■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    音楽が主役じゃない演奏
    マンドリンでいつもお世話になっているMCDK君とO野さん(全然、伏字になってない!笑)の結婚式で演奏をしてきました。

    とてもいい結婚式でした。お似合いの2人でしたね。

    式場もとてもいい所。白金台という立地(リッチ?)も良いですし、緑に囲まれ、閑静でいい雰囲気の場所での披露宴でした。

    演奏については、昨日既に書いたように、自分としては練習不足の感が否めず、怪しい所はお茶を濁して弾いておりました(情けない・・・)

    でも、今回みたいに、

    「音楽が主役じゃない演奏」(つまりBGM)

    はそういう細かい部分のウンヌンより、もっと大きい意味でいろいろ難しいなと思いました。

    お客様の入場中、あるいは「ご歓談」の最中の演奏、それはあくまでお客様の後ろで、邪魔にならぬよう、通奏低音的に演奏されるべきものです。
    このとき我々としては、あんまり表現意欲を持ってはいけない。
    クラシック特有のffとppの激しいコントラストを出そうとしたりすると、お客さんの「ご歓談」に支障が出てしまいますしね。

    読書してる時にかけてる音楽が、交響曲とかオペラなどのドラマ性のあるものよりは、もっと起伏の少ない室内楽的なものの方が良いのでは?なんてことを想像していただけたら、わかりやすいかもしれません。

    演奏はあくまで「黒子」なんです。

    昨年も結婚式でこうしたBGM的に演奏する機会があり、そういう経験も少しずつですが増えてきました。

    「音楽が主役じゃない演奏」、これも、1つの勉強ですね。

    もっとも、「演奏が主役」となるものも2曲ありました。

    ヴィヴァルディの「四季」から春の1楽章と冬の2楽章

    ソロを新郎が務めるという前代未聞(?)の演奏でしたが、この難しい曲をよく最後まで持たせて弾いていて、そんな所まで新郎には美味しい部分を持っていかれたな、という印象でした。

    さて、式の様子をお伝えしたい所ですが、肖像権とかいろいろありそうなので(?)、ここでは後姿隠し撮り画像だけ公開しておきましょう(笑)

    (不都合がありましたら仰ってください。即削除します>新郎新婦ならびに関係者様)

    060716_1312~0001.jpg


    うーん、こんなちょっとした写真でも相当幸せそうな感じが伝わってくる。

    ほんと、お幸せに~。


    【ただ今のBGM】
    Les Gens:La TETE N'est Pas A vendre

    1403268.jpg


    ↓大洋レコードさんの解説より

    脅威の高速ファンファーレとスウィング!なのに唄ものとしても明確な趣旨が見てとれる。ストンピンなダンスを喚起させんとする南仏ボルドー出身のバンド。ルーマニア勢のようにベースはチューバとコントラバスの二本で2ビート、ジャヴァから変拍子まで強固に足下をかためる。そしてダイアトニック/クロマチック、どちらも弾けるアコーディオン奏者と女性フルート/プレイヤーの掛け合いで唄われるデュオ。東欧ロマやクレツマーにマヌーシュ、ロック・ステディー/スカの影響も見て取れるどこかユーモラスで物悲しい旋律も、総勢8人の厚いアンサンブルと自在な早さで聴くものに驚きと喜びを与えるものへと昇華してしまう。m-1はトラッドをインストで、m-8はジョルジュ・ブラッサンスのシャンソンに手を加えたもの。おすすめ!

    自分はクラシックばっかり聴いてるように思われてるのかもしれませんが、そんなことは決してなく、面白そうだと思ったら、結構違うジャンルのも聴いてますよ。

    最近だと、

    邦楽だったら、スネオヘアーとか。

    洋楽だったら、フランツ・フェルディナンドとか。

    ひと昔(=10年)前なら、

    邦楽ならユニコーンとピチカートファイブ
    洋楽ならジェリーフィッシュとXTC

    って決まってたんですけど。ワタクシの青酸っぱいSTUDENT時代ですな(ワラ

    久々に「うひょ!」ってなっちゃうCDを聴きました。

    普段自分が聴く音楽は、聴いてるうちに心の芯の部分が満たされていくようなものだったり、もっと単純に「カッコイイ!」ってものだったりという感じですが、このLes Gensって人たちのCD、もっと脊髄に来ますね~。
    これ、かなり多くの方にオススメできる音楽だと思います。

    特に「既存の音楽ジャンルに飽きた人」にオススメ。
    この音楽をジャンルとして分類するのはまず不可能でしょう。

    一応、CD屋さんでは「ワールドミュージック」に分類されている筈です。

    しかし、「ワールドミュージック」っていうジャンルの呼称、もちっと何とかならないんでしょうかねえ。

    この言葉だけじゃ、それが瞑想の音楽なのか、踊るための音楽なのか、運動会のBGMに適した音楽なのか、サスペンスドラマの殺人シーンのBGMに適した音楽なのか、そういうことが全く読めません。

    「どうやらこの青い地球という星の中で中心ヅラしているUSAとUKという2か国以外から出てきた音楽を指すらしい」

    そのことしかわかりません。

    ちなみに、日本の邦楽も、ミスチルだろうがオレンジレンジだろうが、ニューヨークやロンドンのHMVなどでは、「ワールドミュージック」扱いの筈です(もっとも、そもそも置いてないでしょうが・・・)

    音楽史においては、21世紀(というか1970年代以降?)は「世界音楽の時代」とか言われています。

    モダンの右肩上がりの欧米中心主義的世界観が、ベトナム戦争やらオイルショックやらを経て次第に揺らいできて、南米だとか中国だとかロシアだとかイスラム圏だとか、あるいは日本だとか、ちっとはそういう地域の音楽にも耳を傾けてみましょうよ!少しはいいのあるかもよ!?っていう風潮が起こりました。

    でも、今なお、アメリカ・イギリス以外の音楽なんて、「どマイナー」扱いの域を出ませんね。

    クラシックで言えば、ヴィラ・ロボス(ブラジル)だとかペルト(エストニア)だとかは、結局、「そういう種類の音楽もある」程度の扱いでしかありませんし、

    他のジャンルだって、CD屋行けば一目瞭然ですけど、ロック&ポップなんてジャンルにあるCDのほとんどは、アメリカかイギリスのもんです。
    ボサノバとかシャンソンとかラテンとかフレンチポップとか、そういうのはいつまで経っても「ワールドミュージック」に分類されちゃってる。

    「ワールドミュージック」の中で自分は、東欧音楽が好きですね。

    東欧音楽というのは、ジプシー音楽の栄養素を多分に吸収している地域。
    そして、旧ユーゴ地域に関しては、後述しますように、ブラスの伝統が20世紀初頭以降ある地域でもあります。

    自分が今度行くバルカン半島はジプシー音楽の聖地です。

    聖地も何も、全世界のロマの1割だか2割だかは、バルカン半島に住んでいるんです。

    (ジプシーという言葉は「エジプト的」から来た蔑称なので、現在は使用を避け、彼らの言葉で「人間」を意味するロマという呼称で呼ばれるケースが多い)

    ロマっていうのは、もともとインドの北東部にいた民族とか言われてますが、何かしらの民族的迫害に遭い、移動を開始し、ヨーロッパに流れ着いたわけですね。

    だから彼らにとってヨーロッパの入口だった東欧地域には、今でもロマが多いんです。

    そして、バルカン半島の音楽シーンを見渡してみると、この「ジプシー音楽」抜きには考えられない部分がある。

    クラシックの世界においても、ブラームスの「ハンガリー舞曲」などに見られるように、ハンガリーやルーマニア方面といえばロマみたいなイメージが全欧州に広がっていたようです。

    そしてジプシー音楽のほかに、今回自分が訪問する旧ユーゴ地域では、ブラスが盛んなんですね。

    ブラスと言っても、日本におけるような「吹奏楽」という世界とは全然違っていて、管楽器を用いて「東京スカパラダイスオーケストラ」みたいなドンチャカした音楽をやるものをブラスと呼んでいるみたいです。

    20世紀の初頭に、オーストリアあたりから持ち込まれた文化らしいですが、1995年公開のサラエボ出身の映画監督(兼ミュージシャン)クストリッツァによる「アンダーワールド」という音楽満載の映画でも、やはり登場した音楽の多くがブラスとジプシーの伝統に根付いたものでした。

    今、バルカン音楽についても少し予習していますが、なかなか面白いものが多くありそうです。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:41:50| Trackback(0)| Comments(6)
    コメント
    えぇ~!!
    昨日ブログを見ていて、誰だろう?って思ったんですけど、アタシもバリバリ知ってる人じゃないですかぁぁ~~!!ビックリしましたよ~!!お付き合いをしていたのは、知っていましたけど結婚したとは(^^)(^^)おめでたいですね☆☆末永くお幸せに~
    2006-07-17 月 09:26:00 | URL | カナッペ [編集]
    カナッペさん
    そりゃもうバリバリ知ってる筈ですよ(笑)
    自分はこの2人との初対面から1年くらいの間、付き合ってることは知らなかったんだよね(遅)
    ある人から情報のリークを受けて知ったけど。

    そろそろお次は“某楽団』でも動きがあるか??

    (っていうか、自分のことを完全に棚上げした分析・予測だにゃ~)
    2006-07-17 月 23:53:48 | URL | タテラッツィ [編集]
    こんにちは.
    はじめまして。突然の書き込み、お許しください。
    こちらは関西で働く26歳男性です。実は私もマンドリンをやってまして。趣味は旅行とクラシックです。タテラッツィ さんと同じく音楽と日常についてブログ書いてます。(最近は仕事のことばっかりですが・・・)ラトルのブラームス「ピアノ四重奏」は僕も見てました。あれはなかなか見ていて「楽しい」演奏でしたね。あまりに親しみの持てるブログでしたので思わず書き込みました。ちょくちょく見せていただきますのでよろしくお願いいたします(__)ちなみに僕のブログのクラシック紹介はだいぶ前にさかのぼらないとありません。すいません(*_*)
    2006-07-18 火 00:19:19 | URL | steru [編集]
    steru様
    はじめまして!
    ようこそお越しくださいました。

    ラトルのブラームス「ピアノ四重奏曲第1番」(シェーンベルク編)のことが語れる方にお越しいただき、とても嬉しいです(^^)

    steruさんのサイトも拝見しました。
    シンプルかつ知的な感じがするデザインですねぇ。

    それもそのはず、steruさんはお医者様なのですね。
    自分は、前の方のエントリーにいっぱいありますが、腎臓病持ち
    なもので、東京23区内の某大学病院へしょっちゅう通っています。
    たまに雑談で話を聞くだけでもわかるのですが、医師という仕事、相当な激務のようですね。
    「医師の不養生」なんて言葉を私なんぞが持ち出すのもオコガマシイですが、どうぞご自愛ください。

    これからちょくちょくsteruサンのサイトへお邪魔したいと思います。
    それではどうぞよろしくお願いします。
    2006-07-18 火 01:21:44 | URL | タテラッツィ [編集]
    実は、1回目の演奏会の練習の時くらいから知ってました!あれ?!情報早いですかね?!アタシったら。

    “某楽団』もそろそろどなたか・・・!?
    (自分も棚にあげてるけど!)
    2006-07-18 火 20:53:40 | URL | カナッペ [編集]
    カナッペさん
    情報通だと思いますよ、さすが!

    (自分が疎いだけ??でもあっしは、知らないフリしてても実は気付いてることが案外多いと、自分では思っています^^)
    2006-07-19 水 01:50:16 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。