■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    IFの連鎖
    また携帯です。

    サッカー日本代表、オーストラリアに痛恨の逆転負けを喫しました。

    歴史にIFは禁物といいますが、まさにこのサッカーというスポーツ、偶然が瞬間的にいくつも重なって展開されていくものですね。

    ここで久保がいたら、

    坪井の交代がなかったら、

    同点の時点でこの強敵に勝ち越すことは諦めて引き分け狙いに切り替えていたら、

    などなど。

    もっとミクロには、
    ここで右足じゃなくて左足で蹴っていたら、

    川口が突っ込まないで待っていたら、

    勝負にもIFは禁物ですが、しかし、このIFの連想、イマジネーションの喚起、それこそが、これほどまでに世界中のファンを掴んで離さないサッカーというスポーツの魔力なんだと思います。

    選手にとっては人生を左右する大試合。
    しかしプロスポーツ選手ではない我々にとって、スポーツ観戦は仕事や学業の合間のIFの連想ゲーム。
    それに身を委ね、勝ち試合のみならず負け試合からも何かを学べる舞台なのです。

    なぁんて…。

    こう書きでもしないと、このやり切れなさは耐えらんないす(/_;)

    しかし、考えてみたら、こんなに多くの人に注目されて晴れ舞台に立っている選手たち、めちゃくちゃ恵まれてますよね。

    まさか、とは思いますが、人生で一度あるかどうかのこの大舞台、最後まで投げることなく貪欲にガツガツとプレーして欲しいですね。
    外された選手たちのこと考えたら、ブルーになってるヒマなんてないっす。

    もしクロアチアに勝ったら、

    もしブラジルにも勝っちゃったら、

    まだまだ私たちのIFが続く今年の梅雨です。

    そして、

    もし、たった今、上昇中のエレベーターが急に止まらなくなったら、、、

    そっちのIFの方が心配で夜も眠れへん
    という方は、今晩この後、アメリカ対チェコでも観ましょう~。
    チェコはネドベドは勿論のことバロシュって選手、最高のファンタジスタ(IFの創造主)です!
    最近チェコの試合観てないのでスタメン入ってるかわかんないですけど…。

    でも、

    私は寝ますけどね(ボソッ
    スポンサーサイト


    未分類 | 00:54:32| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    チェコ3-0米
    お仕事&応援、お疲れ様です。m(__)m
    負けから学び、得るものも多いですよね。
    贔屓目に見てしまいますが(^_^;)、茂庭はさほど悪くなかったと
    思います。
    私のIFを敢えてあげれば、大黒を早めに投入しておけば
    です。
    http://tokyo.cool.ne.jp/up14oh/WordCouple.htm
    2006-06-13 火 10:01:55 | URL | としを [編集]
    としを様
    久しぶりですね。
    元気してますか?
    また近所の寿司でも食べに行きましょう~。

    さて、自分なんかは、はっきり言って本当のファンじゃないので、負けたって翌日まで落ち込んでメシも食えないなんてことにはならないし、「もしもあの時」の空想を楽しんでられるんだけど、ほとんど選手と一身胴体化してるマニアの人はそんな悠長なこと言ってらんないよね。
    自分も阪神だとそうなる・・・(特に昨年の日本シリーズの大敗北
    2006-06-14 水 00:45:28 | URL | タテラッツィ [編集]
    欧州と南米は順当勝ち
    4年前、静岡で御世話になりました~m(__)m
    あのときも、そして今年もピッチの上はアツイですね!?
    明日は、TOHO系列の映画館で観戦、フェイスペインティングで
    臨みます!!
    タテラッツィさま、本場欧州の体験譚、
    またお聞かせくださ~い(^^ゞ
    http://tokyo.cool.ne.jp/up14oh/WordCouple.htm
    2006-06-17 土 17:23:42 | URL | としを [編集]
    としを様
    生ベッカム、生ロナウジーニョ(ていうか当時は3R)、見たっていうのは、ミーハー的なアピール効果は凄まじいものがあるよね(笑)

    あれから4年、体力の絶頂期にある選手がこれだけ入れ替わる中で、当然自らの体力も4年分磨耗しているわけで・・・。
    2006-06-18 日 02:06:31 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。