■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「マリコ」
    今日もパソコン調子が悪いので携帯から。

    太平洋戦争前夜の日本外務省には「マリコ」というコードネームがあったそうです。

    戦争前夜の在アメリカ日本大使館と日本本国外務省との間で秘密の連絡をしあう際に、外交官の実在の娘「マリコ」の名を「日米交渉の調子」を示すコードネームにしたんだそうです。

    例えば、

    「マリコは元気です」

    は交渉が順調であることを示し、

    「マリコは病気です」

    と言ったら、戦争勃発につながりかねない深刻な状態になったことを示す、

    そんな具合です。

    そして、ご存知の通り、歴史は「マリコ」を最終的に殺害したのでした。

    実在のマリコさんは戦後もずっとアメリカで元気に過ごし、たしかアメリカ人と結婚したんじゃなかったかと思いますけどね。

    さて最近、パソコンと言いますか、ネットの調子が激ワルなんです。

    そして、そういう時に限って、ワタクシ自身の体調も悪いのです。

    別に、体調悪いことのカモフラージュで「ネットの調子が悪い」って言っていつもの長文ブログ(笑)を控えてるわけではなく、実際にネットがつながらなくていろいろな意味で支障をきたしてるんですが、自分の体調とあまりに上手くリンクしてくれるもんだから、何とも主人想いのパソコン(ルータ?)だと思います。

    そう言えば、マリコさんも、(偏狭な意味ではない)愛国者であり国際平和を生涯祈っていたそうです。

    今は、電車の中。
    今日のリベルテの練習は体調不良でお休みさせていただいているのですが、届け物があるため、取りあえず都内某所の練習場に顔は出す必要があるんです。

    ここん所酷い生活が続いていて、昨日(って言うか今日ですが)寝たのは5時。
    別にワールドカップ観ていてそうなってるんじゃないです。いろいろやんないといけないことが発生中で。

    今後も暫くの間は、ネットとも体調とも関係なく、携帯からの更新が続くかもしれません…。
    スポンサーサイト


    未分類 | 13:39:16| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。