■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    バルカン・モード
    昨日は、あるバーにて、ライブを観てきました。

    コレです。

    その名もBALKAN MODE(バルカン・モード)

    自分が先月行ったバルカン半島の音楽を日本人3人で演奏するライブです。

    めちゃくちゃ格好いいです!

    クラリネットとウッドベースとダルブッカ(アラブ地方の打楽器)という不思議な編成で、東欧のユダヤ音楽やらカリブ海の音楽やらバルカン・ジプシー音楽やらを、たっぷり聴かせてもらいました。

    バーの中という小さな環境。
    お客さんは15人くらいでしたでしょうか?

    自分は1杯450円のギネス・ビール片手に2時間くらい粘ってました(笑

    このごろ自分は、「自由な表現」というものをすごく意識するようになりました。

    マンドリンで所属している「リベルテ」は、まさにそれを標榜する楽団。
    では、一体、どういう次元での「自由」を希求するのか?

    たとえば、リベルテの場合は、選曲であり、音楽解釈であり、表現の場であり、何よりも団に漂う空気感とかそういうもの全般なのかな、って自分は思っています。

    しかし、「自由」ったって、いろいろあるんですね。

    衣装が自由なのか?

    おやつの値段が300円でも3万円でもいいとか、そういう自由なのか?

    演奏中、お客が酒飲んでていいとか、口笛吹いてもいいとか、そういう自由なのか?

    演奏の解釈が自由なのか?

    楽器の編成が自由なのか?

    選曲が自由なのか?

    へたくそでもかまわないとか、そういう自由なのか?

    音楽ジャンルという縛りから自由なのか?

    そもそも「音楽」というカテゴリーからさえも、自由な総合芸術みたいなヤツなのか?

    昨日聴いたこのトリオ(「南阿佐ヶ谷半ズボンズ」という1日限りの編成バンドらしい。でも各奏者の方々は超凄腕揃い!)の場合は、まず楽器の編成が自由でしたね。

    アラブの楽器とクラリネットとコントラバス。
    クラリネットは、いわゆる管弦楽団や吹奏楽団でのイメージとは全く異なる、鋭く攻撃的とも言えるほど強い個性を持った音でこちらに迫ってきます。あれだけ自由に吹いてリードミスをしないというのが、まずすごい。。。

    コントラバスはジャズのウッドベース的な使われ方でした。

    そして、これにスパイスが加わるのが、ダルブッカ。

    ダルブッカ奏者の「のみやたかこ」さん、最近自分はこの方と面識ができましたが、とてもファンタジックな方です。
    感性にストッパーをかけていないというか。

    彼女のサイトはこちらです。

    そしてこのトリオ、選曲も自由。

    この編成でカリブからユダヤ・ジプシー・スタンダードジャズ、なんでもアリなんですからねえ。

    そして即興性。曲の中でのMC。

    ロックやポップスのものとも違う。

    自分は、もしかしたら、これまで非常に音楽の持つ可能性を限定的に見てきたのかもしれない、そんなことすら感じましたね。

    今後、演奏者として、まさにこの方々のような方向を目指していくかといえば、それはわからないのですが、ただ、メンタリティだとか、演出面だとか、そういう所では、特に五重奏団les Cinqの今後を考える上で、とても参考になりました。
    いや、参考どころか、雷に打たれたくらいのショックを受けたんです、実の所。

    というわけで、あまりこのブログでは明かしてきませんでしたが、実は自分、ここ1~2か月ほど、バルカン音楽なるものに、強く魅せられてしまっております。

    ネットカフェからの更新なので、超かけ足の書き込みとなってしまいました(え?いつもと変わらん??)。

    PC直ったら、もちっと熟考し、推敲した文章書きますんで、もちっとお待ちを~。。。
    スポンサーサイト


    音楽全般 | 22:13:57| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。