■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    音から立ち上る香り
    【本日の飲料水】
    060501_0038~0001.jpg


    「ウザ企画」第一弾として始まったこのコーナー。

    さて、いつまで続きますことやら??(←本当にウザい。書いてる自分でさえウザい。)

    飲んだ水は、

    酸素プラス★★★★☆
    大清水源水★★★☆☆


    の2種類でした。


    【ただ今のBGM】
    マーラー:交響曲第1番「巨人」より「花の章」

    ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団




    昨日のブログで告知しましたベラ・クォーレの練習でした。

    あと本番まで1回しか!練習ありません~。

    しかし、自分はともかく、今回の演奏会、なかなかいい感じではないかと。

    音に色気がありますね。

    仮にイメージで採点すれば、

    左手の回転    ★★★★☆
    縦の線      ★★★★☆
    表現力      ★★★★☆
    楽曲理解力    ★★★★☆
    エネルギー・元気度★★★★☆
    品格       ★★★★☆
    音から立ち上る香り★★★★★★

    みたいな感じでしょうか?
    メンバーの皆様、新参者が勝手なこと書いてて本当に!スミマセン・・・。

    ちなみにこれが自分も参加している「某コンクール優勝楽団」だと

    左手の回転    ★★★★★
    縦の線      ★★★★☆
    表現力      ★★★★☆
    楽曲理解力    ★★★★☆
    エネルギー・元気度★★★★★★
    品格       ★★★★☆
    音から立ち上る香り★☆☆☆☆

    なんて所かもしれませんね(テキトーな遊びですので、あまりお気になさらぬように>関係者各位)

    「音から立ち上る香り」、これは言葉で表現するのは極めて困難な領域。
    そもそもこれが音楽にとって必要なのかどうかさえ、議論が分かれる所でしょう。
    「要らない!」って言い切ったとしても、「ロマン派とか演奏しないんなら、それはそれでいいんじゃん?」とか思ったりもする次第。

    例えば、

    ・恋愛もしたことない人のプッチーニの演奏なんて聴きたくねー。。。

    って思うか、

    ・演奏と音楽の筋書きなんて、そこまでカンケーねえよ。なに勝手に想像しちゃってんの?

    って思うか、

    要はそういう手の話です。

    でも、個人的に思うのは、やっぱり人生、ある程度の年輪を経なければ出せない魅力ってのもあるわけですよね。

    上戸彩とやらにはどう頑張っても天海祐希やら黒木瞳やら大地真央やらの魅力は出せないけれど、だから上戸彩の方が劣っているのか?と言えば、そういうわけでもないのと一緒ですよね(?)

    いや、実際そういう部分って、ちゃんと「音」になって出てくるから不思議であります。

    【芸術とは本来、発信者の人生そのものを、音や絵などという形式を通して受け手に伝達するものであって、「音響」とか「色彩」とかそれ自体を単純に聴かせるようなものじゃないんだ】

    っていう考え方がありますが、そう考えたら、こんなことは本来、当たり前なのかもしれません。

    プロの演奏家だって、優れた奏者ほど、聴いていると、まるでその奏者の人生を垣間見たような気にさせられることがありますね。

    「そうか、本当の芸術家は家の中でパートナーとホンキで皿を投げ合ってタンコブ作った修羅場の経験くらい、みんなあるのだな」

    と思った方は、ランキン・・・(また、あるお方のネタをパクりかけてしまった)

    ええと、違った、、、5月13日(土)はベラ・クォーレの演奏会にお越しください~!

    ※別にベラの皆様が相当な「修羅場」をくぐってきた筈だとか、そういうことを言いたいのではありません、あしからず~。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:05:56| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。