■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    負け犬への讃歌2
    で、N響の演奏会ですが、俺はクリウ゛ィヌって指揮者とは波長が合わないみ
    たいです。一応いまフランスを代表する指揮者の一人みたいに言われている
    人ですけど、「そんなにいいかなぁ?」って感じです。
    この人の演奏会はこれで3度目で、未だこんな感想しか持てないので、もう
    この人が振る演奏会に行くことは今後ないかもしれませんね。
    そこそこお気に入りの曲、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」で
    さえ途中でウトウトしてしまいましたし。
    N響の団員からの評価は高いらしく定期的に振ってるので、棒を振る技術と
    か音楽をまとめあげる手腕は相当なものなんでしょう。でも1人の聴衆とし
    て対峙した時、そんなことはさして重要なことではないんですよ。
    名演と言われる演奏に必ずある何かに取り憑かれたような圧倒的な力感、こ
    れがないんですよ。これは表現を濃厚にすれば生み出されるってもんでもな
    いです。単に力んだだけの聴いてて疲れる演奏になってしまうこともある
    し。音楽って難しいですね。

    ただ、トリでやったツェムリンスキーの交響詩「人魚姫」、これはライブで
    は初めて聴きましたが、すごく魅力的な曲だと改めて思いました。
    実はこの曲、CDでまだ持ってないんです。テレビで放送されたのをビデオに
    録って観ただけなんです。演奏会の後にタワレコとHMV行きましたが、同じ演
    奏会に行ったであろう客に買い占められたみたいで、1枚も置いてませんで
    した。そもそもツェムリンスキーなんて代表作の「叙情交響曲」以外は、
    ほとんど店頭で見ないけど。

    この「人魚姫」は交響詩のクセに3楽章40分もある曲です。
    アンデルセン童話の「人魚姫」を元にしていて、地上の王子を好きになって
    しまった人魚姫の叶わぬ愛と、壮大なる自己犠牲(書くと長くなるので、
    省略します)が描かれています。ハープ2本が入り、コンマスに姫の愛情を
    表現するソロが多用され、かと思えばマーラーばりの金管がゴージャスに
    使われた箇所もあり、標題音楽であると同時に交響的な側面もバランス良く
    持った音楽だと思います。

    なんでもツェムリンスキーは愛する自分の弟子アルマが、やはりツェムリン
    スキーの弟子だったマーラーと結婚してしまったことにショックで、この哀
    しい人魚姫を自分に重ねて曲を書いたんだとか。

    でも、人間って平和で幸せで勝者である時よりも、負け犬の時の方が良いも
    のを作るような気がします。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。