■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ベラ全曲紹介1【花の章】
    もうすぐ6万HIT。
    60000の切り番ゲッターの方には、何か贈呈いたしますので、ご連絡いただければと思います~。


    GW明け、気だるい一日(人のことまで決め付け)を皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか・・・?

    【ただ今のBGM】
    マーラー:交響曲第1番「巨人」より「花の章」

    サイモン・ラトル指揮バーミンガム市立交響楽団


    今週末のベラ・クォーレ演奏会に向けて、恒例の(?)曲目紹介。

    基本的に資料などを見ず、「暗譜」していることだけを書きます。
    (ですので、厳密な意味での資料とはなりえません。イメージを伝えるための読み物として読み流していただけると幸いです。)

    もともとこの交響曲第1番は5楽章から成る交響詩だったんです。
    それを交響曲という、ベートーヴェン以降、特別な意味を持つ音楽形式として発表するに当たり、マーラーにとってこのあまりに親密な雰囲気の「愛の賛歌」である「花の章」の存在がおそらくは邪魔になったんですね。

    いずれにしましても、マーラーはこの「花の章」を交響曲第1番から除外します。

    しかし、上記のサイモン・ラトル(現ベルリンフィル音楽監督)やノリントン(シュトゥットガルト放送響音楽監督)らは、この「花の章」こそがこの交響曲のバランスを維持するために必要不可欠な楽章であると考えているようで、「花の章」を2楽章として録音をしています。

    あるいはこの「花の章」は、ある女性への愛の芽生えを曲にしたものだったそうですが、その女性に失恋したから、曲そのものを外したという説もあるようですね。

    一方で今回同時に演奏します交響曲第5番の第4楽章「アダージェット」は妻アルマへの愛を曲にしたもの。こちらはこの交響曲第5番の中で外すわけにはいかない重心みたいな存在となっていますね。

    この「花の章」、曲想としましては、非常にセンチメンタルな音楽です。
    後年のマーラーに見られるような、「死への恐れ」だとか「強い決意」だとか、そういう葛藤はここにはまだほとんど見られません。

    もっともっとピュアな甘酸っぱい初恋のような音楽です(なんだか、書いてて恥ずかしくなってきた・・・)。

    「壊れそうなものばかり集めてしまうよ。輝きは飾りじゃない、ガラスの十代」(by光GENJI)みたいな音楽です(こりゃまた、すごい所から引っ張ってきたね、このオジサン・・・)

    でもやっぱりマーラーはマーラー。
    ところどころ、いかにもマーラー!っていう感じの濃ゆ~い歌いまわしが出てきます。

    基本的に1つの主題を使い回して曲を展開させていくのですが、中間部では別主題(第2主題?)を用いて、より濃厚な世界へ分け入って行こうとする意思を感じます。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 23:03:31| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。