■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    24Hバカンス
    3連休の最終日。

    どこかで誰かが言っていたことなんですが(つまり全くdetail不明)

    「週休は3日がベストだ。なぜなら、4日休んでしまうと、遊ぶ時間の方が長くなって、金が続かないからな!ハッハッハ」

    っていう話がありました。

    この発想、えらく「自分本位」の発想だと思うんですね。
    企業にとっての「利潤最大化行動」なんて発想はこれっぽっちもない。

    「自分本位」なんていうと、この国では負のイメージばかりが付きまといますが、私はそうは思いません。
    自分も大切にできないような人間が他人を大切になんてできるもんか、って思います。
    (マザーテレサとかは例外なのかもしれませんけど)

    で、この発想って、「働くのは金のため」っていう思想が根本にありますよね。
    働いた分を金として使うのに、一番効率がいいのが週休3日だっていう発想なんですから。

    たぶんそれが一番、人生を謳歌できるっていうことなのでしょう。

    経済学的に「効用最大化」を達成した状態ってことなのですよ。
    (ちなみにワタクシは超愚かな法学士)

    今日この3連休の3日目の存在、すごく嬉しかったですね。

    毎週こうだったらさぞかし人生は豊かなものになるのに、そう思わずにはいられませんでした。

    だいたい、週休2日だと、

    ・1日はマンドリン
    ・もう1日は通院とか家の都合とかその他もろもろ

    で終わってしまいますから、そうなると純然たる「遊び」なんて全くないんですよ。

    でも、今日は「純然たる遊びの日」。

    私の上司はオケをいくつも掛け持ちしてる人なんですが、彼が以前、

    「ボクの場合、1年で本当のプライベートなんて、2~3日しかないな」

    って言っていたのを思い出しました。

    自分はそこまで少なくはないけれど、そしてマンドリンも好きでやってるわけですけど、それでも時には、「なくてホッとする」ことがあるのも事実ですね。

    しかし日本にも「バカンス」がいつか導入されるんでしょうかねえ?
    欧州だと夏は4週間くらいは、平気で休みますもんね。
    GDPなんか数パーセント犠牲にしても構わないし、年収が1~2割り、いや3割ダウンしても構わないから、「バカンス」、制度化してもらいたいものです。


    今日はそんなこんなで羽を伸ばして、私にとっては比較的近所の千葉県佐倉市にある「川村記念美術館」へ行ってきました。

    定評あるここの常設展を観るのと同時に、いま開催中の「パウル・クレー展」を観るのが目的。

    美術館は「郊外」というよりはもはや「地方」と言うべき田園(田舎)にあります。

    自分は車で行きましたが、電車だと駅から遠く、送迎バスに乗らないと行けないみたい。
    (でも、中のレストランには美味しそうなドイツビールがあったので、むしろ電車へ行くべきかも?)

    外観はこんな感じ。

    060717_1417~0001.jpg


    外には美しい散策路と庭園が。
    (天気があいにくでしたが)

    060717_1417~0002.jpg


    さて、この展覧会の対象、パウル・クレー、自分は大好きなんです。

    某mixiで「パウル・クレー」のコミュニティ入ってますし(笑)

    あのちょいとくすんだ色使いがたまらんです。

    石切り場が大好きで、そこからインプレ受けまくったという超変わり者。

    バウハウスの概念とか、私にゃようわからんのですが、んなもんはわからずとも十分楽しめます。

    あと、自分は谷川俊太郎の詩が付いた絵本も大好き。
    持ってるわけではないので、たまに本屋で見かけると立ち読みします(笑)
    スポンサーサイト


    日記 | 01:05:52| Trackback(0)| Comments(6)
    コメント
    いい感じ
    週休3日、私にとっても、体にも心にもちょうどいいって感覚ですね。仕事オンリーっていうひともたくさんいるけれど、なにかしら他に楽しみがあって、やらなきゃいけないこともあって。
    オン・オフの切り替えがうまくいくと、なんだか頑張れちゃうし!

    佐倉市にこんな雰囲気のいいところあったんですねぇ。
    同じ千葉にあるとは思えませんなぁ(笑)。

    2006-07-18 火 09:45:14 | URL | えりぞう [編集]
     川村美術館、姉が狂ったようにダイスキで。
      しかも彼女好みのものばかり開催し。
     そんなわたしの本籍も佐倉市。。。。
     
    2006-07-18 火 13:00:03 | URL | [編集]
    えりぞうさん
    週休3日がノーマルっていう人生、「仕事人間」にはかえってキツイのかもしれないですね。

    川村記念美術館は芸術面では千葉最高の施設ですね。
    2006-07-19 水 01:46:25 | URL | タテラッツィ [編集]
    名無し様
    始めまして、でしたでしょうか?

    佐倉に本籍がある知人、自分いたかな??

    さて、川村記念美術館、まず間違いなくリピーター化するでしょうね。特別展だけでなく常設展も素晴らしくいいあたりを突いてくるんですよ~。
    2006-07-19 水 01:48:37 | URL | タテラッツィ [編集]
     名前入力わすれました。 なので再登場しちゃってスミマセン。汗

     姉ね、今はリヒター リヒター 騒いでる。

     写真から絵を起こすんですよね。リヒターは。(知ったか)

     あ、リヒターは終了してるのですね。汗汗


     
    2006-07-19 水 08:52:18 | URL | ゆこんつ [編集]
    ゆこんつさん
    なんかいつもと文体(とパスの精度)が違うから、まさかゆこんつ殿とは思いもしませんでしたよ~。

    リヒター リヒター 叫ぶ おねえさま

    ステキすぎです。

    この妹にしてその姉あり

    という感じですね(褒めてます、一応)

    そういえば、ゆこんつさんのmixi画像も、写真ベースのアートが多いっすね。
    2006-07-20 木 01:29:52 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。