■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「熱狂の日」へのいざない
    【緊急告知】
    ラ・フォルジュルネ・ジャポン(熱狂の日音楽祭)のチケット、どなたかいりませんか??
    ≪定価でお譲りいたします・もともと安価です≫


    必死でチケットゲットしすぎた結果、13公演分もチケットを取ってしまい、どうも消化しきれないのではないか・・・という恐れが出てきてしまいました(笑)
    っていうか、他の用事が入ってしまったりってこともあります。

    ご必要な方、メールtateccho以下yahoo.co.jpまでメールください~。

    今年のラフォルジュルネ、チケットの売れ行きがものすごく良く、実はもう大半の公演が売り切れ、当日券ナシという状況です。

    ≪ご注意≫チケット引渡しは該当公演の当日、現地「東京国際フォーラム」(東京・有楽町)で手渡しとなります~。

    公演詳細はコチラのサイトでご確認ください。

    ※下記作品の作曲家は全てウォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。

    「お譲りリスト」

    1)5月3日(20:45~21:45・ホールA)
      曲目:「レクイエム」
      演奏者:ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブル、シンフォニア・ヴァルソヴィア
      A席2000円(2枚あります!)

    2)5月4日(13:00~13:45・ホールB5)
      曲目:「弦楽四重奏曲第16番、17番「狩り」
      演奏者:イザイ四重奏団
      自由席1500円

    3)5月6日(21:45~22:45・ホールA)
      曲目:「レクイエム」
      演奏者:カリユステ指揮ベルリン古楽アカデミー他(ソプラノ:スンハエ・イム他)
      S席3000円


    【ただ今のBGM】
    モーツァルト:ミサ曲「大ミサ」ハ短調 K.427

    ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽&器楽アンサンブル


    コチラで買うと、レクイエムとセットでたったの1672円!!

    コルボのモツレク(モーツァルトのレクイエム)と言えば、立花政夫と和夫(@キャプテン翼)と同じくらい、
    切っても切れない密接な間柄(んなこたない)。

    こりゃあ奥様、買うしかないですぜぇ、ゲヘヘ。

    このコンビ、今年のゴールデンウィークの音楽界を覆い尽くす大イベント、ラ・フォルジュルネ・ジャポン(熱狂の日音楽祭)にも登場し、上記2曲を演奏するんですねえ。

    自分はチケット、既に2月にゲット済みです。

    もうその頃から

    「今年のゴールデンウィークは旅にも行かず、他の用事も基本的には一切入れず、毎日毎日モーツァルト一色の生活をする」

    ことに決めていました。

    「そう言うても(なぜここだけ関西弁なんだ)今年2月ってあーた、ショスタコとミヨーにしか目がなかったやんけ!」

    って往年の(?)このブログ読者の方々は思われるかもしれませんけど、そこらへんは自分の中のダイナミズムみたいなのをちゃんと予測していました。

    ショスタコやミヨーの「チンチンドンドン」な演奏ばかりを聴いていた頃から比べると、ここ1~2か月のワタクシの耳はずいぶん、保守的な方向へ揺り戻しがありました。

    最近よく聴くのは、ショパンにモーツァルトにチャイコですからね。。。
    基本的に自分は「クラシック好き」とは申せど、正直な所、

    「現代人の生活に関係しない【音の博物館】みたいな音楽・演奏は唾棄すべきものだ!」

    と思っている所がありまして、だからバロックだってナンだって、21世紀の自分の生活にどこかでつながると感じなければ、演奏する気も聴く気もしないんです。

    これはもう、美しいかどうかとか、演奏が上手かどうかとか、そうしたあらゆる形而下の現象を超えて、「私が音楽を好む理由」の奥底の部分に関わってくる話になりますので、あまり皆様にはご理解いただけないかもしれませんが・・・。

    だからショパンやモーツァルト、チャイコフスキーなんてあたりは、本来であれば、そんなに聴くのに当たり、気が進む作曲家たちではないのです。

    でも、そのワタクシの固定観念なんて、「いい演奏」があればカンタンに打ち破られもするんですね。

    「いい演奏」っていうのは、巧いとかじゃダメなんです。

    それだけじゃ、たとえベルリンフィルでも感動しないときは、これっぽっちも感動しない。

    「その音楽が目の前で演られていることに、何かの意味を見出せた時」

    ですね、自分が感動するのは。

    それはコンセプトだとかそういう理屈っぽい所で発見できることもあるし、もっと直感的に一瞬の響きの中から感得できることもあります。

    そんなワケで、この5月ゴールデンウィークは、果たしてモーツァルトがこれだけたくさん演奏されることに「意味」を見出せるかどうか?

    「んなカタいこと言うなよ。キレイな音楽聴いて楽しめればいーじゃん。」

    って声が聴こえてきそうです。

    もちろんそれが基本だと私も思います。

    でもね、「意味」ってのは、上にも書いたように理屈だけのものじゃなくて、感覚にも入ってくるものなんですよね。

    だから、「意味を感じさせてくれない演奏」は、結局の所、自分の五感にも入ってこなくて、つまりは感動できないのです。

    でもね、ラ・フォルジュルネ・ジャポン、ここに今回やってくる演奏家のかなり多くを既にワタクシ、生演奏で聴いたことがあるんですけど、このメンバーはね、かなり期待できますよ!!

    特にオススメなのは、

    児玉桃(ピアノ)
    コルボ(指揮)
    カリユステ(指揮)
    スンハエ・イム(ソプラノ)
    古典四重奏団(弦楽四重奏団)
    井上道義(指揮)


    私はまだ生演奏で触れたことがないけど、期待しているのは、

    クニャーゼフ(チェロ)
    イザイ四重奏団(弦楽四重奏団)
    河村尚子(ピアノ)
    岡田博美(ピアノ)
    下野竜也(指揮)


    なんて辺りでしょうか?

    いずれにしましても、このGWはモーツァル党となりそうです。
    スポンサーサイト


    音楽全般 | 02:13:21| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。