■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    初めての「素うどん」
    【ただ今のBGM】
    モーツァルト:ピアノソナタ第17番ニ長調 K.576

    スコダ(フォルテピアノ)




    漫画「のだめカンタービレ」第15巻、好評発売中です。

    書店へ走れ!(雨降ってるからな)←って、アホか!



    ちなみに2000円近くする「限定版」を買うと、おまけで

    「あの」マングース人形

    が付いてくるそうで。。。

    index_4063582256_01.jpg



    押すと、

    「ギャポ!!」

    って声がするそうで。

    って、ご存知ない方は「どんだけオタ話してんだよ」って思われるかもしれませんね。

    ま、成人して以降のワタクシは、ごくごく限られた漫画だけを読んでおりますが、この「のだめ」は今では数少ない定期購読漫画の1つです。

    amazonのレビューより

    こんなに笑えるクラシック音楽があったのか!?
    初リサイタルで、のだめ菌爆発!?
    オクレール先生の紹介で、リサイタルを開くことになったのだめ。ブルターニュのお城に到着してみれば、城主はとてつもないモーツァルトマニアだった。のだめ、苦手なモーツァルトを、初リサイタルでどう演奏するのか!?


    というわけで、このオクレール先生の家で「のだめ」が弾く羽目になった(?)のが、このモーツァルトのK576というピアノソナタ。

    漫画の中でもモーツァルトと同時代のピアノフォルテっていう小さいピアノで弾いてるんですが、↑でご紹介しました往年の巨匠スコダさんの弾く演奏も、ピアノフォルテによるもの。

    スコダさんは、もともとバリバリのピアノ畑の人で古楽系の人じゃないので、音色こそピアノ+チェンバロ÷2みたいな不思議な音してますけど、演奏自体、かなり右脳的に弾いている感じなのは、いかにもロマン派以降のレパートリーを持つピアニストだなと思います。

    個人的にはモーツァルトから前の作曲家の場合、現代楽器よりも古楽器で演奏されたものの方に、より自然な空気を感じることが多いです。


    素うどん

    いったい全体、どういう意味でこの世にこの単語が存在しているのだろうか?

    私は摩訶不思議な思いでいました。

    だってですね、

    うどんったら、あーた!

    青葱だの
    唐辛子だの
    天ぷらだの
    生卵だの
    わかめだの
    かまぼこだの
    海苔(冷やしの場合)だの

    何か入ってるもんでしょう!?

    別に、

    キャビアだの
    北京ダックだの
    ローストビーフだの
    ウニだの

    の高級食材が入ってるわけでもなし、コストなんてどうってことないですよ。

    せいぜい一番高級なのが

    「海老天」

    くらいでしょう?

    でもね、あんな「海老」なんてもんはですね、

    「海老で鯛を釣る」

    の故事(?)で広く知られるように、ただの噛ませ犬に過ぎないクセして、エビちゃんブームだからっていい気になってんじゃねーよ!

    って、何で今日のワタクシ、こんな妙なテンションなのかしらん。

    ま、いいや。

    さて、とにかく素うどんなどという、

    どーせ300円程度のモンを何とか270円にコストダウンさせてるような

    そんな経営難だから備品の消しゴムも完全に使い切るまで新しいの支給されないドケチ総務課みたいな

    ショボイ喰いモンは存在する意義なーし!

    って思っておったんです。

    でも、今日の夕食のワタクシ、こちらのサイトにもありますように、

    素ウドンが素で要求される状況がやってきたのです

    そして明日の夕方までワタクシ、もう何も口にできませんです。

    さっき下剤を飲んだので、これからいろいろなことが起きるでしょう(怖)

    明日の朝にはさらに強力な、1、8Lもの量の水に溶かした下剤を飲み干さねばならないんだそうで。

    明日の午後、大腸内視鏡検査というのを受けます。

    検査は午後なんですが、午前中から「ピーピー」って来るのは確実で、まず仕事にならないので、明日は一日お休みいただきました(笑)

    ていうか、あれ?あんた、大腸にも問題抱えてたの?
    悪いのは腎臓じゃなかったっけ?

    そうです。最近あまり書いてませんが、ワタクシ、腎臓には重大な疾患を抱えております。
    治療の効果はある程度出ておりますが、現在数値的には一進一退といったところ。

    しかし、実はこれ以外に今年の2月から3月くらいにかけて、ちょっと他の症状も出ておりました。

    これ、恐らくは腎臓の治療に使っているある薬の影響だろうということなんですが、一応怖いので、内視鏡検査をしておこうということになったんです。

    この検査、最初は舐めてたんですが、調べていくに連れて、次第に怖さが出てきました。

    ていうか、このサイトとか怖すぎなんですけど・・・。

    医者の前の患者ってのは、本当に無力な存在なんですから。

    どんなにその医者が人格的に問題があろうが、ルックスが好みでなかろうが、

    あるいは患者側が「ヤ」の付く仕事のお方だろうが石油王だろうが大統領だろうがエリザベス女王だろうが山田花子だろうが、

    とにかく病気やケガを抱えた人間は、診察や検査、手術を受ける時、目の前の医者に自分の肉体の全てを委ねざるを得ないんですから。

    患者に見える所で「弱さ」は見せないでほしい。

    でも、酷い場合、ネット上どころか、患者の前でも、

    「私、研修医なのでわかりません」

    とか言っちゃう信じられない人もかつていましたが・・・。

    とにかく医者は頼むから患者が見る可能性のある所でこんな怖い話しないでおくれ。

    明日の検査に向けて急に緊張してきちゃったじゃないか・・・。

    こういうの医者だけでなく、いくつかの職業の方は、心していただきたいですね。主に「人を扱う仕事」でしょうか。

    例えば教師。

    教師が生徒の悪口をネット上で言ってるサイトを見たことがあるけど、ああいうのも、生徒さんがもし自分のこと言われてるって気づいちゃったら、人格形成に確実に影響出ますよ。

    普通の「お客様センター」へのクレーマー客を扱うのとはワケが違います(普通のクレーマー客も当然プライバシーありますし、守秘義務も個人情報保護法もありますから、ネット上に内容UPするなんて、もってのほかですけど)。
    スポンサーサイト


    健康 | 23:31:37| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。