■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ペールさん超えなるか!?
    【ただ今のBGM】
    「交響的舞曲」より第3楽章(ラフマニノフ)

    小出雄聖指揮メトロポリタン・マンドリンオーケストラ


    メトロポリタン・マンドリンオーケストラの公式ホームページ2では、メトロポリタンマンドリンオーケストラの過去の演奏会音源のうちのいくつかをダウンロードすることができます。

    この「交響的舞曲」第3楽章もそのうちの1つ。

    他もいいですが、特に聴いて楽しいのはこれかな、って個人的には思います。特に後半(8分以降)がシビレます!格好いいっす~。

    世間的に「いかにもメトっぽい」っていうのは、ベルクとかでしょうか?
    「モノクロームな美」という種類のものがこの世にあることを知ることができます。

    あるいはラヴェルの「鏡の谷」なんかも、メトの弱音の美しさがよく出ていて、大好きです。

    って、このあたりは自分も参加しているものが多いので、単なるノスタルジーの世界でもあったりするのですが(苦笑


    さて、実は今日は練習は午前中だけ出席し、午後はブログには書けない用事で隠密行動を取っておりました(ぁゃιぃ...)

    そして夜は家でちょこっと個人練習。

    で、先ほど、風呂に浸かった瞬間にですね、左手の指先が痛かったんですよ(爆

    今年は自分、体調が良好なこともあって、ここ数年では一番練習してるので、ちょっと2日くらい頑張っただけで、まさかそんな事態になるとは思ってもみませんでした。情けない。。。

    で、この指先の痛みを感じたその瞬間、自分は咄嗟に、ある1人の男性のことを思い出しました。

    その男性というのは、自分の大学時代の1つ上のマンドラトップ(というかその代のマンドラは1人しかいなかったわけですが・・・)なんです。

    この人は、「ペール」の異名を取るほどの放蕩ぶりを発揮していた自由人なんです(最後にお会いした3年くらい前の時点では、ますます拍車がかかっていましたっけ)。

    ええと、「ペール」というのは、「ペールギュント組曲」とかのあの「ペール」です。
    つまり自由奔放で、どんな組織の規律にも縛られないってことです。

    そんな人なもんだから、マンドリンの合奏練習には平気で2か月くらい無断欠勤とかするんですね。

    普通なら、ドラトップがそんなんだったら、パート員やら同学年の人たちがブチ切れる所ですが、この人、人柄がステキなもんだから、誰からも憎まれることがないんです。ユースケ・サンタマリアをもう少しハンサムで爽やかにしたような顔立ちと性格で、先輩・後輩・女性陣いずれからも好かれる人気者なんですよ。
    しかも、楽器もそこそこ弾けるので、演奏会本番では何とかなってしまうんですね。

    普通だったら、「だけど罪は罪だと思うの!」のセリフが光る筋肉少女帯の名曲「これでいいのだ!」ばりに、自分は、人柄とやった行動というのは、あくまで別個に冷静に捉える、そうでないと、人を公平に見ることができなくなってしまう、そう考えるほうですが、こと、このペールさんだけは許せてしまうのです。不思議な人です。

    で、彼が久々に合奏練習に来ると、トップ席で必ず言っていたのが、

    「あ~、久しぶりに弦おさえたから指先が痛いな・・・」

    というセリフ。さっき風呂場で自分が思い出したのは、このセリフでした。

    同門同世代の方の中にはご記憶にある方もいらっしゃることでしょう。

    さて、このペールさん、合奏練習に来ない間、何をしていたかと言うと、「ゲーム」なんです。

    上に書いたように、ユースケをハンサムにした雰囲気の人だから、全然アキバ系っていう雰囲気にならず、軽やかな感じが漂っているのですが、実態は相当コアなゲーマーだったんです、ペールさんは。

    で、彼がよく自分に語っていた言葉。

    「弦楽器ってゲームと同じ要領でできるなぁ。アクションゲームで敵をリズムよく攻撃しないと倒せないのと同じで、楽器も、音符という敵を弦楽器でピコピコ打って倒していく感覚で行ける気がする」

    しかし、やっぱりねえ、音楽って↑みたいなことだけではいかんのではないですかい??

    って思うわけですよ、自分は。

    ペールさんは、ゲームで鍛えたのか、楽器で鍛えたのか、その両方か、わかりませんが、反射神経がいいし、手先も器用で、リズム感もバツグンなので(高校時代は指揮者だったんだとか)、本当にゲーム感覚でやってても、かなり正確にマンドラを弾きこなしてしまうのですが、ただ、それだけでは成り立たない音楽ってものも、必ずこの世にはあると思うんですよね。

    いや、自分はペールさんの演奏が「音楽的でない」と思っていたわけではありません。むしろ、彼は、3拍子なら3拍子、4拍子なら4拍子、そういうことに十分に配慮したリズムの感じ方だってできる人だし、あるいは、調性による和声の移り変わりなんてことにも、自然と気を配れるくらいの経験と実力とセンスはあったと思います。そういう意味では、ただのリズムマシーンみたいなのとは全然違います。

    この点でやはり自分がペールさんのことを考えたのは、実は今日のメトの練習においてなのでした。

    今回、コダーイ作曲の「ガランタ舞曲」という、ハンガリー民謡を元にしたクラシック音楽を演奏するのですが、この曲の練習をしていて、指揮者の小出先生が、

    「うーん、今のみんなの演奏は、それなりに正確に弾いて、ある程度できてはいるけど、なんだか、民族舞曲の感情のほとばしりみたいなものが、今いち感じられないんだな。このままだと、お客さんは、単に『なんだか珍しい曲をやってるなあ』と思っておしまいってことになりかねない。もっとお客さんを曲に巻き込んでしまうくらいの凄みがほしい。」

    そういうようなことをおっしゃったんです(正確な引用ではありませんが、ニュアンスはほぼこんな感じです)。

    そう、自分がペールさんのことを思い出したのは、この部分においてでした。

    「そうか、結局、自分は今なお、学生時代のペールさんを超えられていないんだなぁ」

    と。

    ペールさんは、正確に弾くということにかけては、学生時代で既に今の私よりよっぽど上でした。

    だから、自分は今なお、ペールさん超えを果たしていないんですね。

    大学卒業後、すっかり楽器からは足を洗ったというペールさん。

    あと一週間で「感情がほとばしるガランタ舞曲」に仕上げ、ペールさん(学生時代)超えを果たせるか!?

    これが来週までの大きな課題となりました。

    そのために、今日、合奏練習でもやったんですが、

    「旋律を、楽器で弾くのではなく、声に出して歌ってみる」

    ということをしてみたりしてます。

    譜面を弾かずに口で歌ってみる、っていう練習は結構そこらじゅうのオケでやっていることかと思いますが、その時によく言われる常套句が、

    「口で歌えるんだったら、譜面ヅラは問題ないってことだ。あとは手が動くかどうか、それだけだ。」

    です。

    まあ、その「手が動くかどうか」、それが大問題な箇所もいっぱいあるのですけどね。。。

    とりあえず、楽器で弾く場合より、相当表情豊かに歌えている自分を発見しますね。そんでもって、「あぁ、自分、なぜに楽器なんて道を選んでしまったのだろう・・・」なんて思うわけですよ。

    でも、その後に楽器弾くと、かなり違ってきますね、たしかに。

    ただ、家で楽器弾いてる音がどこかにうっすら漏れても、そんなに恥ずかしくないですが、妙なハンガリー民謡風な旋律を思いっきりエスプレッシーボ(表情豊か)に歌ってたら、「こやつ、ついにトチ狂ったか??」と思われそうです・・・。

    あ、ちなみに、自分の書き方、ペールさんを非難するような感じで取られた方がいるかもしれませんが、全くそんなことはなく、自分は今も昔も彼のことは人として大好きですし、実際、彼の家には学生時代、何度も泊まらせてもらっていた、そんな関係ですので、邪推等々はナッシングでおねがいします~>共通の知人の皆様







    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:43:03| Trackback(0)| Comments(3)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。