰一人として賛同する声はなさそうですし(だから某“未』などでもワタクシ、これまで一度しかショパンを提案したことないのです)、「演奏活動とは関係なく、「好きな音楽」として気持ちよく聴ければそれでいいか~」、っていう感じなんです。
    でもそれって本来、どんな音楽に接している時でも、自分の中の原点として持っているべきなんですよね、きっと。

    さて、こんだけ連日、ショパンを聴いている理由は↑に書いたとおり、マンドリンの演奏活動とはほぼ無関係。

    では何故聴いているのか?

    答えは明後日、明らかとなることでしょう~(って、そんな大風呂敷広げるようなもんでもないのですけど、、、)


    さて、今日は山手線が止まっていたみたいです。
    先日は「ゆりかもめ」が止まったし、ここん所、鉄道のトラブルが続きますね。

    あるネットニュースでは、

    <線路変形>またトラブル 乗客、怒りの声 山手線ストップ

    とありました。

    これをもって、

    「あー、またもや日本人は電車が止まるくらいで怒っちゃって。。。だからみんなストレス溜まるんだよ~。イタリア人なんか、こーゆー時、カフェで友だちとジョーク飛ばしながら数時間は待ってるってもんだぜ。そもそも以前の尼崎の脱線事故だって、海外メディアがまず飛びついたのは、日本の安全神話崩壊ってことよりも何よりもまず、『日本人は列車が1分半遅れるだけで焦りまくる民族だ』ってことに対する驚きだったって言うぜ?なんかあくせくしすぎてるみたいで格好悪いよな。。。まーせいぜいおまいら、流行りのカカオチョコでも150円出して食べてせいぜい小市民的にストレス解消しててくれや~」

    とか言ったりするのはカンタンです。

    でも、実際、この国はですね、カイシャにしてもデートにしてもマンドリンの練習にしても、みーんな遅刻厳禁じゃないですか。。。

    だから、焦るのは仕方ないんですよ。
    焦らなきゃ生きていけませんもん。

    なにせ、少し前まで、遅刻ギリギリで学校に飛び込もうとした生徒が校門に挟まれて圧死したりしていた国ですからね。

    圧死するくらいなら、駅員に怒鳴り散らしてでも間に合いたい!って思っちゃうわけですな。大げさな物言いかもしれませんけど。

    ワタクシの職場でも先日、通知が出まして、

    「なにげに1~2分遅刻しても平然としてるヤツがいるが、そんなのは認めん。今後そういうヤツは欠勤扱いだ!」

    っていう内容だったんです(こんなに砕いた言い方してませんけど)。

    時間を守ることがものすごくニガテというか、そもそもそういうことを大切に思う価値観を持ち合わせていないワタクシのような人種には、ホント世知辛い世の中ですよ、ったく。。。

    で、おそらく一番悪いのは、

    少し遅れただけで焦る鉄道員でも、

    過剰にキレる乗客でも、

    もちろん(!?)遅刻魔の人々でもなく、

    この不寛容な社会のあり方自体なのではないか?

    そうワタクシは思うわけです。

    まあイタリアやロシアみたく、銀行の窓口行ったら、窓口担当のオネーサンが雑誌読みふけっていて、そのページを読み終えるまでは全く応対すらしてくれない、そんなのが当たり前な社会も、どうかとは思いますけど・・・(実話)
    (でも、ほんの些細なミスにもブチ切れてクレーマーになったりする「イラチ国家」よりはよほど健全な気もする)

    しかしね、、、

    きっと多くの人は、日本の異様さにだって、気付いてるんです。

    なのに何故か?変わらないこの世の中。



    スポンサーサイト


    日記 | 02:17:56| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。