■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    D・ES・C・H(れー・♭みー・どー・しー)
    金曜と土曜にマンドリンアンサンブルをやっている者としては必聴の、そしてマンドセロ奏者としては逃せない魅力的な企画が都内で行われていたようですが、自分はいろいろあって行けませんでした。残念・・・。

    普段なら、いくつか(何十個か)決めたブログを定期的にチェックしているわけですが、ここ数日、いろいろ立て込んでたというかなんと言うか、とにかくほとんど他人様のサイトをチェックできてなかったんですね。

    それでこの情報もギリギリまで気付きませんでした。

    シルベスさんhiyokanさんの所で告知されているのに気付いた時には既に遅し。

    自分の方にもいろいろ予定が入ってしまっていました。

    ネットチェックしてないと、いい話を逃しますね。


    【ただ今のBGM】
    交響曲第10番(ショスタコーヴィチ)

    (NHK教育TVより)

    シャルル・デュトワ指揮オケ名不明(途中から見たので)


    ショスタコの中でもかなり重要な位置にあるこの作品。

    ショスタコで有名なのは「交響曲第5番」ですが、あちらの「抑圧から開放」への展開のどこか大仰な感じと違って、こちらの10番の場合は、より自分の内面を曝け出しているように感じられます。

    初ショスタコとしてはどうかと思うけれど、もし少しでもショスタコを良いと思い始めた人なら必聴の曲でしょう。

    ちなみに「2楽章」はスターリンのポートレイト(肖像画)などと言われています。
    スネアドラムの切れ味が快感な楽章です。

    しかし、デュトワって指揮者は、どっちかというと深刻なものをオブラートに包んで洗練の方向へ持って行こうとするタイプだと思うんですね。
    指揮法に疎い自分でさえ、あの手先のまろやかな使い方を見ればその傾向は伺い知ることくらいはできます。

    だからこの2楽章は彼の指揮にはあまり向かないような気もします。
    やっぱりムラヴィンスキーみたいな情け容赦なく前へ前へのかつての明治大学ラグビー部みたいな演奏じゃないとダメなんじゃないかと。

    さて、まだまだ第1楽章途中です。果たしてこの後どうなることやら。

    それからこの後の展開ですが、

    3楽章のホルンの角笛みたいなソロも聴き所。

    実はこの旋律を機に、この曲全体が少しずつ前向きになっていきます。

    もやもやした雲を追い払うかのような角笛なんです。

    4楽章に入り、いろいろ葛藤があって、最後は

    D・ES・C・Hの4つの音(ショスタコのイニシャル)

    が旋律を形成し、それが朗々と高らかに鳴らされ、権力者(スターリン)を表す2楽章の主題を最後は圧倒します。

    それは彼が、政府の抑圧に屈するつもりはないという姿勢を暗示しています。

    こういう権力に皮肉をもって真摯に対抗した芸術家ってのは、本当にスゴイと思います。
    一歩間違えたらシベリアの強制収容所送りですからね。

    私、学生の頃、1日だけ、

    「もずく」の入ったダンボール箱を零下10度くらいの巨大冷凍倉庫の中で1日中積み下ろしする

    という、何かの悪夢と見間違うかのような酷いバイトをしたことがありまして(昼食付きでしたが、予想通り?中身は「もずくだらけ」でしたっけ・・・)、その時は、

    「こんなん1日でも死んじゃうよ・・・。でもこれを30年とかやってる人いるんだよな。。。仕事ってすげーよ」

    なんてアマちゃん学生のワタクシは思ったりしてたんです。

    でも、かつてのシベリアの強制収容所の強制労働なんて、あれよりさらに10度か20度くらい低い温度の屋外で、ずっとキツイ労働(森林伐採など)を来る日も来る日も延々と、何年も、時には何十年もやらされたんですよね。

    当時のロシア人にとって、政府当局に目を付けられてシベリアに連行され、強制労働に就かされるなんてのは、身近な人の中だけでも何人もいたくらいの日常茶飯事だった筈ですから、ショスタコも具体的なイメージとして自分の身にも降りかかってくる危険性は察知できた筈なんですね。
    (実際、彼と一緒に活動したことのある芸術家のうち、かなりの人数の人たちがシベリア送りあるいは処刑の対象となりました)

    そんな中で、時には体制迎合的な曲も書いて誤魔化したりしながら、あくまでアナーキーな曲を書き続けたショスタコさんは本当にスゴイと思います。

    先日、「作曲家の中にはリスペクトする人いない」なんて書いちゃいましたが、この人だけは例外ですね。

    この安易に迎合しないスタンスはサッカーの中田英寿なんかにも共通しますね。

    で、自分は結局、そういうガンコ一徹系の人が好きなのです、きっと。


    --------------------------------------------------------------

    本日はメトロポリタンマンドリンオケの練習日。

    しかし自分は所用により、午後2時半頃からの参加となりました。

    今、自分が参加しているいくつかの楽団、それぞれタイプは全く違えども、それぞれ魅力があると思っているので、少なくとも今年に関しては、多少(?)スケジュール的に厳しいことがあっても何とかかんとか参加しようと思っている次第なのですが、

    しかし1つ大きな問題が・・・。

    それは、


    どこの楽団も練習場が遠すぎ!!


    ってことなんです。

    ええ、わかってもますとも。

    遠いのは、

    練習場ではなくあんたの家の方だよ!


    ってことくらい・・・。

    でもワタクシの1人称的視点からしてみますと、やっぱり遠いもんは遠いのです。

    今年参加している4楽団の練習場所。

    目黒(区内あちこち)、横浜(桜木町)、三鷹(吉祥寺)、川口市

    上記で80パーセント以上。いや90パーセント以上かも。

    千葉県在住の自分にとって、電車で通う場合、片道90分未満で到着可能なのは、川口だけです。

    こりゃ酷い。

    練習場、かなり一等地が多いので、車で通うとなると、駐車場代もバカになりません。
    7時間くらい練習やってると、3000円超す場合もあります。
    そこで最近は、もっぱら贅沢に「グリーン車出勤」です。

    え、贅沢??

    だって、車で行くこと考えたら、遥かにコスト安だってことに気付いてしまったんですもんね~。

    グリーン料金は「Suica」で事前購入しとけば土日は品川まで550円、横浜まで750円。

    往復でも1000円台。

    運賃を入れても3000円はかからないでしょう。

    一方、車だと、

    高速道路代が片道900円(横浜だとさらに片道プラス600円)
    駐車場代が3000円前後

    それプラス、ガソリン代

    ですからね。

    荷物は重いし、意外と土日でも電車は座れないので、グリーン車は重宝します。
    いやはや、JR沿線に住んでて良かったです。

    なんて具合にグリーン車乗車という「小市民的豪遊行為」を理路整然と正当化した所で(笑)、今日は帰りに↓こんな贅沢をしました!

    060702_2013~0001.jpg


    タンプラーに入れたコーヒー飲みながら

    ケーキを食べつつ

    本を読む


    グリーン車での優雅なひととき。

    何気にここ最近7日間の中で自分にとって最も幸福な瞬間だったかも・・・。

    (こらそこ!「テラカワイソス」とか言わないで・・・」


    ----------------------------------------------------------------

    しょーもないグリーン車ネタをサンドウィッチにして再び冒頭のショスタコ交響曲第10番ネタ。

    1楽章が終わりました。

    この曲、第1楽章がうんと長いんですよね。

    そして2楽章。

    テンポが遅すぎですね~。

    しかしデュトワとは思えないくらいドッシリした演奏をしてる気が。

    デュトワっていうよりオケがそういう傾向っぽい。

    N響より個々の技術的には低いんでしょうけど、こっちの正体不明の寄せ集めオケ、遥かに魅力的な演奏してますね。
    スポンサーサイト


    音楽全般 | 23:57:04| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    ショスタコの四重奏曲
     先日第2番をマンドリンカルテットで聞きました。第1楽章だけでしたけど。「だけ」、っていっても十分大変さが伝わってきましたけど。
     今度はオリジナル編成で聞いてみようと思います。

     ここだけに限りませんがマンドリンカルテットって、聞きなれないせいか、なんだか金属音で耳が疲れます。ギターが入るといいんですけど。こんなこと書くと8本弦の人たちに起こられるかしらん。
    2006-07-03 月 23:57:06 | URL | いとふ [編集]
    いとふさま
    おお、例の四重奏、聴きに行かれたんですね!

    あの演奏会、選曲がまた素晴らしいですよね。
    なんとか音源入手できないのでしょうか・・・。

    >ここだけに限りませんがマンドリンカルテットって、聞きなれないせいか、なんだか金属音で耳が疲れます。ギターが入るといいんですけど。こんなこと書くと8本弦の人たちに起こられるかしらん。

    なるほど。ギターは緩衝材になり得るわけですね。

    あえて揚げ足を取らせていただくならば、

    >聞きなれないせいか、

    は間違いでしょう(笑)

    世界広しといえども、いとふさんほどあの【8本キンキン楽器群】を「聞きなれてる」人もそうそういないと思いますよ~。
    2006-07-04 火 01:31:25 | URL | タテラッツィ [編集]
    いやん
    あ、私のは違うとこなんですよ。

    ギター=緩衝材、包装紙という感じです。私の場合は入った方がマイルドな感じで好きですね。

    >世界広しといえども、いとふさんほどあの【8本キンキン楽器群】を「聞きなれてる」人もそうそういないと思いますよ~。

    いやいやいや、純正のマンドリン族だけの四重奏は・・(計算中)・・3回くらい?しかも室内楽だけの演奏会って行ったことないしなあ・・

    マンドリン族だけの室内楽作品。四重奏・五重奏・六重奏とか、誰か書いたり、演奏したりはしませんかな?
    2006-07-04 火 21:58:31 | URL | いとふ [編集]
    いとふさま
    >ギター=緩衝材、包装紙という感じです。私の場合は入った方がマイルドな感じで好きですね。

    編曲者の腕次第ということでしょうか(って自分は編曲できませんけど・・・)

    >マンドリン族だけの室内楽作品。四重奏・五重奏・六重奏とか、誰か書いたり、演奏したりはしませんかな?

    うーん、私は正直あんまり興味ないかもですね(-_-)
    2006-07-07 金 01:41:41 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。