■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    いろいろと
    昨日はリベルテの初合奏。

    19歳で楽器を始めた身としては、ある程度仕方ないとも思っていることですが、自分、「譜読みに時間がかかる」んですね。

    ですから、まずどのレベルの楽団のどんな難易度の曲であろうと、初回とか2回目あたりの合奏ってのは、自分の演奏、ハッキリ言ってムゴいです。
    なんか虚無の境地にさえ至るので、自己嫌悪の感情さえ起きないくらい。

    そんなだもんだから、逆に、

    「ま、しゃーねえな。ガンバルか。」

    てな感じでサバサバとした気持ちで、合奏開始直後のワタクシ、とりあえず家やら電車の中やらで毎日30分から1時間程度は譜面に向き合うわけです。

    もうね、ホント、その頃のワタクシってば、

    「せっかくの休日に、自分は一体全体なんで、このような最後の審判に向かう受刑者みたいな立場に立たされてるの?」

    と自分を苛む他ないくらいです。

    しかし、今回はずいぶん自分的には「マシ」でしたね。

    いや、これじゃぜんぜんダメダメなのはわかってるんですけれど。

    ただ、「自分という当社比」では、数年前からしたら3~4割増しくらいに感じました。

    今回通したヴィヴァルディの「四季」
    (てっきり、春と夏しかこの日はやらないものと思い込んでたので、秋と冬は完全初見!)
    も、
    トリッキーなリズム感がミソなシャブリエの「狂詩曲スペイン」
    も、
    数箇所の「難所」はたしかにこの日はずっと「怪しいまま」で終わってしまい、それはそれで屈辱感満載ではあるのですが、その一方で、

    「あれ、オレ、こんなに初見で弾けたっけ?」

    みたいな密かな充足感があったのも事実だったり。

    と言ってもすげー低次元の話なのですが。。。

    「英語のテストでヒト桁覚悟してたら、なんか知らんけど40点も取れちゃったぜ!ラッキー☆ウヒヒ」

    って騒いでるおばか高校生みたいなもんです。

    もちろん、この状態を次回以降続かせるわけにはいかないので、次回合奏までにはもっともっと上げて臨もうと思いますけど。

    これもまた、通常社会人ではなかなか難しいことではあります。

    どこの楽団でもありがちですけど(おかテリさんも書かれてましたね)、

    ある練習で40点から50点くらいまで伸ばせたとしても、次の練習までの2週間くらいの間に、みんな仕事だ家庭だってやってるうちに、キレーイに忘れて来て、また42点くらいから次の練習がスタート、みたいな。
    だから、次の練習では前回の到達点と大して変わらない52点までしか行かない、なんて状態。。。
    (ご経験ありません?)

    もしメンバー全員が練習と練習の間の2週間とか3週間とかの間、徹底的に復習・予習に励んで来たら、当然次の練習は、その前に到達した50点からスタートできるわけですよね。
    そしたら次の練習では、より上のステージ、60点とか70点も狙えるわけですよね?
    (単なる仮説ですので、「そんなうまくいきゃしねーよ!」って突っ込みは、どうかグッと我慢ください~)

    というわけで、自分は、

    何とかこの練習のない期間に、「闇練」しまくってやる!ガルルゥゥ!!

    と、獰猛なまでに気持ち(だけ)は高まっているのでした。

    それから、もう1つ、マンドリンオーケストラ“未完成』のことも。

    ただいま、完全オフ期間中のこの楽団ですが、

    来年2月の演奏会のプログラムが、昨晩決定しました!

    まだメンバーにさえ発表してない段階なので、公表は控えますが、前回に負けないくらい、凝りに凝った選曲になりそうですよ~。

    たぶん、今回は1曲を除いて全部、

    『マンドリン初演』

    じゃないでしょうかね(^^)


    【ただ今のBGM】
    ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

    ムラヴィンスキー指揮レニングラードフィルハーモニー管弦楽団
    (1976年3月3日のライブ録音)★★★★★



    同年同月の別の日のモノーラル盤もあったが,これはステレオ録音。一瞬たりとも気を抜けない恐ろしく緊張感の高い演奏だ。リハーサルも徹底して行なわれたのだろう,いざという時のオケの鳴り方も凄まじい。ムラヴィン/レニ・フィル絶頂期の記録だ。


    ムラヴィンスキーのショスタコーヴィチの10番(略称タコ10)には、数種類の録音があるので、こうして録音年月日まで掲載。

    しかしこの録音は、ショスタコサイトではとても有名なコチラのサイト様なんかでも絶賛されている、ムラヴィンスキーを代表する名盤の1つです。

    スターリンの肖像と言われた第2楽章。
    これが絶品です。
    常軌を逸したテンションの高さ。
    ある人は、この演奏を「音圧が高すぎて嫌い」と言います。
    しかし、このムラヴィンさんのタコ10の2楽章、この世に2つとない壮絶な演奏であることは、恐らく聴いた方すべてが認めざるを得ない演奏でしょう。

    2楽章の開始早々、2小節目2拍目、全パートとも休符の箇所に、お客さんの咳払いと思われる雑音が入っているんですね。
    しかし、これがどうにも「民衆をバカにするスターリンの嘲笑」に聴こえるんです。いや、本当に。
    まずそこでノッケから薄ら寒くなります。

    クラシック音楽には「優美さ」とか「癒し効果」とか「品格」とか「逞しさ」とか「雄大さ」とか「物悲しさ」とか「華やかさ」とか、いろんな側面がある筈ですけれど、ことこの曲、この演奏に関して言えば、

    「阿鼻叫喚」

    この4文字熟語しかないかも。。。

    ヴァイオリンが高音で延々と32分音符を奏で続ける箇所なんて、その異常な速度、テンションの高さ、合奏の精度の高さにもビビりますけど、なにより、このような過酷な表現をしなければならないと思ってしまった指揮者ムラヴィンスキーという男の哀しさを思わずにはいられません。

    なにはともあれ、音楽というものの持つ多様性を知りたい方は必聴のディスクであるといえましょう(自分、どこの回しモンだ・・・?)


    前々から書いてきたことですが、ある程度、生活に優先順位を付けないとな~、ってのがありまして、その結果、このごろは、ブログを省かせていただく日もありますことを、どうかご了承ください。

    しかし基本的に、時間は「与えられるもの」ではなく「自分で作るもの」。
    この信念は変わらないですね。
    最近は他にどうしてもやらねばならぬこと、やっておきたいことがあったもので、そのため、「毎日更新」をここ数年の自分の糧にしてきたブログさえも、いともカンタンに諦めましたです。

    で、実は、結構いろいろと見聞してきたものがありまして、レビューといいますか、雑感を書きそびれたものが、溜まっています。

    既に1か月以上も前のものもありますが、ちょいここらで毎日少しずつレビューでもやっていきますかね。


    エフゲニー・キーシン ピアノリサイタル★★★★★
    曲目:
    ベートーヴェン:ソナタ第3番 ハ長調op.2-3
    ベートーヴェン:ソナタ第26番 変ホ長調op.81a「告別」
    ショパン:スケルツォ 全4曲 4
    第1番 ロ短調op.20/第2番 変ロ短調op.31/
    第3番 嬰ハ短調op.39/第4番 ホ長調op.54


    目下、世界最高のピアニストとの評判もある、キーシンの来日公演。
    上記プログラムの中では、ショパンのスケルツォの各曲(特に3・4番)が素晴らしかったです。
    音がキラキラしてるんですね。
    あれは技術的にどういう処理を施してそうなってるんだか、ピアノ素人のワタクシには、さっぱりです(でもきっと、ピアノをカジッってる方にしても、ほとんどの人はわかんないような気もします)が、ベートーヴェンにおいては、どこかそれが白々しさを感じさせる面もあったのですが、ショパン、特にスケルツォにはピッタリでしたね。

    そして、何よりもびっくりしたのがアンコール!

    なにせ、7曲もやったんです!
    (日によっては10曲くらいやったらしいですけど。。。)

    シマノフスキ:エチュード変ロ短調op4-3
    ショパン:エチュード嬰ハ短調op10-4
    リスト:ハンガリー狂詩曲第10番
    モーツァルト:トルコ行進曲
    ショパン:ワルツ第7番
    ショパン:子犬のワルツ
    ブラームス:ワルツ第15番


    ↑これ、アンコールの曲目リストです。

    個人的には、シマノフスキ大好きなので、冒頭1曲だけでも十分という感じ。

    ちと引いたのは、アンコールで曲が終わる度にステージに駆け寄って花束を渡す乙女(?)たち。
    クラシックでこういう光景はついぞ見たことがないワタクシは、口をあんぐりさせて見てました(笑)
    しかし、その「邪魔者」がなければ、もちっと時間取れて、10曲くらいやってくれてたかもしれません。残念。

    おそらくキーシンは、アンコールとか正規のプログラムとか、そういう「世俗的な括り」自体に興味がないのではないかと私は感じました。

    「オレは弾くのに疲れるか飽きるまで弾き続けるんだ。それが5曲か10曲か15曲かは、その日の気分次第さ。」

    なんていう風に思ってそう、なんて(本当はどうだか知りません。彼のインタビュー記事とかも読んだことないので)。


    映画も実は最近、数本観ているので、これも感想書いておきたいですね。
    あとそれからいくつかの展覧会も。

    やっぱり時間はね、「作るもの」です。

    でも、自分のある知人みたいに「為すべきことをやるためには完徹も辞さない」みたいなのは、健康っていうよりは、年齢的にムリ(苦笑)ですけど・・・。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:39:22| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。