■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    久々にネット世界復活
    【ただ今のBGM】
    リゲティ:アトモスフェール




    現代を代表する作曲家リゲティさん

    日本で有数の指揮者、岩城宏之さん

    お2人が亡くなりました。

    謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

    岩城さんの指揮、一度は生で聴いておきたいって思ってたのに、行けずじまい。

    リゲティについては、この作曲家の音楽理論などをほとんど全く解していないにも関わらず、存外多くの作品に触れてきました。

    上にも挙げた「アトモスフェール」は、映画「2001年宇宙の旅」で宇宙空間を浮遊するシーンで出てくる「ホワーン」って感じの音楽です。「音楽」というよりは「音響」というべきか。そんな感じ。

    しかしこれは、87個の声部を重ね合わせたミクロ・ポリフォニーという手法が用いられた結果として聴こえるものなんだそうで、本当に音楽ってものの奥深さは永遠無限だと思わされます。


    さて、ほぼ1週間ぶりにネットがつながりました。

    ここぞとばかり、いろいろやっております。

    って言っても、

    ・メールの受信(添付ファイルのダウンロード)&返信

    ・某コミュニティの「マイミク」登録

    そんな程度のことしかしてないですけど(苦笑)

    あー、あと、

    今年夏の旅の調べモノもしました。

    既に「ロンプラ」(ロンリープラネットという世界的に有名な旅行ガイド)の西バルカン編

    とか、

    Thomas Cook社発行の

    EUROPEAN RAIL TIMETABLE」(欧州全域の鉄道時刻表)

    とか、いろいろマニアックな書籍を購入し、ある程度の所まで調べました。

    自分の旅のスタイルは、いわゆる「バックパッカースタイルの自由旅行」的なものです。

    しかし、日本でサラリーマンやってる者としては、(その中では比較的恵まれているとは言え)休みも相当限られるわけで、そうなると旅は、ある程度計画的にした方が効率的なんですね。

    「明日の朝、気分が良ければ100km南に移動し、悪ければこの街にもうしばらく滞在してみよう。」

    なんていう「深夜特急」みたいな旅には憧れますが、これだとたぶんいつも自分が行く旅程の半分も回れないでしょう。

    しかし、自分が旅を計画的に行うのは、どうもそれだけが理由ではないようで・・・。

    実は、

    ワタクシの母方の祖父(このブログにたびたび登場)
    自分の母

    この2人が旅に出る時、準備としてやってることがワタクシとそっくり!(苦笑)

    とにかくあれこれ調べまくる、それ自体が既に旅の一部なんだ、そういう考え方の人種なんです、きっと。。。


    さて、昨日、実は日本戦後、チェコーアメリカも見ちゃいました!

    マンドリン関連のちょっとした作業をしながらですけど。

    いやーしびれます、チェコ代表。

    私は「日本語でよめるはじめてのチェコ情報誌」を定期購読してるくらい筋金入り?のチェコびいきですから、ひょっとしたら日本とぶつかってもチェコを応援しちゃうんじゃないかってくらいチェコの国民性、文化芸術、歴史風物が大好きなんですけど、そんな贔屓目ナシで観ても、このチェコのサッカーは美しいです。そして強い!

    このブログでやっております投票、チェコにワタクシは1票入れておりますが、いよいよ現実化する予感。
    (でも同じグループに伊太利亜がいるんですよね。そうカンタンには勝てなそう。)
    スポンサーサイト


    ブログ | 01:53:45| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。