■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    俺ラジオ
    Last.fmってご存知ですか?

    これ、まさに「最後のFM」と言うにふさわしい素晴らしいものです。

    通常、ラジオって言ったら、リスナーのリクエストなんて本当によほど運が良くないとかけてもらえないし、基本的には送り手が選んで垂れ流したものを聴き手は選ぶ権利もなく受けざるを得ない(イヤなら聴くな)というサービス。

    しかし、このLast.fmは違います。

    自分の好きな曲を登録していくと、その好みに合った音楽を抽出して、そのリスナーが気に入りそうな音楽ばかりでラジオ放送してくれちゃう!っていうスグレモノ。

    まさに「俺ラジオ」と呼ぶにふさわしいものです。

    ま、詳しくはココでも読んでみてください。

    mixiなんかと同じ、SNSの仕組みを使ってるみたいですが、近年ますますネット世界(というかデジタル世界全般)の最先端の話に付いていけなくなってるワタクシには、正直もう「仕組みの話はどーでもいいや!とりあえず使わせろい!!」って感じもあります(笑)

    とりあえず300曲聴くと、自分のリストが作成されるそうなので、まずはそこまで頑張ってみますかね。

    しかし、実は自分はこのサービスには懐疑的な所もあるにはあります。

    つまり、このサービス、

    「春の祭典」ならブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団の数種類の演奏の中でも1969年録音しか聴かないぜっ!!

    とか、

    不屈の「ねじれポップ」バンド、XTCの未発表テイクだけを集めた幻のアルバムを俺はいま、探してるんだ!

    なんて聴き方をするリスナーには、まるで対応できていません。

    もっと、なんといいますか、音楽をカジュアルに捉える階層に訴えかけるツールですね。

    でもこれはこれで利用価値は十分あると思うので、自分も参加し始めました。


    今まさに食事中の方や、ロマンティックな気分でいる方(は、こんなブログ読まねーか)には申し訳ないのですが、ワタクシ、先ほど久々に「ゲロ」ロ軍曹してしまいまして。。。

    といいますのも、

    子(だか誰だか)曰く、

    「酒はチャンポンで呑むと酔いが回りやすい」

    っていう格言がありますよね?

    というわけで、今晩はその禁じ手の「チャンポン」をしてしまったのでした。

    同時に目の前に、

    赤ワイン、白ワイン、発泡日本酒(!)、ビール

    が同時に置いてある状態が2~3時間くらい。

    酒量は決して多くないんですけどね。

    ワタクシの場合、健康管理の上でもあんまり呑みすぎちゃいけないので(ま、これは本来みんなそうですが)。

    ま、自分の場合、「吐く」ってのは、結構昔っから日常茶飯事でして、20代の頃は、おそらく飲み会2~3回に1回は吐いてましたね。

    別にイッキとかやらされたわけでもなく。

    「ちょっと今日は呑みすぎだからスッキリしてこよっと♪」

    みたいな軽いノリでお手洗いで駆け込んでました。

    これまでの人生での最短KO記録は、

    「中ジョッキ1杯半」

    です(はやっ!)。

    ドイツはミュンヘンのビアホールでのことでした。

    日本からの到着初日、時差ボケありまくり状態で呑んだのが失敗でしたね。

    そしてその後、もはや日本にはないバーガーキングへ入り、そこで「水とポテトのみ」注文し、席で2時間くらい眠りこけたのでした・・・。

    そしてバーキンから出た後、ミュンヘンからスロヴェニアの首都リュブリアーナへと向かう夜行列車にギリギリで飛び乗ったのでした。


    しかしワタクシの旅は、思えばいつもこんな感じ。

    ・ロシアのビザが切れる最終日の最後の特急列車に乗り遅れて、サンクトペテルブルクからフィンランド国境までの約150kmをタクシーで追いかけて特急列車に飛び乗った経験

    とか、

    ・モロッコではビルの屋上に毛布を持って行って1晩寝たりとか(一応ホテル扱いで3ドルくらい取られましたが)

    ・アルメニアでは、現地の日雇い労働者のたまり場みたいな水道も通ってない汚い宿(というよりただの民家)で彼らと相部屋で宿泊したり(ここも1泊3ドルくらい)、

    はっきり言って、めちゃくちゃな話が多いです。
    でもそれもまた愉しい(とかいい齢して言ってちゃいけないんだろうな・・・)

    というわけで、吐くまで呑んでも、結構冷静にブログ更新したりできちゃうくらい平気のヘイサ、なのでした、ワタクシ。

    ったく、酒に強いんだか弱いんだか・・・。




    【ただ今のBGM】
    ショスタコーヴィチ:交響曲第4番(ピアノ連弾版)



    この巨大な編成の交響曲をな・南都七大寺!ピアノ連弾で演奏しちゃったCDがあるんですねえ。

    最近とみに思うのですが、「この曲ならこういう編成で演奏しないとダメ、おかしい」などという固定観念は、捨てちゃえば捨てちゃうほど、音楽って愉しくなっていく、そんな気がします。

    そもそもモーツァルトだってベートーヴェンだって、ワーグナーだってファリャだって、マンドリンオーケストラなるものをほとんど或いは全く知らなかったんじゃないかと思うんですね。

    例えば、ベートーヴェンがもしマンドリンオケに出会ってたら、9曲の交響曲すべてを管弦楽オケではなく、マンドリンオーケストラ用に書いてたかもしれないわけですよ。
    ええ。

    (ま、実際はいろんな意味でムリがありすぎる話なのはわかってますけど。まあこれはたとえ話です。)

    マンドリンやってる人って、せいぜい早くて中学くらい、多くは高校か大学、あるいは社会人や主婦などになってからこの世界に入ったケースが多いと思うんですね。

    だから、普段接してますと、この世界の中ではトップクラスと目されているようなお方たちでさえ、「外に広がる広大な音楽世界」に対しては、どこか卑屈なといいますか、「叶いっこない」っていう態度を感じることが多いです。

    ましてこのマンドリン業界の中においてさえ凡人の才能しか持ち合わせていないワタクシなんぞは、そういう先達の姿を目にしてしまうと、おずおずと怖気づいてしまわざるを得ないです。

    もっとも最近は、もっともっとオルタナティブな方向性を見出したいいマンドリン演奏家・アンサンブルが次々に生まれているような感じも受けます。

    そういうのをもっともっといっぱい聴いて刺激を受けないとなあって思います。

    今年の夏、いくつかそういうのに触れるチャンスもある筈でしたが、自分自身の「旅」で全てパァ。

    ま、自業自得ですね。

    まだ人生、先は長い。焦らずじっくりと取り組みましょう(誰に言ってるんだ??)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:04:51| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。