■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    もしもボックスかよ!
    【ただ今のBGM】
    「ゴルトベルク変奏曲」より第4変奏あたり(J.S.バッハ)

    グレン・グールド(ピアノ) ※1955年演奏盤




    衝撃的なグールドのデビュー・アルバム。当時あまり知られていなかったこの曲の魅力を知らしめたばかりでなく、バッハ演奏のひとつの形をも投げかけて、音楽界に波紋を広げた問題作。

    昨日、「モーツァルトでは眠れない」と書いたら、ある方から「ゴルトベルク変奏曲で寝ている」という情報をいただきまして、実験中。

    これ書き終わったら、そのままCDプレーヤーは消さずにPCと部屋の電気消します。

    と言っても、自分、グールドってあんまりどこが良いのかわかんなかったりするんすけど・・・。

    「グールドのバッハ」って言ったら、

    「池上の本門寺」

    「白松がモナカ」

    と同じくらいの超定番らしいです。

    それに釣られて自分は、「グールドのバッハ」だけで10ウン枚組のCDボックスセットまで買ったって言うのに、ぜんぜん共感できない・・・。
    当たり前ですが、「共感」は「演奏が巧い」とかそういうこととは比例も反比例もしません。むしろ、「ほぼ無関係」とさえ言って良い。

    豆腐ステーキに肉が入っていないこと



    品川駅が実は品川区ではなく港区にあること

    との相関性と同じくらいの無関係さ。

    って、自分で書いててわけわからん。。。

    コジャレたこと書こうとしてるのに滑りつつある自分を感じますが、もう真夜中もかなりいい時間なので、あとちょっと書いたら寝ますんで、どうかもうちょこっとだけお付き合いを。

    世に「定番」と言われるものを自分がどうしても良いと思えない場合、一般的に言って2つの思考が働き得ます。

    1つは、

    「ふん、愚鈍な大衆どもはこれだから(嘲笑)。オレ様は特別な人間だから、そんなものに迎合する必要はないんじゃ!」(←誰に言ってるの??)

    もう1つは、

    「やべ、オレってば、ちょっとズレちゃってる??頑張って追いつかないと(滝汗」

    これはちょっとデフォルメし過ぎですけど、概ねこんな風に類型化され、そして、日本人の多くは後者的な人が多いような感じで、前者的な人は時には「傲慢」「勘違いクン」などと蔑まれることもあったりなかったり。

    もし何か危機的状況がやってきたとして、それを打開しないといけなくなったとしたら、恐らく前者的な思考のできる人の方が遥かに強いだろうと思います。

    「大過なくやってれば良い」状況だったら後者の方が「出る杭は打たれる」にならず、無難で素直で謙虚で好印象なんだと思いますけども。

    どっかの国の「芸術的シュート」をするフォワード陣は、もっと「オレ様」になる必要がありそうで。
    (FW陣の中で高原だけは既に「オレ様」っぽいオーラありますが・・・)

    ここ24時間だか36時間くらいで突然やってきた流行がありまして、

    「もし日本がブラジルに勝ったら・・・○○します!」

    っていう公約ブーム。

    あまりにも絶望的なので、こんな遊びが流行るんでしょうな~。

    火付け役は東京FM

    ま、某匿名掲示板あたりでは、こんな程度のネタは1年中どこかしらでやっていそうですけど・・・。

    他にも、

    例えば、ブログの女王眞鍋かをりは、

    「もしもブラジルに勝ったら、ビキニでカーニバルします!」

    と公約したらしい(ブログではない所で)。

    しかしこれってば、

    「勝つワケねーじゃん。だからやけくそでネタとして楽しもうぜい!」

    ってノリですよね?

    もし「ホンモノのサポーター」が知ったら激怒しそうな遊びですよ。
    舐めてんじゃねー!ちゃんと勝利を信じろ!!って。

    ま、ワタクシはぜ~んぜん「ホンモノのサポーター」じゃないので、激怒しませんし、別に激笑いもしません。
    せいぜい最近、激太りしたことくらいしか該当しませんや。。。

    ま、夏場は毎年自分、数キロは痩せるので、あまり気にしてませんけどね(←気にしなさい!)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:14:12| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。