■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    メトロポリタン練習記録6/4
    今日はメトロポリタンマンドリンオーケストラの練習日。

    昨日の野球大会のせいで、ひどい筋肉痛で。。。(最初から言い訳)

    練習の感想は先週とほぼ同様。

    この時期の丁寧な「音取り練習」期のうちに1回でも多く練習に出ておかないと、この楽団で取り上げるハイレベルな曲、ハイレベルな演奏にはなかなか付いていけなくなります。

    もっとも「音取り」と言ったって、16分音符のヴィルトゥオーゾ的なフレーズを半分の速度で何度も繰り返してくれるとか、そういう練習ではありません。

    「そんなのは家でやれ」てなもんでしょう。

    ま、当たり前ですよね。

    でも、社会人だと、家でまったくやれずに次の練習を迎えざるを得ないケースも多々あるわけで、そうなると、結局弾けるか弾けないかは、もうその人の元々のポテンシャル・経験値で決まってきてしまうような面も、なきにしもあらずかもしれません。

    だいたい、社会人で上手な人って、大抵は学生時代から既に相当上手ですからね。
    その後の「うまくなる・ヘタになる」は誤差の範囲であって、大勢は学生時代に決するという側面さえあるかもしれません。

    しかし自分は何とかそれに抗ってみたいという野心を持つ者です。

    自分は大学2年までマンドラだったので、マンドセロを始めたのは大学3年だったんですが、結局、学生時代はこの楽器をほとんどモノにできずに終わってしまいました。
    気合いで定期演奏会でやる曲の音だけはしっかり取って練習に臨んではいましたが。

    それに比べたら、今の自分はこれでも、学生時代から比べれば、別人のように上達したな~とは思います。

    今だってそりゃ全然ヘタクソはヘタクソですけど。

    でも、今の自分が学生時代の自分の演奏聴いたら、情けなくて涙出ちゃうかもしれない。
    それくらいの成長はあったと思います。

    思えば、初めてメト出た時、それが“未完成』以外では初の社会人楽団への参加だったんですが、全然練習に付いていけなくて、ひどく落ち込んだことを思い出しました。

    そこではまったく自分の知らないことが行われていて、「なんだここは!?」って感じで、ようやく少し慣れたかどうかって所でその年は演奏会当日を迎えてしまいました。

    今日もまた、怪しい音をいろいろ撒き散らしておいてあまり偉そうなことは言えないのですが、仮にもメトの練習で行われていることをごく普通に理解し、実践するようになった自分を感じることはできました。

    一応成長はしてるのですかね。

    自分で自分に満足しちゃったら、そこで成長は止まるそうなので、満足はしないことにしますし、実際「満足」だなんて、まだまだ惑星ベジータくらい遠い話ですけど。。。


    練習の後は飲みに行きまして、帰りの電車で幸いメトの重鎮SSZKさんと途中までご一緒することができました。

    ここで楽曲解釈の方法とか考え方について、SSZKさんから素晴らしいお話を聞くことができまして、その話の素晴らしさに途中で電車を降りることが大変もったいなく感じられてしまいまして、当初降りる予定の駅(山手線品川)より先(山手線東京)までご一緒してしまい、いろいろ教えていただいちゃいました。

    自分が最もリスペクトするマンドリン関係者の1人であるSSZKさんのこの貴重なお話、ホント、普通だったら何千円か授業料払って聞いてもいいくらい価値のあるもので。
    男性と電車で2人っキリになって「ラッキー」って思うなんて、滅多にないことですね(笑)
    一瞬たりとも聞き逃すまいと、酔った頭をフル回転させてました。

    もっとも自分、いっぱい時間あった飲み会最中は、音楽の話なんてほんのちょこっとしかしてないんですけどね・・・。
    (隣になったとても面白いオネーチャンとずっと四方山話してましたっけ)


    【ただ今のBGM】
    「交響曲 第38番 ニ長調 “プラハ” K.504」    
                          モーツァルト作曲
               (管弦楽)ポワトゥ・シャラント管弦楽団
                (指揮)フランソア・グザヴィエ・ロス

    NHK教育TV「芸術劇場」より今年5月の「ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン」の収録分から放送中


    たぶん、そんなに有名なオケじゃなくて、出てくる音もどこか田舎っぽいというか、あまり音の密度が濃くないような、使ってる楽器がちょっと安そうな(?)そういう音です。
    最初、一瞬古楽器なのかと思ったくらい、鄙びた音(古楽器ではないと思いますが)。
    無意味に(?)超高速で演奏していて、そこがちと面白い演奏ではあります。

    しかし、「プラハ」はいいですね。
    モーツァルトの「後期3大交響曲」と言ったら39・40・41番の3つを指しますが、この38番「プラハ」を入れて「4大」としなかった音楽学者だか評論家だか、ちと許しがたいものがあります。

    この「プラハ」、自分は学生の時にマンドリンオケで全曲演奏したことがあるんです。
    今から考えても、当時の某先輩は、すごい趣味してたなあと感心してしまうのですが、ホント、モーツァルトの交響曲でこの「プラハ」は1・2を争う名曲中の名曲ですね。

    とくに対位法的な動きを追いかけるだけでも面白い第1楽章。
    ステキすぎです。

    某匿名掲示板でも、モーツァルトファンの中に「プラハ厨」なる「プラハマニア」が存在することがかつて報告されていたくらい、根強いファンを持つ曲であったりもします。

    用例

    「やっぱプラハは最高だな」

    「出た、またしてもプラハ厨キタワァwww」

    などなど(ダメじゃん・・・)

    いずれにしましてもこの曲、当時楽器を始めてまだ2年半程度しか経っていなかった私に対して、「オーケストラスコアを見る」という習慣を初めて植え付けてくれた思い出の曲でもあります。


    さて、アンケートの結果発表行きますね。

    [モーツァルトで好きな曲は?(オケ曲以外編)]

    第1位 クラリネット五重奏曲 (3票)

    第2位 歌劇「魔笛」(2票)
        歌劇「フィガロの結婚」
        キラキラ星変奏曲

    第3位 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(1票)
        ディヴェルティメントK.136
        ディヴェルティメントK.137
        グラン・パルティータ
        レクイエム
        ミサ曲ハ短調

    なお、レクイエムに対しては、

    「モツレクは、ちょっと別格の音楽。」

    なるコメントをいただきました。ありがとうございます。

    自分も「レクイエム」(通称モツレク)大好きは大好きですが、しかし、最近のマイブームは「ミサ曲ハ短調」の方。

    ま、ぶっちゃけ、「ミサ曲ハ短調」を投票したのは、ワタクシ本人だったりします。。。

    1位の「クラリネット五重奏曲」は王道ですね。
    優勝候補の筆頭が順当に優勝した感じでしょうか。

    3大歌劇もまあ順当ですね。

    個人的には、モーツァルトのオペラの中だったら、「コジ・ファン・トゥッテ」が一番好きなのですが、今回は得票ゼロ・・・。

    「魔笛」なんかより、遥かにわかりやすい筋書きと教訓が描かれていると思うんですけどね。
    一時期、「女性蔑視の作品」というレッテルを押されて上演されなかったというのが、今なお暗い影を落としているのでしょうか??

    さて、次のアンケートは、

    【ズバリ!ワールドカップ2006の優勝国は?】

    です。

    別に「賭博」とかじゃありませんが、お遊び感覚でぜひご投票ください~!

    自分はそうですね。

    まだ実は情報をあまり収集できてなくて、よくわからない所もあるんですが、願望も込めて、ズバリ!

    チェコ

    としておきましょう~。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:53:06| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。