■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    本当の「感動」
    【ただ今のBGM】
    カセッラ:カヴァティーナ

    演奏者不明


    今年のメトロポリタンマンドリンオーケストラで演奏する曲です。

    もっとも自分はまだ今年の合奏に参加しておりません。
    今週末から参加予定でおります。

    最近、自分がやってきた各種楽団とは一味もフタ味も違うメトの選曲。
    それがマンドリン界で他に類を見ないほど、素晴らしいのであるということは、もはや疑う余地もないのですが、ただ、

    そこに自分がどれだけ入り込めるか、
    どれだけのことがこの楽団でやれるか、
    曲を理解できるか、
    ちゃんと弾けるかどうか、

    そういうことが現実的には問題となります。

    「弾けるかどうか」ったって、単にメトロノーム的な意味で拍の中に音符を無事に納めることができるとか、その程度じゃ全然ダメなんですよね(それすらできない今の時点ではとりあえずそこが目標の中の1つには設定せざるを得ないのですが)。

    ちゃんと楽団・指揮者と一緒の呼吸で感じてテンポを作っていけるかどうかとか、譜面上に書いてあることを相当厳格な意味で実行できているか(例えば音の発声だけでなく、消音の処理など)とか。

    そして、そういう演奏技術的なことの他に、楽曲の構造を理解することとか。
    例えば、「あ、ここまでが曲の主部であとは終結に向かうから、譜面上はfだけど、そんなに威勢のいい音は出すべきじゃないな」とか、そういうものの理解。

    ほんと、音楽って難しいですよね。。。

    そして、3歳とかから英才教育受けて、成人してもずっと職業として朝から晩まで演奏に関わってるような人が演奏しているのと同じような曲を、土日(それも毎週ではなく)に数時間合わせるだけで、きちんとできると思うことがそもそもおこがましいのではないか?なんて考え始めると、ついつい暗い気持ちにもなりますが、しかし、そんな中でも、もしかしたら、ある人を感動させたり満ち足りた気分にさせたりしてるんだとしたら、やっぱり音楽は、いくら経験不足・実力不足でも、ある目的を持ってそれなりに邁進する気持ちを持った人に対しては、一定の門戸を開いてくれるものなのかもしれません。


    なんてことをツラツラと考えているうちに、次第に眠くなり・・・。

    でも一応(?)、おとといの演奏会の感想を書いときますね。
    (って、ここからがめちゃ長なんですけど^^;)

    ウラディーミル・フェドセーエフ指揮 モスクワ放送交響楽団

    チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35★★★☆☆
    樫本大進(Vn)

    ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ホ短調 op.93★★★★★★(6点)

    5月23日(火)サントリーホール


    お目当ては、今年生誕100周年を迎えたショスタコーヴィチの交響曲第10番でした。

    前プロのチャイコは、正直そんなに興味なかったのですが、さすがにモスクワのオケ。
    「我が国を代表する作曲家の音楽を、この無知な東洋人どもに教えてくれるわっ!!」
    みたいな気概を感じる演奏でした。
    自家聾中(漢字、違いましたっけ)の音楽というのは、こういうものを指すのですね。

    そう言えばこの曲は2003年に公開された映画「北京ヴァイオリン」に出てきますね。
    自分はこの映画を観ていないのですが、当時最大で月5回以上も(!)通い詰めていた渋谷のBunkamuraル・シネマで、この映画の予告編を腐るほど観てまして、自分の中ではこの予告編とチャイコン(ヴァイオリン協奏曲)の第3楽章がイメージとして重なるようになりました。

    この予告編もそうだったんですが、ちょいとこの演奏、クサすぎかも。。。
    テンポは速めなのですが。

    惜しかったのは、座った席が悪く(サントリーホールのP席。ここは奏者の後ろに座る席なのです。チケット代が安いのと、指揮者の動きが逐一よく見えるのが魅力ですが、パーカスや金管が異様に大きく聴こえたりして、パートバランスはかなり酷く聴こえてしまう欠点を持ちます)樫本さんのヴァイオリンが、音楽のレビューとかでよく言われる、「薄いベールの向こうで演奏しているような」感じに聴こえてしまいました。
    パートバランスが悪い座席になった時は、自分の耳で補正して聴くという高度な芸当も存在するようですが、自分は無意識の中でそれができてるのか、それとも全くできてないのか。
    「オカシイ」と思うってことは、できてないんでしょうね、まあ普通に考えたら。

    一方でショスタコの10番は、休憩時間の間に大変失礼ながら、「席移動」をさせていただきまして(こんなこと書いちゃっていいのだろうか・・・?)、なかなか良い音響バランスの所で聴くことができました(ちなみにRCという席)。

    こちらのサイトで指揮者のフェドセーエフがこの曲について説明してくれています。

    以下、少し抜粋。

    「とてもドラマティックな名品です。今回日本で演奏できるのは嬉しいですね。皆さんきっと気に入って頂けると思いますよ。ショスタコーヴィチは国の未来を予見していた作曲家。この曲にも色々なものが詰まっています。第1楽章は「ロシアへの祈り」、第2楽章は「絶望感」、第4楽章は「悲劇的なフィナーレ」。このほか「子供時代の思い出」「やり場のない切迫した気持ち」…などなど、人の一生の感覚が全編に込められています」

    演奏は木管楽器が非常に安定していたため、とてもきめの細かい、美しい演奏という印象でした。

    そして、先日、同じ曲のムラヴィンスキー指揮の演奏紹介では「阿鼻叫喚」と表現しました第2楽章。
    これは「スターリンの肖像」とも評される激しい楽章ですが、テンポを抑え目にし、表情付けを濃くしていく傾向の演奏だったため、全体に「スッキリスリムな現代風な演奏」というよりは、どちらかというと、「一つ一つ決めのポーズを取りながら前進していく古典芸能的な演奏」という雰囲気でした。

    また、フレーズとフレーズとの関連性などを明らかにすることに相当の注意が払われており、交響曲という一大絵巻の設計図が目の前に提示された感すらありました。

    こういう演奏は好きですね。
    部分部分の音響美に走るのではなく、あくまで全体から部分を帰納法的に還元させて作っていると言ったらよいのでしょうか。

    部分部分の音響美に走るタイプの演奏だと、いくら楽器を見事に鳴り響かせても、音楽としてどこか空虚感が漂うわけですが、このフェドセーエフのショスタコには、前述したように、フレーズとフレーズ、あるいはもっと大きな単位では、楽章ごとの性格付けまでもが明確にされておりました(上記のインタビューでもその思想性が窺い知ることができます)。

    少し無理して分析的なことを書くと、まあこうなるんですが、いや、実際はね、聴いてて「感動」しっぱなしでしたね。

    音楽を聴いて、

    「面白い!」

    とか、

    「美しい」

    とか、

    「愉しい」

    とか、

    「悲しい」「哀しい」

    とか、

    「エロかわいい」とか(?)

    思うことはしょっちゅうですけど、しかし本当の「感動」なんてのは、2年に1回あるかどうか、って所ですよ。

    2005年なんて、自分は20個くらいの演奏会に通いました(これは私としては相当少ない方)が、ただの一瞬も、「感動」なんて瞬間はありませんでした。

    あったのは、「満足」とか「愉しい」とか「ホレボレするなー」とか、「感激!」とかそういうものくらい。

    というのはですね。
    自分がここで思っている「感動」ってのは、もう満足してるんだかしてないんだかも、よくわからないような、一種錯乱した状態なんですよ。

    今、自分が東京の真ん中の音楽ホールで音楽を聴いているとか、そういう設定すらどこかへぶっ飛んでしまった、「宇宙的」とさえ言えるような絶対的瞬間です。

    そんなものが日常の中でそう頻繁にあっても、一般社会人としてはまあ困るっちゃ困るわけで(笑)、選りスグリの演奏会ばかりピックアップして通っているつもりでも、2年に1回くらいしか出会えない瞬間、それで十分なんだと思います。

    ちなみに「ラ・フォル・ジュルネ」では、最終日の「レクイエム」(モーツァルト。カリユステ指揮)の時に、この「感動」にかなり近い地点まで自分は到達しましたね。

    しかしこの時は人と一緒だったこともあるのか、あくまで音楽ホールで音楽を楽しんでいる、ということからは抜け出せない種類のもの、いわば「感激」くらいだったかもしれません。

    しかし、この日のショスタコの10番。こちらは本当に「感動」した瞬間が何度もやってきました。
    一応スコア(総譜)なんかも読んで少しは予習して演奏会に臨んでいたもので、拙い音楽知識の中でも、それなりに頑張って分析的な聴き方にチャレンジしていたんです。

    「あ、ここから展開部だな」

    とか、

    「お、後にテンポアップさせるための伏線となる旋律がやってきた」

    とか。

    でも、次第に音楽そのものに圧倒されてきてしまって、そういうことがもはやどうでもよくなってしまいました。

    ちょっと退屈な演奏会とかだと、こういう時、逆に演奏から関係ないことに思索が及んでしまったりするんですよね。

    「終わったら、なに食べようかな」

    とか、

    「あ、いけな。●△君にメールするの忘れてた!」

    とか。

    高いカネ出して聴いてる演奏会の最中に考える必要は全くないようなことばかり。

    しかし、この日はそういうモードには、ほとんどなりませんでしたね。
    (チャイコでは少しだけありましたが・・・)

    アンコールがまた面白かったです。

    2曲ともショスタコ。

    浅学なワタクシは、2つとも知らない曲でした。

    ショスタコーヴィチ:付随音楽「条件つきの死者」op.31よりワルツ

    ショスタコーヴィチ:映画音楽「司祭と下男バルダの物語」op.36より
    「バルダの行進曲」


    1曲目のワルツ。これは愉しいですね。
    トランペットの弱音器だったんでしょうか。
    ちょっと人をおちょくったような旋律がステキでした。

    2曲目の行進曲。
    こちらは1分もないくらいの短い曲。
    瞬間芸的にスネアドラムがなにやら、面白いリズムを奏でたりしていました。
    こちらも素晴らしかったです。

    なにより、ロシア物プログラムでありがちな「ルスランとリュドミラ序曲」とかに走らず、それなりにプログラムの中身を踏襲したアンコールということで、それもとても嬉しかったですし、演奏自体もアンコールの一番魅力的な形態である「瞬間芸」に徹したもので、素晴らしかったですね。
    スポンサーサイト


    レビュー | 02:08:56| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。