■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    風邪の中のオルフェ
    今日はオルフェウスの練習でした。
    もうすぐ演奏会です。団体としても課題はありますが、それ以前に個人的
    に課題がいっぱい、、。

    でも今日は低音パートがベース音を刻む上で1つ、とても重要なことを学び
    ました。

    メロディを弾いている場合はまだしも、低音系の楽器でベース音を奏でてい
    る時って、ほとんど小節とか拍という単位でしか音楽を考えていないこと、
    ありませんか?

    でもこれじゃダメなんですね。
    ベース音には音楽全体のリズム、流れ、ノリのようなものを生成していく役
    割があるんですよね。
    で、これって、リズムが正確でメロディとのバランスが良ければそれでいい
    ってもんじゃないんですね。
    クラシック音楽って、テンポが完全に一定で進んでいく場面っていうのは
    珍しいくらいで、大抵の場合、加速や減速とまでは行かなくても、細かい
    ニュアンスの変化に合わせてテンポ変化を各小節レベルで繰り返しているも
    のだと思います。
    で、テンポをどんどん前に進ませて行く場面っていうのが、結構あります。
    そういう時、べース音が一定のリズムで淡々と刻んでいたら、音楽がそこで
    停滞してしまうんですね。だから、小節とか拍という単位で音楽を見るだけ
    でなく、先へ先へぐいぐいメロディパートを引っ張っていく役割を低音パー
    トが求められる場合というのが、かなりあります。
    テンポは指揮者が作るものだとは言いますが、低音パートの協力なしには、
    メロディは無力だし、指揮者もなす術がありません。

    そういうことは、何となくわかっていたつもりですが、自分がいかにできて
    ないのか、よくわかりました。
    具体的には、先にどんどん突っ込んでいくべき所で、なかなかそうはできな
    かった。

    何と言えばいいんでしょうか、「リズムをスラーでつなぐ」感覚?
    これなんですね。

    ま、これはメトロノームで合わせる練習の一歩先にあるレベルの話ですね。
    だからこれさえ出来てない状態で、こんなことに色気を出しまくると、いわ
    ゆる「走る」とか「転ぶ」状態になるのがオチです。

    でもこういうのは風邪引いて注意力散漫な時には、やっぱちょい難しいっす。
    なにせ、俺は先ほど、食べ物を口の中に入れっぱなしのまま、うがい薬を
    口に含んでしまいました!「全部飲むか、全部吐くか」の苦渋の選択を
    数秒間で行わなければならなくなったことは、言うまでもありません。

    で、結局、飲みました(爆)うがい薬、マズー。。。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。