■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ベラ全曲紹介3【マーラー/アダージェット】
    【ただ今のBGM】
    マーラー:交響曲第5番より第4楽章「アダージェット」

    レナード・バーンスタイン指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団




    この「アダージェット」の存在のために、マーラーの交響曲中、交響曲第5番が圧倒的な知名度を誇っています。

    でも、この交響曲、他の楽章も素晴らしいんです。

    「アダージェット」は恐らく聴いたことあるよ!って方も大勢いらっしゃると思います(聴いたことない方はさらに大勢いらっしゃるでしょうが)が、この5番、激しいソナタ楽章の2楽章とか、ホルン協奏曲風の第3楽章とか圧倒されてしまいます。
    それから、先日から何かと賞賛させてもらってますモーツァルトの「ジュピター」4楽章にも匹敵する音の大建築物・第5楽章「ロンド」なんかも、聴く者に大いなる興奮を与える音楽ですね。

    で、ハープをバックに弦が情感豊かに歌い上げるこの「アダージェット」、マーラーが妻アルマに向けて書いた愛の賛歌なのだそうです。

    先日ご紹介した「花の章」が青春の勢いに任せた甘酸っぱい愛だとしたら、こちらはもっと普遍的な愛情という感じでしょうか。

    死ぬまでずっと愛情を捧げ続けた人に向けられた曲なのですから、その音楽に「永遠」が感じられるのも、当然かもしれないですね。

    って、「お前ごときが≪永遠の愛≫なんちゅーもんを語るな!」という知人の方々の心の声が聞こえてきたので、この切り口はこれくらいにしておきまして、、、

    音楽的には、「アダージェット」というゆっくりしたテンポの音楽で、曲を聴いたことがある方はご存知のように、そりゃもうめちゃくちゃセンチメンタルな音楽です。
    三部形式で、他のこの交響曲の楽章の複雑さがウソのように、わかりやすい。

    でも、この曲にはどこか退廃の香りがあります。

    クリムトの絵画のような。

    決して軽薄な「ウォル○・ディ■ニー」的ロマンチックな世界に堕することがないんですね(ねずみーランドファンの皆様、ゴメンナサイ)。

    この曲、譜面を見ますと、ドイツ語であれこれテンポについての指示があります(マーラーとか新ウィーン楽派とか、みんなそうですけど)。

    どうも、そこに秘訣がありそうです。

    「引きずらないように!」「咳き込んで」

    などといったきめ細かいニュアンスに関する指示。
    これがこの曲を「単純地獄」に堕することから救っている一因となっているのかな、と思います(他にも和声的な処理の工夫とか、いろいろありそうですが、無知なワタクシはこのヘンについては、何も書けません)。

    今回のベラ・クォーレの演奏もかなり繊細なテンポ変化があります。
    野球で言えば、「直球かと思ったら手元で変化するボール」みたいな扱いにくさがあります。
    「あーここはritね、はいはい溜めて溜めて涙を誘いますよ~!」みたいな単純な音楽じゃないのです。

    だからワタクシとしましては、今回の演奏会で一番難しいな、と思っているのが、実はこの曲。
    「チャイ弦」よりずっと扱いにくいな~と思いますね。


    さてこの曲、解説なんかを読むと必ず書いてあるのが、「ヴィスコンティ監督≪ヴェニスに死す≫で一躍有名となった」という文句。

    しかし、現代の日本では、

    「アダージェット」を知ってる人の数>「ヴェニスに死す」を観た人の数

    なのではないか?と思いますね。

    根拠はありませんけど。
    一応古い映画を多少観ていて、古い音楽はいっぱい聴いている人間としての勘です。

    なぜそんなことにいちいち突っかかるのか?

    いや、なんだかね。クラシックの曲目紹介とかって、あまりにステレオタイプにおんなじことばっかり書いてるんですよね。
    これ、どの書籍でもCDの解説でも演奏会の公演プログラムでも感じることなんですけど。
    かく言うワタクシも、そこの殻を破ったオリジナリティあふれる文章なんて書けやしないのですけれども・・・(書けたらその道でメシ食ってるとも言う)。

    まあもっとも、古い映画などを例に出すあたりは、古き善き教条主義の香りがあって、まだいい方かもしれません。

    最近読んだモノの本によると、現代日本においては、
    「国民みんなが一定の教養を持つことを良しとする教養主義」
    はほぼ破壊されたのだそうです。
    1970年の大阪万博あたりを境に、どこの家にもクラシックのレコード全集があり、百科事典と文学全集がある、などという横並び学習欲みたいな精神性が少しずつ失われて行き、バブル崩壊後の横並び主義の終焉を迎えるに至り、むしろ「教養」を振りかざすことは格好悪いとさえ看做されるようになったんだとか。

    でも、今年、ラ・フォル・ジュルネ・ジャポンなんか聴きに行った感じだと、まだまだ親子連れでクラシックでもたまには聴くか~っていう風情の人がいっぱい来ていました(親御さんの方にもあまり普段クラシックなんて聴いてなさそうな感じの人もいました)し、まだまだ自分は日本人の「知的好奇心」あるいは「教養熱」は健在だなー、という気がしました。

    「教養」っていうものに関してワタクシの思う定義は、

    ≪メシを食うのには必要ないけど、学びたい・知りたいという欲求があって得た知識≫

    だと思うんですね。

    景気が悪かったり、激しい生存競争に晒されたりする世知辛い時代には、真っ先に切り捨てられるものでしょうけど、自分は、これこそが人生でもっとも大切なものだと思っています。

    そういう点で自分はきっと古いタイプの人間なんですね。

    でも、古い世代の人たちほど博識ではなく、ほんと、勉強不足を呪う今日この頃。

    もしかすると、、、

    その1つの原因は「ブログ」にもあるかも・・・。

    そもそも自分がブログを始めたきっかけは、自分が20代の後半にいろんな見聞を重ねてきたものについて、「そろそろ内に溜め込んでないで、外に発信してみたいな」と思ったことでした。

    そういう内なる欲求があの頃、確かにありました。
    今から思うとぜんぜん力不足なんですけど。

    でも今は逆に、絞り過ぎて水分がなくなってしまった雑巾のように、何でもかんでもアウトプットしてばっかりで、インプットを怠りがちな気がします。

    最近そこん所の葛藤があって、実は昨晩も、

    「ブログやめちゃおうかな・・・。いや、せめて「一日一善」から「ときどき一善」くらいに改めてはどうか・・・?」

    なんて取りとめもなく考えたりしていました。

    それから実は、まだ「健康管理編」にもアップしてないことですけど、先日の病院での検査結果があまり思わしくなかったんですね。

    ここ1年くらい、ほとんどの数値が維持または改善の方向にあったのに、今回は、かなりの数値が若干ではあるけれども、悪化のベクトルに向いてしまっていました。
    それももしかすると、最近の不摂生が影響しているのではないかと・・・。
    (医師に「最近ちょっと生活が不摂生なんですけど、そういうことがこの数値に関係していると思いますか?」と質問した所、「それは大いにあるでしょう」という答えだった)

    仕事は4月よりずいぶんラクになったのですが、そんな2つの理由によりまして、ブログについては、今後、やり方をちょっと考えるかもしれません。




    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 22:54:54| Trackback(0)| Comments(2)
    コメント
    タテラッツィーさんの素晴らしい音楽知識に感心の毎日です。きっとマンドリンの音色も素晴らしいかと想像できますp(^-^)q
    「演奏会を聴きに、ちょっと東京まで…うふふ、オホホ」という身分になりましたら勉強のため一度聴かせていただきたいと思っております(n_n)
    2006-05-12 金 07:24:16 | URL | T-maru [編集]
    T-maruさん
    >きっとマンドリンの音色も素晴らしいかと想像できますp(^-^)q

    ひょっとしてワタクシの音を知っていてワザと虐めてらっしゃるのかと思いましたよ・・・(笑)

    自分の音は謙遜抜きでぜんぜんダメダメです。
    自分はコンサートやCDをこれだけ聴いてるだけあってか?演奏者としてよりリスナーとしての感覚の方がたぶん遥かに発達していまして、だから自分の演奏のどこがどうダメかとか、すごく客観的に見えてるんです。。。
    でも相当なトレーニングを積まない限り、そこん所は改善されないのですが・・。意識改革とかそういうのだけじゃ限界があるんです。実際のエクササイズを日々積まないことには・・・。

    私の方こそT-maruさん、そしてT-maruさんの楽団の演奏、一度聴いてみたいですね。
    札幌は「KITARA」でしたっけ?
    日本一との評判もあるホールですよね。
    一度行ってみたいです。
    2006-05-13 土 00:30:09 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。